あけぼの子どもの森公園

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(トーベ・ヤンソンあけぼのこどものもりこうえん)は、埼玉県飯能市大字阿須にある都市公園(地区公園)である。

あけぼの子どもの森公園
Akebono-kodomonomori-park,hanno.JPG
子ども劇場(左手前)とムーミン屋敷(右奥)
あけぼの子どもの森公園の位置(埼玉県内)
あけぼの子どもの森公園
分類 都市公園(地区公園)[1]
所在地
埼玉県飯能市大字阿須
座標 北緯35度49分49.83秒 東経139度20分39.05秒 / 北緯35.8305083度 東経139.3441806度 / 35.8305083; 139.3441806座標: 北緯35度49分49.83秒 東経139度20分39.05秒 / 北緯35.8305083度 東経139.3441806度 / 35.8305083; 139.3441806
面積 7.60ha[1]
開園 1997年7月1日[2]
建築家・技術者 村山雄一
運営者 飯能市
公式サイト あけぼの子どもの森公園
テンプレートを表示

概要編集

建設省(当時)の平成記念子どものもり公園事業の指定を受け、あけぼの子どもの森公園として1997年7月1日に開園した[2]2010年6月1日には約半年間のリニューアルを経て再オープンしている[3]加治丘陵に位置し、阿須運動公園に隣接している。

公園内の施設には「ムーミン屋敷」と名付けられたものや、ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの資料を展示したり、ムーミン関連の書籍を所蔵するものがあり、ムーミンの世界を再現していると言われている[4]

ソフィア・ヤンソン(トーベ・ヤンソンの姪、ムーミンキャラクターズ社会長)の承認[5]のもと、2017年6月1日をもって正式にトーベ・ヤンソンあけぼの子供の森公園と改称した[6]

諸元編集

  • 所在地 - 埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
  • 開園時間 - 9:00~17:00[7]
  • 休園日 - 月曜日(祝日の場合は次の平日)、年末年始(12月28日~1月4日)[7]
  • 入園料 - 無料[8]
  • 駐車場 - 市民体育館・市民球場・ホッケー場と共用(無料)[8]

公園内の主要施設編集

  • ムーミン屋敷 - 地上3階、地下1階[9][10]
  • 子ども劇場 - 2階がホール[9][11]
  • 森の家 - 地上2階[12]。1階はムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの資料を展示する資料館、2階はムーミン関連の書籍や絵本を所蔵する小規模な図書館になっている。[9][13]
  • 水浴び小屋[9]

施設の設計は村山雄一による。ムーミンのキャラクター人形は設置されていない[14]。2018年6月に園内にオープンサンドやデザートなどを販売するカフェがオープンした。

交通編集

脚注編集

  1. ^ a b 飯能市都市計画マスタープラン 第1章 飯能市の概況 (PDF) p.22
  2. ^ a b 飯能市都市公園の名称、位置等について 飯能市
  3. ^ ご当地コバトンの旅日記~ご当地グルメ編その3~ 埼玉県
  4. ^ 「ムーミン谷」? なぜ埼玉に?(記者推し!) 朝日新聞デジタル、2014年6月12日
  5. ^ https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1809987142648338&id=1728639050783148] 公式フェイスブック記事
  6. ^ トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 ムーミン公式サイト、2017年6月6日
  7. ^ a b 飯能市都市公園条例 第34条
  8. ^ a b あけぼの子どもの森公園施設案内 飯能市
  9. ^ a b c d リアルなムーミン谷!?「あけぼの子どもの森公園」“埼玉のフィンランド”に行ってきた mimot.(ミモット)、2015年5月30日
  10. ^ あけぼの子どもの森公園 ムーミン屋敷 村山建築設計事務所
  11. ^ あけぼの子どもの森公園 子ども劇場 村山建築設計事務所
  12. ^ 国産材を使用した大型優良木造施設 平成10年度優良木造表彰施設 木材利用推進中央協議会会長賞受賞 あけぼの子どもの森公園 「森の家」 財団法人日本木材総合情報センター
  13. ^ あけぼの子どもの森公園 森の家 村山建築設計事務所
  14. ^ あけぼの子どもの森公園 童話の家 左官建築物紹介 一般社団法人 日本左官業組合連合会
  15. ^ 週末ぶらり旅 埼玉にムーミンの世界があった!? トーベ・ヤンソン生誕100周年 朝日新聞デジタル、2014年8月7日

関連項目編集

外部リンク編集