グルジア語: ვიეまたはჳე[1]/vɪɛ/)は、グルジア文字の22番目の文字であったが、19世紀イリア・チャヴチャヴァゼなどによる正書法改革により廃止された[2][3]

使用編集

古ジョージア語では二重母音の[uɪ]を表す[4]記数法では「」と同じく数値400を表す[5]

ジョージア語では廃止となっているが、ジョージア国内のスヴァン語では有声両唇軟口蓋接近音[w]を表す。アブハズ語(1937年から1954年まで)[6]およびオセット語1938年から1954年まで) [7]のグルジア文字表記法でも使用されていたが、現在はキリル文字が主に使われ、アブハズ語で「Ҩ」と(有声両唇硬口蓋接近音[ɥ]を表す)、オセット語で「У」と記される。

ラテン文字化では「W」と記す[8]

廃止された以降、この文字は「ვი」と書き換えられた(სხჳსი → სხვისიなど)。

なお、古ジョージア語の時代に円唇後舌め広めの狭母音[ʊ]を表す単独の文字は存在せず、同じ発音はギリシア語の「ου」に倣い「Ⴣ」の2文字で表したが、中ジョージア語時代にようやく合字が形成され、現在は「」となっている[9]

字形編集

アソムタヴルリ ヌスフリ ムヘドルリ ムタヴルリ
       

筆順編集

符号位置編集

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U+10C3 - Ⴣ
Ⴣ
アソムタヴルリ
U+2D23 - ⴣ
ⴣ
ヌスフリ
U+1CB3 - Ჳ
Ჳ
ムタヴルリ
U+10F3 - ჳ
ჳ
ムヘドルリ

出典編集

  1. ^ ა. შანიძე. 1973/1980. „ქართული ენის გრამატიკის საფუძვლები“. თბილისი: თსუ გამომცემლობა. გვ. 18.
  2. ^ Machavariani, p. 136
  3. ^ Daniels, Peter T. (1996). The World's Writing Systems. Oxford University Press. p. 367. ISBN 978-0-19-507993-7. https://books.google.com/books?id=ospMAgAAQBAJ&pg=PA367 
  4. ^ Aronson, Howard Isaac (1990). Georgian: A Reading Grammar. Columbus, OH: Slavica Publishers. p. 18, 20. ISBN 978-0-89357-207-5. http://www.seelrc.org:8080/grammar/pdf/stand_alone_georgian.pdf 
  5. ^ Mchedlidze, II, p. 100
  6. ^ Из истории письменности в Абхазии.
  7. ^ История осетинского письма.
  8. ^ Transliteration of Non-Roman Scripts. Transliteration of Georgian
  9. ^ Schanidse, Akaki (1982). Grammatik der algeorgischen Sprache. Schriften des Lehrstuhls für altgeorgische Sprache, vol. 24. Transl. Heinz Fähnrich. Tbilissi: Staatsuniversität 
  10. ^ Mchedlidze, I, p. 105
  11. ^ Mchedlidze, I, p. 107