厨川 白村(くりやがわ はくそん、1880年11月19日 - 1923年9月2日)は、日本の英文学者文芸評論家。本名・辰夫。『近代の恋愛観』がベストセラーとなり、大正時代の恋愛論ブームを起こした。夏目漱石虞美人草』の小野のモデルとも言われる[1]

厨川白村(1920年頃)

生涯編集

京都市生まれ。父親の厨川磊三(らいぞう)は元津山藩士で蘭学を修め、維新後は京都府勧業課、大阪造幣局などに勤めた人物。北野中学から京都府立第一中学校に転校後[2]第三高等学校を経て東京帝国大学英文科卒業、大学院で夏目漱石の指導で研究を始めたが、家の事情で断念し、第五高等学校、第三高等学校教授ののち、京都帝国大学講師となるが、足に黴菌が入り左足を切断。アメリカ留学を経て、1917年、病没した上田敏の後を受けて京都帝国大学英文科助教授となり、1919年、教授となる。上田同様、日本における最初のかつ中心的なイェイツ紹介者であり、アイルランド文学の研究者を輩出するなど[3]、海外文学の紹介に努めた。1923年の関東大震災に際し、鎌倉の別荘にあって逃げ遅れ、妻の蝶子とともに津波に呑まれ、救助されたが泥水が気管に入っていたため罹災の翌日死去した(厨川蝶子「悲しき追懐」)。別荘は地震の前月に竣工したばかりで家族で避暑に訪れ、子供たちを帰したあとも夫婦で滞在していた。

人物・業績編集

『象牙の塔を出でて』のほか、朝日新聞に連載した『近代の恋愛観』は、いわゆる恋愛至上主義を鼓吹し、ベストセラーとなって、当時の知識層の青年に大きな影響を与えた。のち中国語訳され、第一次大戦後の中国青年にも大きな影響を与えている。『近代の恋愛観』などは、1960年頃までは読まれていたが、現在ではほとんど読まれていない。

なお白村自身は、親に縁談を勧められて断ったが惜しくなり、その女性宛の原稿をいくつも発表して結婚にこぎつけたとされている(『朝日新聞記事にみる恋愛と結婚』)が、真偽のほどは定かではない。

栄典編集

著述編集

著書編集

  • 近代文学十講 大日本図書 1912
  • 文芸思潮論 大日本図書 1914
  • 印象記 積善館 1918
  • 小泉先生そのほか 積善館 1919
  • 象牙の塔を出て 福永書店 1920国立国会図書館
  • 英詩選釈 第1巻 アルス 1922
  • 近代の恋愛観 改造社 1922
  • 十字街頭を往く 福永書店 1923
  • 英詩選釈 第2巻 アルス 1924
  • 苦悶の象徴 改造社 1924
  • 厨川白村全集 第1-6巻 改造社 1929

翻訳編集

  • 新モンロオ主義 チヤアルズ・ヒッチコック・シエリル 警醒社書店 1917

家族編集

慶應義塾大学教授をつとめた英文学者、厨川文夫は長男。文夫が白村の思い出を語った「父の書斎―厨川白村のこと―」(昭和18年4月15日発行、三省堂)は『回想の厨川文夫』284-289所収。

旧宅編集

京都市に「厨川白村旧宅」(京都市左京区岡崎南御所町40ー15)があり、2005年より店舗として使用されている[5]。また、熊本市には夏目漱石の後任として赴任した第五高等学校 (旧制)教師時代に住んだ家「厨川白村旧居」がある[6]鎌倉市材木座には津波に遭った際に滞在していた別荘「白日村舎」があった[7]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 工藤貴正『中国語圏における厨川白村現象』思文閣出版 2010
  • 工藤貴正『廚川白村現象在中國與臺灣』台北・秀威資訊出版 2017
  • 『回想の厨川文夫』(編集 池田弥三郎、白井浩司、若林眞、中田美喜、西村亨、岩崎春雄、安東伸介)慶應義塾 三田文学ライブラリー 1979
  • 小谷野敦『恋愛の昭和史』文春文庫
  • 黒川創『いつか、この世界で起こっていたこと』新潮社 (2012/5/1) - 津波に襲われた白村・蝶子夫婦を扱った短編「橋」収録

関連項目編集

外部リンク編集