『竹島の日』を考え直す会

『竹島の日』を考え直す会(たけしまのひをかんがえなおすかい)は竹島(韓国名「独島」)の帰属について研究する日本市民団体[1]。代表は尹濚夏[1]。竹島(独島)は古来から朝鮮韓国領土だという立場。また、竹島の日の行事の政府イベントの昇格は違憲であり、日本は竹島を領土問題として見ず、歴史(認識)問題として見なければならないと主張している[1]

活動編集

2013年4月22日、「竹島の日」を考え直す会は、大阪で発足し活動を開始した。「東亜日報」の取材に対し、当初会員数は400人と回答している[2]。2013年5月23日には、竹島(独島)にメンバーの久保井規夫 (元桃山学院大学講師)、黒田伊彦 (元大阪樟蔭女子大学講師)、一戸彰晃 (青森県雲祥寺住職)の3人が韓国から上陸し、韓国語で「独島は韓国のものだ!」と宣言した[3]。彼らは、韓国メディアでは「良心的日本人」としてさかんに称揚されている[1]。一方、竹島の領有権が日本にあると主張する川上健三下條正男は、韓国メディアからは、少数の「極右学者」として断罪されている[1]

なお、坂本悠一九州国際大学経済学部教授)は、この会のメンバーであったが、韓国側から竹島の入島を拒否されたため、上陸できなかった。

韓国の民間団体「独島を日本に知らせる運動連帯」(独島連、会長は裴三俊(ペ・サムジュン))と協力関係にある[1]

会員編集

会長編集

メンバー編集

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集