池西 増夫(いけにし ますお、1932年 - )は、愛媛県西条市出身の元アマチュア野球選手・指導者である。ポジションは捕手

池西 増夫
基本情報
出身地 愛媛県西条市
生年月日 1932年(89 - 90歳)
選手情報
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 電電近畿

来歴・人物編集

西条高校では、3番捕手として活躍し、藤田元司とバッテリーを組むが[1]、甲子園への出場を果たすことはできなかった[1]。卒業後には関西大学に入学する。

大学卒業後は社会人野球の電電近畿チームに入団する。1959年から監督を務め、1965年の都市対抗野球では決勝で住友金属を破り、チームを優勝に導いた[1]。同年の中南米遠征の全日本メンバーの監督も務めた[2]

佐伯達夫の勧めにより、1967年から1988年まで日本放送協会で高校野球解説者を務めた[1]

現在は実家の和菓子屋の店主を務めている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 2008年7月2日 朝日新聞 朝刊 愛媛全県・1地方 p29
  2. ^ 「日本社会人野球協会会報1965」日本社会人野球協会 1966年 p116

関連項目編集