荒牧 寅雄(あらまき とらお、1902年11月22日 - 1994年8月8日)は、日本自動車技術者実業家いすゞ自動車社長や、同社会長、自動車技術会会長、日本兵器工業会会長などを務めた。

人物・経歴編集

福岡県出身。1926年横浜高等工業学校(現横浜国立大学理工学部機械工学科卒業[1]。1962年自動車技術会会長[2]。1970年からいすゞ自動車社長を務めゼネラルモーターズとの提携を行った。1976年いすゞ自動車会長[3][4][1]

著書編集

  • 『くるまと共に半世紀』いすず自動車 1979年
  • 『たび路はるかに : 続・くるまと共に半世紀』いすゞ自動車 1981年

脚注編集

先代
大橋英吉
いすゞ自動車社長
1970年 - 1976年
次代
岡本利雄
先代
小林佐三郎
日本兵器工業会会長
1967年 - 1969年
次代
大久保謙
先代
豊田英二
自動車技術会会長
1962年 - 1963年
次代
新山春雄