Ս, սアルメニア語: սեまたはսէ、発音はse)は、アルメニア文字の29番目の文字である。405年ごろにメスロプ・マシュトツによって作成されたと見られる。

Սとս
Սとսの様々な書体

使用編集

東アルメニア語西アルメニア語では無声歯茎摩擦音[s]を表す。ラテン文字化する時は「S」と記す。記数法では2000を表す。

文法上では-սが一人称所有接辞または近称を表す接辞である(գիրք → գիրքս、ամառ → ամառսなど)。

書体編集

符号位置編集

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ս U+054D - Ս
Ս
ս U+057D - ս
ս