この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ك
語末形 語中形 語頭形
ـك ـكـ كـ
ك
語末形 語中形 語頭形
ـك ـكـ كـ
アラビア文字
خ ح ج ث ت ب ا
ص ش س ز ر ذ د
ق ف غ ع ظ ط ض
ي و ه ن م ل ك
لا ة ء
ペルシア文字
ح چ ج ث ت پ ب ا
ش س ژ ز ر ذ د خ
ق ف غ ع ظ ط ض ص
ی ه و ن م ل گ ک
لا ء

ك(カーフ, كاف)はアラビア文字の22番目に位置する文字。無声軟口蓋破裂音 /k/ を表す。

フェニキア文字から受け継がれた文字の一つで、ヘブライ文字כ‎、ギリシア文字Κラテン文字Kキリル文字К に対応する。

古くは ل と似た形状だったが誤読防止のため كـ を切り取った小さな s 状の線を追加し現在の ك に変更された。

アラビア半島湾岸方言・イラク方言・シリアやパレスチナ付近の地方部方言などではしばしば無声後部歯茎破擦音 /tʃ/と発音する。

ペルシア語では、アラビア文字と末尾・独立形の異なる ک‎ を用いる。また、アラビア語文語には有声の /ɡ/ がないがペルシャ語にはあるため、イラクなどを中心に口語に存在する /g/ 発音をこの ک‎ をもとに作られた گ‎ で表現することが多い。(線無しのアラビア文字كも多用される。)

符号位置編集

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 説明
ػ U+063B ػ
ػ
古いペルシア文字[1]
ؼ U+063C ؼ
ؼ
古いペルシア文字[1]
ك U+0643 ك
ك
カーフ
ک U+06A9 ک
ک
ペルシア文字のカーフ
ڪ U+06AA ڪ
ڪ
シンド語の無気音 k
ګ U+06AB ګ
ګ
パシュトー語の g
ڬ U+06AC ڬ
ڬ
ジャウィ文字の g
ڭ U+06AD ڭ
ڭ
テュルク諸語の ng
ڮ U+06AE ڮ
ڮ
ݢ U+0762 ݢ
ݢ
ジャウィ文字の g
ݣ U+0763 ݣ
ݣ
アラビア語アルジェリアおよびモロッコ方言の g
ݤ U+0764 ݤ
ݤ
レズギ語の x
ݿ U+077F ݿ
ݿ
古いペルシア文字[1]
U+08B4 ࢴ
ࢴ
アルヴィ語の g

脚注編集

  1. ^ a b c Michael Everson; Roozbeh Pournader; Elnaz Sarbar (2006年11月8日). “N3180R Proposal to encode eight Arabic characters for Persian and Azerbaijani in the UCS”. 2015年8月19日閲覧。