矢田稚子

日本の政治家

矢田 稚子(やた わかこ、1965年9月25日 - )は、日本政治家国民民主党所属の参議院議員(1期)。関西学院大学非常勤講師。

矢田 稚子
やた わかこ
生年月日 (1965-09-25) 1965年9月25日(54歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市
出身校 大阪府立寝屋川高等学校卒業
前職 松下電器産業従業員
パナソニックグループ労働組合役員
所属政党民進党→)
国民民主党
公式サイト 矢田わか子 - 参議院議員 民進党参議院比例区第8総支部長

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府大阪市生まれ[1]寝屋川市で育つ。特別奨学金で大阪府立寝屋川高等学校に通う。2年生のときに、何百万円もの借金が家にあるという父母の会話を聞いて退学願いを出すが、教師に引き止められる[2]。店員、新聞配達、家庭教師などアルバイトを3つ4つかけもちしながら1984年に高校を卒業。同年、松下電器産業に入社[1][3]。総務課に配属され、電話交換手を務めた[2]

2000年より松下電器産業労働組合中央執行委員[3]。松下電器産業労働組合連合会中央執行委員、パナソニックグループ労働組合連合会書記次長を経て、2008年よりパナソニックグループ労働組合連合会副中央執行委員長[3]2009年より関西生産性本部労働政策委員、2014年より関西学院大学社会福祉学部非常勤講師をそれぞれ務める[3]。また、電機連合で男女平等政策委員長を務めた[1]

2016年、電機連合の支援を受けていた加藤敏幸の引退に伴い、第24回参議院議員通常選挙民進党公認で比例区から出馬し[4]、党内3位の215,823票を獲得して初当選した[5]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加した[6]

政策・主張編集

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集