○○の父一覧 や行

○○の父一覧 > ○○の父一覧 や行

○○の父一覧 や行(まるまるのちちいちらん やぎょう)は、日本語版ウィキペディアの記事「○○の父一覧」に存在する「〇〇の父」と比喩的に呼ばれている人物の内、や行に分類される人物の一覧である。

編集

編集

編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ グーツムーツとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月10日閲覧。
  2. ^ 釜崎太. 近代ドイツのトゥルネンにみる「身体」と 「 権力」. 
  3. ^ Inc, NetAdvance. “鉄棒”. JapanKnowledge. 2020年10月10日閲覧。
  4. ^ About”. ARNE JACOBSEN. 2022年5月23日閲覧。
  5. ^ おはようとおやすみの傍には、名作時計があればいい。アルネ・ヤコブセンのシティホール”. LaLa Begin. 2022年5月23日閲覧。
  6. ^ 【G1安田記念】日本競馬の父“ヤスダイザエモン”完成「井崎脩五郎 競馬新理論」”. 日刊大衆. 2020年11月7日閲覧。
  7. ^ “日本ダービー創設、安田伊左衛門さんの足跡”. 岐阜新聞web. (2019年5月17日). https://www.gifu-np.co.jp/play/keiba/20190517-138837.html 2020年11月7日閲覧。 
  8. ^ 民俗学の父・柳田國男”. 利根町公式ホームページ. 2020年11月8日閲覧。
  9. ^ 遠野物語の世界”. 遠野文化研究センター. 2020年11月8日閲覧。
  10. ^ 日本民俗学の父”. 豊橋市図書館. 2020年11月8日閲覧。
  11. ^ 岩橋教章の周辺”. 三重県立美術館. 2021年2月26日閲覧。
  12. ^ 柳楢悦”. 海図アーカイブ. 2021年2月26日閲覧。
  13. ^ 民藝運動の父、柳宗悦”. 日本民藝協会. 2021年10月12日閲覧。
  14. ^ 民藝運動の父・柳宗悦が民藝のルーツ京都で歩いた道”. Discover Japan. 2021年10月12日閲覧。
  15. ^ “テレビゲームの父、任天堂・山内溥氏を悼む”. 東洋経済オンライン. (2013年10月2日). https://toyokeizai.net/articles/amp/20697?display=b&amp_event=read-body 2021年9月10日閲覧。 
  16. ^ 平林久和 (2013年9月20日). “日本ゲーム産業の父、任天堂・山内溥前社長死去”. ヤフーニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/hirabayashihisakazu/20130920-00028259 2021年9月10日閲覧。 
  17. ^ 雅之, 土信田. “#1:伊藤博文のもうひとつの顔 「長州ファイブ」★明治維新タイムトリップ” (日本語). トウシル 楽天証券の投資情報メディア. 2020年10月6日閲覧。
  18. ^ 明治維新150年 萩市観光協会”. www.hagishi.com. 2020年10月6日閲覧。
  19. ^ 工学の父、山尾庸三”. 2020年10月6日閲覧。
  20. ^ 歴代総理の胆力「山県有朋」(1)「陸軍の父」と呼ばれ、「軍閥の生みの親」とも言われた” (日本語). アサ芸プラス. 2020年10月7日閲覧。
  21. ^ Ltd, 幸福の科学出版株式会社/IRH Press Co. “国軍の父・山県有朋の具体的国防論” (日本語). 幸福の科学出版公式サイト. 2020年10月7日閲覧。
  22. ^ MAGAZINE, P+D (2017年7月21日). “【池上彰と学ぶ日本の総理SELECT】総理のプロフィール | P+D MAGAZINE” (日本語). pdmagazine.jp. 2020年10月7日閲覧。
  23. ^ “つけ麺の父”大勝軒・山岸一雄氏が遺したもの。金儲けの欲がなさすぎた? (2015年4月14日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年11月28日閲覧。
  24. ^ 山岸一雄(やまぎしかずお)の解説 - goo人名事典” (日本語). goo辞書. 2020年11月28日閲覧。
  25. ^ がん哲学―がん細胞から人間社会の病理を見る”. 紀伊國屋書店. 2021年10月3日閲覧。
  26. ^ 樋野興夫「癌性化境遇 -遺伝子性癌に学ぶ-」『日本産科婦人科学会香川地方部会雑誌』第4巻第1号、日本産科婦人科学会香川地方部会、2002年9月、 1-4頁、 ISSN 1345-9686NAID 120007011489
  27. ^ 第8回「法曹界の父」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2020年10月6日閲覧。
  28. ^ KANDAアーカイブ:神田資料室”. www.kandagakkai.org. 2020年10月6日閲覧。
  29. ^ a b 第12回「殖産興業の父(2)」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2021年8月28日閲覧。
  30. ^ “四日市萬古の父 山中忠左衛門展始まる”. 伊勢新聞. (2022年5月1日). https://www.isenp.co.jp/2022/05/01/74730/ 2022年5月23日閲覧。 
  31. ^ 『大樹育つ百年』四日市市、1997年7月、115頁。 
  32. ^ ロータリーエンジンの父 山本健一・元マツダ社長死去:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月25日閲覧。
  33. ^ マツダのエンジンを他社がまねできない理由 | 経営” (日本語). 東洋経済オンライン (2018年4月1日). 2020年11月25日閲覧。
  34. ^ 生出寿 『海軍の父 山本権兵衛―日本を救った炯眼なる男の生涯』潮書房光人新社、1994年7月。ISBN 978-4-7698-2054-3 
  35. ^ 山本権兵衛”. 向学新聞. 2021年9月8日閲覧。
  36. ^ 山本善次郎(やまもとぜんじろう)の解説 - goo人名事典” (日本語). goo辞書. 2020年11月28日閲覧。
  37. ^ 山本滝之助とは”. コトバンク. 2021年3月23日閲覧。
  38. ^ 溝渕利博. “香川県郷土教育史研究序説”. 高松大学・高松短期大学. 2021年3月23日閲覧。
  39. ^ スロベニアマンスリー 2016年6月7日発行”. 2022年1月24日閲覧。
  40. ^ 価格.com - 「Beeミュージアム~ミツバチのいる風景~ ~スロヴェニア編「養蜂の父ヤンシャ」~」2009年12月13日(日)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2022年1月24日閲覧。
  41. ^ コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社). “筋肉を太くするカギは速筋線維! 鍛え方の“新常識”とは?” (日本語). 日経Gooday(グッデイ). 2020年11月26日閲覧。
  42. ^ 仲里依紗『世界ふしぎ発見!』ミステリーハンターに初挑戦!筋トレの歴史と最新情報を追う” (日本語). dogatch.jp. 2020年11月26日閲覧。
  43. ^ Bernard Heuvelmans: Father of Cryptozoology” (英語). bookbrowse. 2021年2月25日閲覧。
  44. ^ Bauer, Aaron M. (2008). “Bernard Heuvelmans' The Natural History of Hidden Animals. Edited by Peter Gwynvay Hopkins.”. The Quarterly Review of Biology 83 (3): 325-325. doi:10.1086/592667. https://doi.org/10.1086/592667. 
  45. ^ 日本馬術の父、遊佐幸平”. 北海道大学馬術部. 2021年10月1日閲覧。
  46. ^ 馬術とは”. コトバンク. 2021年10月1日閲覧。
  47. ^ 皇居内に存在した「パレス乗馬倶楽部」という奇跡”. ライブドアニュース. 2021年10月1日閲覧。
  48. ^ CORPORATION, KADOKAWA. “ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを創造した男”. KADOKAWAオフィシャルサイト. 2021年8月9日閲覧。
  49. ^ The Father of the Game Boy Was Not Killed By Yakuza” (英語). Kotaku. 2021年8月9日閲覧。
  50. ^ リチウムイオン電池の父 ノーベル化学賞の吉野彰さん” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年11月26日閲覧。
  51. ^ 藤沢市. “リチウムイオン電池の父 吉野彰さん 藤沢市名誉市民へ~名誉市民顕彰式・特別講演を開催(2019年12月25日記者会見・案件1)” (日本語). 藤沢市. 2020年11月26日閲覧。
  52. ^ 第7回「民衆運動の父」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2020年10月16日閲覧。
  53. ^ 国際交流”. さいたま市大宮盆栽美術館. 2021年9月6日閲覧。
  54. ^ 受け継がれるフロンティアスピリッツ”. 北海道大樹町観光WEB. 2020年11月9日閲覧。
  55. ^ ”. さっぽろ自然調査館. 2020年11月9日閲覧。
  56. ^ “コミケの父”が残した理念 「多様性を求め、認めること」こそが“表現の自由””. アニメ&ゲーム. 2021年2月18日閲覧。
  57. ^ コミケの父、その偉業に感涙!明治大学米沢嘉博記念図書館でマンガとサブカル、懐かしのコレクションを手にとる。”. ほぼ0円大学. 2021年2月18日閲覧。
  58. ^ “AV界の巨匠・代々木忠のドキュメンタリー、ローマ映画祭に正式出品!”. シネマトゥデイ. (2010年10月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0027471.amp.html 2022年5月23日閲覧。 
  59. ^ 菅野久美子 『アダルト業界のすごいひと』彩図社、2010年4月16日、16頁。ISBN 978-4-88392-736-4 
  60. ^ レイキャヴィーク「国会議事堂 アルシング」簡素な石造りの歴史的建物”. RETRIP. 2021年2月22日閲覧。
  61. ^ Hólavallagarður Cemetery” (英語). Atlas Obscura. 2021年2月22日閲覧。
  62. ^ 堂々とした女性”. 福岡アジア美術館. 2021年2月27日閲覧。
  63. ^ “藍色‧紅色‧黃色”. 全球新聞. (2008年9月27日). http://news.sina.com/oth/kwongwah/000-000-000-107/2008-09-27/23403327402.html 2021年2月27日閲覧。