メインメニューを開く

γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール、英名: γ-oryzanol)とは、米糠脂質に含有される、フェルラ酸ステロールとが縮合したエステル類の総称である。CAS登録番号は [11042-64-1]、無色~淡黄色の粉末。成分として、オリザノールA(CAS登録番号 [21238-33-5])、オリザノールC(同 [469-36-3])などを含む。

に特有の成分である。コレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用があるとして医薬品として用いられる。また、紫外線防止のために化粧品に用いられる[1]

オリザノールは薬品の成分表示などにおいて「γ-Orz」と表記される場合がある。

医薬品の製品名は「ハイゼット」(大塚製薬製造販売)。

目次

成分編集

γ-オリザノールの主要成分
名称 化学構造 分子式 CAS番号
Cycloartenyl ferulate
Oryzanol A
  C40H58O4 21238-33-5
24-Methylenecycloartanyl ferulate
Oryzanol C
  C41H60O4 469-36-3
Campesteryl ferulate   C38H56O4 20972-07-0

含量の少ない成分としてはΔ7-stigmastenyl ferulate、stigmasteryl ferulate、Δ7-campestenyl ferulate、Δ7-sitostenyl ferulate、sitosteryl ferulate、compestanyl ferulate、sitostanyl ferulateがある[2]

医薬品の適応症編集

脚注編集

  1. ^ 谷口 久次、橋本 博之、細田 朝夫、米谷 俊、築野 卓夫、安達 修二「米糠含有成分の機能性とその向上」『日本食品科学工学会誌』第59巻第7号、2012年、 301-318頁、 doi:10.3136/nskkk.59.301
  2. ^ Zhimin Xu and J. Samuel Godber (1999). “Purification and Identification of Components of γ-Oryzanol in Rice Bran Oil”. J. Agric. Food Chem. 47 (7): 2724–2728. doi:10.1021/jf981175j. 
  3. ^ https://www.otsuka-elibrary.jp/di/prod/detail/init/h21

関連編集

外部リンク編集