Ğ, ğは、Gブレーヴェを付した文字である。

Ğğ Ğğ
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

トルコ語アゼルバイジャン語タタール語クリミア・タタール語などいくつかのラテン文字を用いるテュルク諸語で使われる。トルコ語第9字母。発音は、条件によって変わるが、主に長音の発音になる。

この文字を使わない言語ではghという綴りで表されることがある。

呼称編集

  • トルコ語: yumuşak ge(ユームシャック・ゲ:軟らかいG
  • アゼルバイジャン語: ğe(ゲ)[ɣe]

音価編集

本来は、喉の奥で出すガの摩擦音 [ɣ]、または y と同じ半母音 [j](平凡社百科事典、白水社エクスプレスなど)であった。

現代トルコ語では、以下のような発音になる。

  • 音節頭および母音間では発音せず、黙字となる。
  • 直前に母音があり、さらに ğ が語末であったり、その直後が母音ではなく子音である場合は、直前の母音の発音をのばしたような音になり、長音となる。
    • dağ : ダ
    • fotoğraf : フォトラフ 「写真

アゼルバイジャン語では [ɣ] を表す。

歴史編集

最初にこの字形を採用したのはトルコ語である。

文字コード編集

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ğ U+011E - Ğ
Ğ
ğ U+011F - ğ
ğ