アーロン・シスキンド

アーロン・シスキンド(Aaron Siskind、1903年12月4日-1991年2月8日)は、アメリカの写真家。「アーロン・シスキン」「アアロン・シスキンド」「アアロン・シスキン」と表記されることもある。

ニューヨークに生まれ、1930年代に写真をはじめる。フォト・リーグに所属し、ハーレムなどを対象に、社会的なドキュメンタリー作品を撮影。

その後、1940年代に作風を転換し、身近な物体や壁・ポスターなどの一部分を、極めて主観的な感覚で撮影し始めた。場合によっては、何が撮影されているのか一見わからないような、抽象的な表現となっている場合もあった。例えば、塗られたペンキがはげかかり、膜のようになって捲れあがっている写真などが、その範疇に入れることができよう。(関連図版

写真教育にも力を入れ、イリノイ工科大学ニュー・バウハウスの後身)、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインなどで教鞭をとった(いずれも、ハリー・キャラハンとともにまたはその影響による)。

外部リンク編集