メインメニューを開く

あさひるばん』は、2013年11月29日公開の日本映画。『釣りバカ日誌』の原作者で、東映の助監督でもあったやまさき十三が、72歳にして初めて監督を務める映画でもある。

あさひるばん
監督 やまさき十三
脚本 塙五郎
やまさき十三
出演者 國村隼
板尾創路
山寺宏一
桐谷美玲
斉藤慶子
温水洋一
雛形あきこ
西田敏行
松平健
間寛平
上島竜兵
國本鍾建
音楽 山下康介
配給 松竹
公開 日本の旗 2013年11月29日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

やまさきの故郷・宮崎県を舞台にした作品で、『釣りバカ日誌』の主人公・浜崎伝助を演じた西田敏行(映画シリーズ)と山寺宏一テレビアニメ)の2人が共演。ロケ地はすべて宮崎県内で、やまさきの故郷・都城市をはじめ、宮崎市日南市小林市新富町綾町で撮影を実施した。

当ページでは、やまさきの原作によって『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載された同名の漫画および、2013年11月11日から12月まで文化放送NRN加盟局の一部で放送していたラジオドラマあさひるばん ビギニング』についても述べる。

あらすじ編集

1983年の宮崎。城北高校(通称「北高」)の野球部員として白球を追い掛けていた浅本・日留川・板東は、その名字から3人揃って「あさひるばん」と呼ばれていた。しかし、3年生の夏に県大会の決勝戦でライバル・城南高校(通称「南校」)の4番打者・野沢の逆転満塁サヨナラランニング本塁打によって甲子園行きを阻まれてから、3人とも引っ込み思案になってしまった。

それから30年後。不惑の年を超えた「あさひるばん」(浅本:國村隼、日留川:板尾創路、板東:山寺宏一)は、三人三様の人生を歩んでいた。ある日、高校生時代の3人の「マドンナ」だった野球部マネジャー・幸子(斉藤慶子)の娘・有三子(桐谷美玲)から、浅本の下に1通の手紙が届く。宮崎を離れていた浅本と日留川は、その手紙をきっかけに、久し振りに宮崎へ集結。やがて、2人の一計で板東も加わって、新たな挑戦を始める・・・・。

キャスト編集

  • 浅本有也(愛称「あさ」):國村隼
  • 日留川三郎(愛称「ひる」):板尾創路
  • 板東欽三(愛称「ばん」、宮崎刑務所に服役中):山寺宏一
  • 阪元幸子(「あさひるばん」の高校時代のマドンナで病気療養中、実父の雷蔵とは絶縁状態、愛称「サッチン」):斉藤慶子
  • 阪元雷蔵(「あさひるばん」が野球部にいた頃の監督で醤油蔵元、幸子の父):西田敏行
  • 阪元有三子(幸子の娘で、病床の幸子を看病中):桐谷美玲
  • 安永(宮崎にある藤元総合病院の医師で、幸子の主治医):温水洋一
  • 長友寿美(浅本の自宅兼事務所の階下にある居酒屋「とまり木」の女将):雛形あきこ
  • 野沢七郎(宮崎県選出の衆議院議員・法務副大臣、元・城南高校野球部の4番打者で「あさひるばん」のライバル):松平健
  • 北山俊夫(宮崎刑務所の刑務官):間寛平
  • 松尾(醤油蔵元の従業員):上島竜兵
  • 尾松(醤油蔵元の従業員):國本鍾建
  • 宮崎刑務所長:秋本奈緒美
  • 高校時代の浅本有也:井手雅紀
  • 高校時代の日留川三郎:安井秀和
  • 高校時代の板東欽三:荻野友樹
  • 高校時代の阪元幸子:竹富聖花
  • 清水めぐみ猪野学オモロー山下サイクロンZ村田秀亮ツジカオルコ湊ゆかり、戸波雄輔 ほか

スタッフ編集

関連作品編集

漫画編集

やまさき原作、テリー山本作画による漫画版『あさひるばん』が、『釣りバカ日誌』の連載誌でもある『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて2013年15号から同年22号まで連載された。単行本が小学館(ビッグコミックス)から全1巻で刊行されている。

  • やまさき十三(作)、テリー山本(画)『あさひるばん』
    2013年11月15日発売 ISBN 978-4-09-185730-9

ラジオドラマ『あさひるばん ビギニング』編集

「『あさひるばん』は単なる物語ではなく、見ている人・聴いている人自身の物語である」というコンセプトを基に、前述の映画版からのスピンオフ作品として文化放送(QR)が制作。映画版の世界観を広げるべく、映画版では描き切れなかった「あさひるばん」トリオの高校生時代を、1983年の宮崎県内を舞台に1話5分・全20話・宮﨑弁が主体のラジオドラマを通じて掘り下げる。

「あさひるばん」トリオの声を福山潤(浅本有也=「あさ」役)・細谷佳正(日留川三郎=「ひる」役)・浪川大輔(板東欽三=「ばん」役)が演じるなど、主なキャストに豪華な声優陣を結集。映画版が公開されるまでの放送では、映画版で「ばん」役を演じた山寺が、アバンタイトルとエンディングのナレーションを務めていた。

2013年10月に、東京都内のスタジオで収録。映画版公開前の11月11日月曜日)から、NRN基幹局であるQRと、NRNに加盟する民放ラジオ局の一部で順次放送していた。ただし、放送日や放送時間は、ネット局によって異なる。

また、本放送の期間中には、QR制作・日野自動車1社提供の深夜番組『走れ!歌謡曲』内の「ドラパラ」(午前3時台後半の週替わりコーナー)でも放送(QRのみ再放送扱い)。関西地区では、同番組のネット局であるラジオ大阪(OBC)に加えて、毎日放送(MBS)でも「茶屋町プレミアムナイト」(2013年度のナイターオフ編成火 - 金曜日の生ワイド番組レーベル)の全番組に内包する格好で放送していた。

キャスト編集

  • 浅本有也(愛称「あさ」、城北高校野球部のエース):福山潤
  • 日留川三郎(愛称「ひる」、城北高校野球部の4番・ライト):細谷佳正 - 設定上は「城南高校からの転校生」
  • 板東欽三(愛称「ばん」、城北高校野球部の主将・セカンド):浪川大輔
  • 阪元幸子(マドンナ、城北高校野球部マネジャー):中上育実 - 本編ではストーリーテラーを兼務。野球部では、監督である実父の雷蔵を「父ちゃん」と呼んでいるため、雷蔵から「学校では『監督』と呼べ」とたしなめられている。
  • 日留川月子(愛称「月ちゃん」):春野ななみ
  • 阪元雷蔵(城北高校野球部監督、醤油蔵元、幸子の父):藤原啓治
  • 野沢七郎(城南高校野球部の4番打者で、幸子の幼なじみ):中村悠一 - 「一時宮崎から東京に転居していた」という設定のため、メインキャストで唯一、共通語の台詞が充てられている。

スタッフ編集

ネット局編集

生ワイド番組へ内包した関係で、放送時間は目安。内包する番組では、パーソナリティかアシスタントが、ドラマの前後にストーリーや設定の概要を紹介していた。

以下のネット局では、『走れ!歌謡曲』内での放送分を同時ネット

外部リンク編集