パオラ・エゴヌ(Paola Egonu、1998年12月18日 - )は、イタリアの女子バレーボール選手。ポジションはウィングスパイカーイタリア代表

パオラ・エゴヌ
Paola Egonu
 No.18
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Paola Egonu.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1998-12-18) 1998年12月18日(21歳)
出身地 イタリアの旗 チッタデッラ
ラテン文字 Paola Egonu
身長 193cm
体重 70kg
選手情報
所属 イタリアの旗 イモコ・コネリアーノ
ポジション WS
スパイク 344cm
ブロック 315cm
 
獲得メダル
Flag of Italy.svg イタリア
世界選手権
2018 横浜
ワールドグランプリ
2017 南京
テンプレートを表示

来歴編集

1998年、イタリアのチッタデッラ出身。2013年よりClub Italiaに所属している。2015年にペルーで開催されたU18世界選手権にて初優勝に大きく貢献し、自身もMVPを受賞した[1]2016年のリオ五輪欧州大陸予選ではレギュラーに抜擢さると3位となり、世界最終予選の出場権を得た[2][3]。同年5月のリオ五輪世界最終予選でも途中出場となった日本戦で18得点をあげ[4]、本大会の出場権を獲得した[5]。同年8月のリオ五輪に出場した[6]2017年ワールドグランプリで銀メダルを獲得、2018年に日本で開催された世界選手権では全選手トップの324得点をあげる活躍で準優勝を果たし[7]、自身も大会のベストオポジット賞に選ばれた[8]

球歴編集

受賞歴編集

所属クラブ編集

  •   Club Italia(2013-2017年)
  •   AGIL Volley(2017-2019)
  •   イモコ・コネリアーノ(2019-)

脚注編集

外部リンク編集