ブルーノ・ルトケ

ブルーノ・ルトケ(Bruno Lüdke、1909年4月3日-1944年4月8日)はドイツシリアルキラーである。1928年から1943年までの15年間に少なくとも51人の女性を殺害し、遺体を屍姦したとされる。

ブルーノ・ルトケ
Bruno Lüdke
個人情報
生誕 (1909-04-03) 1909年4月3日
ドイツの旗 ドイツ帝国ベルリン
死没 1944年4月8日(1944-04-08)(35歳)
 オーストリアウィーン
殺人詳細
犠牲者数 51人
(85人の殺害を自供)
犯行期間 1928年1943年
ドイツの旗 ドイツ
逮捕日 1943年3月18日
テンプレートを表示

概要編集

ベルリンシャルロッテンブルク=ヴィルマースドルフ区に生まれる。軽度の知的障害があり、泥棒覗きの常習犯だった。ナチスの台頭など当時のドイツは政情不安にあり、ルトケの犯行は長期にわたり発覚を免れていた。1943年1月31日、シャルロッテンブルク近くの森で絞殺された女性の遺体が見つかり、逮捕されたルトケは85人の殺害を自供した。あっさりと犯行を認めたのは精神異常により訴追を免れるためだったとされる。ルトケは起訴されず、親衛隊によりウィーンの「犯罪医学研究所」に送られ人体実験の実験台にされた。1944年4月8日、薬物投与により死亡。

関連項目編集

外部リンク編集