あさい もとゆき1963年昭和38年)2月14日[2] - )は、日本漫画家東京都練馬区出身[2]。妻は漫画家・漫画原作者の浅井 裕(あさい ゆう)。

あさい もとゆき
(浅井 裕(あさい ゆう)[1]
生誕 (1963-02-14) 1963年2月14日(58歳)
日本の旗 日本東京都練馬区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1984年 -
テンプレートを表示

人物編集

すがやみつるのアシスタントを経て1984年(昭和59年)、『マグナム大将』(『コロコロコミック夏休み増刊号』)でデビュー[2]

1985年(昭和60年)、『月刊コロコロコミック』誌上で『ファミコンロッキー』を連載開始。実際のゲームには存在しない裏技や発育の良い小学生のお色気描写などが受け、話題作となる。その後、同じ誌上で『スケボーロッキー』を連載。

『コロコロ』を離れた1990年代から、「浅井裕」名義で妻と共同執筆をしている。1990年代は成年漫画や青年誌のお色気漫画を連載していた(ワニマガジン社「ヤングヒップ」連載の『ミントAVE.(アベニュー)』など)。あさいもとゆきは作画担当。作品内では「たぬ吉」として、タヌキの姿で描かれている。

ブレイン・ストーム刊の『コードフリークAR』(旧・アクションリプレイ)誌上では「あさいもとゆき」名義で『ファミコンロッキー』の続編『アクションロッキー』を連載。

2015年平成27年)末に脳梗塞で倒れ、その後遺症で右半身に麻痺が残ったが、2016年(平成28年)リハビリによって復活。

2017年(平成29年)には『コロコロアニキ』で、多人数参加型オンラインゲームWorld of Tanks』を題材とした『ファミコンロッキー 挑戦! WOTの巻』が掲載される。

作品リスト編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 夫婦共同名義。
  2. ^ a b c 『ファミコンロッキー』1巻奥付より

外部リンク編集