Տ, տアルメニア語: տյունまたはտիւն、発音は東アルメニア語でtyun、西アルメニア語でdün)は、アルメニア文字の31番目の文字である。405年ごろにメスロプ・マシュトツによって作成されたと見られる。

Տとտ
Տとտの様々な書体

使用編集

古典アルメニア語東アルメニア語では無声歯茎破裂音[t]を表す。西アルメニア語では有声歯茎破裂音[d]を表す。ラテン文字化する時は「T」と記す[1]記数法では4000を表す。

書体編集

符号位置編集

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Տ U+054F - Տ
Տ
տ U+057F - տ
տ

脚注編集

  1. ^ 吉村貴之. “東アルメニア語文法I”. 東京外国語大学学術成果コレクション. pp. 2. 2021年12月5日閲覧。