あさイチ

日本のNHKで放送されている朝のテレビ情報番組

あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、2010年3月29日[2]からNHK総合で放送されている朝の生活情報番組である。

あさイチ
番組ロゴタイトル
ジャンル 生活情報番組
出演者 #出演者を参照
オープニング TENDRE「SWITCH」
製作
制作統括 片山淳一
製作 NHK
放送
放送チャンネルNHK総合
映像形式リアルタイム字幕放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2010年3月29日 - 放送中
放送時間平日 8:15 - 9:00、9:05 - 9:54
放送分94分
回数3149[1](2024年1月31日時点)
公式サイト
テンプレートを表示

概要 編集

NHK総合では、1962年4月2日以来48年間に渡り8時15分 - 8時30分に『連続テレビ小説[注 1]を放送。その後『NHKニュース』「生活情報番組」を放送していた[注 2]が、NHKの調査によると出勤時間が早まっていることが判明した[3][注 3]

そこで、2010年3月29日より『NHKニュースおはよう日本』を8時で終了させ、直後の8時 - 8時15分に朝ドラ[注 4]を移行。前番組『生活ほっとモーニング』などを終了させ、朝ドラ直後の8時15分 - 9時54分に当番組を編成した(9時 - 9時5分は『NHKニュース』のため、一時中断)。

基本的には生放送であるが、夏の高校野球の開催時期などには収録放送となる場合がある[注 5]。また、ゴールデンタイムに特別版を放送する場合もある。

公式サイトでは当番組を「大型情報番組」と位置付け、生活情報が中心であった『生活ほっとモーニング』に対し、当番組では民放のワイドショーでも扱う政治・社会問題や芸能娯楽情報も取り上げ「生活者の視点から掘り下げる」を標語とした[4]

ターゲットはNHK離れが進んだ40代の主婦で、スタッフの約半数を女性として「女性のニーズ」を汲み上げる番組を目指し[5]、番組名については「1番欲しい情報が詰まった“市場”のような活気のある番組にしたい」との願いが込められているとの説明がされた。

NHKは番組立ち上げに当たって、同じ生活情報番組でほぼ同時間帯に放送のTBSテレビ『はなまるマーケット』(1996年9月30日 - 2014年3月28日)のスタッフを制作会社ごと引き抜き(いわゆるヘッドハント)、同番組の手法を取り入れ、番組制作を行っている[6][7][注 6]

初代司会には『はなまるマーケット』の司会者・薬丸裕英がかつて所属していたジャニーズ事務所の現役所属者・井ノ原快彦(当時V6[注 7])を起用した。

冒頭では、朝ドラを観た出演者がその感想を述べることがある(#朝ドラ受けを参照)。

8時台終盤では女性キャスターから9時の『NHKニュース』への振りコメントが述べられる。また、9時の『NHKニュース』終了時には担当アナウンサーが「引き続き『あさイチ』をご覧ください」と言って締めるほか、その際画面下部に「ニュースのあとも あさイチ」とテロップを表示する[注 8]。初期ではキャスター陣がニュースを担当するアナウンサーにニックネームで呼び掛ける場面も見られた[8]ほか、稀に9時の『NHKニュース』と連動演出も行われる[9]

2011年10月31日 - 11月4日(3日は祝日のため休止)には全編福島県から「あさイチ福島キャラバン」として、会津若松市・いわき市・福島市・下郷町から中継。東日本大震災東北地方太平洋沖地震)復興支援の一環として放送した。

番組内では共演者のことを愛称で呼ぶことも多い。リアルタイム字幕放送でも出演者が話始める時にも愛称を表示している(例:井ノ原→「イノッチ⇒」等)。

スタジオバックにはカラフルなタオルが置かれている。たくさんあるが、視聴者からのメールで井ノ原が確認したところ、実際は1枚のタオルを波立たせて窪みを付け、畳んで置いてあるように見せていることが明らかになった。2016年1月4日からスタジオセットをリニューアルした。

2014年2月3日よりテロップを変更した。

2016年11月1日より番組のInstagramを開始[10]

2017年3月30日にスタジオのマイナーチェンジ、テーマソングの一新、テロップ類のリニューアルが行われた。

2018年4月2日にスタジオセット・テーマソングの一新、テロップ類のリニューアルが行われた。

2022年3月29日にスタジオセット・テーマソングの一新、テロップ類のリニューアルが行われた(華丸大吉鈴木奈穂子がMCになってからは初めて)[注 9]

2024年1月12日からは令和6年能登半島地震に伴い、BS103チャンネル(旧NHK BSプレミアム)で『総合テレビ(石川県内)同時放送』としてサイマル放送を実施している[11][12][13]

休止および短縮 編集

祝日や年末年始(2023年度は12月29日 - 1月4日)は原則として全面放送休止[注 10]

国会中継時、春の選抜高校野球中継時には、原則として8時15分 - 8時55分の短縮放送[注 11]

8月6日は広島平和記念式典中継の後『連続テレビ小説』『NHKニュース』を挟んで全国高等学校野球選手権大会中継を行う[注 12]。そのため、同日から2週間前後、通常放送が休止となるが[注 11]、夏季オリンピックとの兼ね合いで休止が長期化する場合もある[注 13]

当番組の放送時間帯が政見放送に充てられる場合があり、部分的、あるいは地域により全面休止となる。また、衆議院議員総選挙または参議院議員通常選挙投票日の翌日は、選挙戦の様子を伝える『列島ドキュメント』を放送のため全面休止となる場合がある[注 14]

台風や地震などの自然災害が発生した時など、放送中に緊急度の高いニュースが入った時には、その関連ニュースを挿入して予定の内容を一部割愛する場合があり、状況によっては全面休止となる場合もある[注 15]

前述の事情により『連続テレビ小説』を休止した場合、翌放送日の8時15分 - 8時30分が代替放送枠に充てられるため、8時30分 - 9時54分(『みんなの体操』を休止し、10時まで放送される場合もある)の繰り下げ短縮放送となる。

キャラクター 編集

ぶーちゃん 編集

初期において、スタジオに当番組のマスコットキャラクターとしてミニブタを出演させていた(出演者の後ろに居させたこともある)。視聴者投票によりぶーちゃんに名前が決まった(4月30日放送で4つの候補からワンセグとデータ放送による視聴者投票で決定)。

しかし、宮崎県における口蹄疫の流行の影響により、5月半ばごろから出演が見合わせられていた(出演中断中の2010年6月17日の放送で近況が報告された)。8月23日を以って復帰。口蹄疫終息を待って成長したブタになって戻ってきたが、後に出演しなくなった。

ぶたまん 編集

上記のぶーちゃんに代わる形でブタをモデルとした「ぶたまん」が登場している。その名残で出演陣からはぶーちゃんと呼ばれている。

見た目は肉まんにブタの顔を付けたもので、通常は胴体らしき部分はないが、毎週木曜日の「JAPAなび」のスーパーマーケット等を訪問するコーナーでは、下に赤いマントのようなものを巻いて登場する(スタジオにも登場し、井ノ原等と絡む時がある)ブタであることから、豚肉やブタを使用した商品を見るとショックを受けて悲しがる。

なお、この時のぶたまんの声の主は声優の一龍斎貞友である(これ以外の曜日のコーナーでは無言)。9時の『NHKニュース』終了後にテーマに沿った装飾を施される以外に、毎週火曜日の「スゴ技Q」の解答受付中にはイラストによる数色のぶたまんが登場する。

2014年8月11日と12月27日に放送の特別版「夜だけど…あさイチ」では、ぶたまんならぬ「ぶたコウモリ」が登場した。2016年3月31日をもって「JAPAなび」から引退し、マスコットとして続投していた。

あんまんちゃん 編集

上記のぶたまんに代わる形で2016年4月7日から登場。顔があんまんの形で、頭部にリボンを付け、エプロンのような胴体をしているが、ぶたまんと違って両手がある。

声は一龍斎が続投する(初回放送で井ノ原らから「ぶーちゃんと声が同じじゃないか?」と指摘を受けていた)。友人である前任のぶたまん同様、JAPA-NAVIで日本各地に出向いた。

2022年3月31日からの「愛でたいニッポン」に模様替えを機に、とりっぷさんにバトンタッチした。

とりっぷさん 編集

2022年3月31日からの「愛でたいニッポン」で登場。黄色い嘴の青い鳥であんまんちゃんに代わって日本各地に出向く(現地に出向かずにスタジオ撮影との合成の時もある。)声は一龍斎が続投する。

カエルくん 編集

2021年3月30日から登場。担当コーナーは主に「解決!生活のミカタ」に登場し、声は声優の梶裕貴が担当。

気象予報字幕(天気ループ) 編集

「天気ループ」がNHK首都圏放送センターNHK大阪放送局など一部の地域で表示されている(年度途中から採用した地域もある)。

天気ループは『NHKニュースおはよう日本』でも表示されている(気象情報の時は消去)が、当番組の前、朝ドラの時間中(8時 - 8時15分)は一旦消去する。

東海地方(愛知・岐阜・三重)ではチャンネルをNHK総合に合わせると、間を開けて天気ループがデータ画面として時刻の下に表示されるようになっており、リモコンボタンの操作で消去ならびに復帰できるようになっている。ただし、双方向実施日は中止し、常時表示する形態にしている。

一方、北海道など一部の地域とNHKワールド・プレミアムでは天気ループの表示を行っていない。

2017年度に『NHKニュースおはよう日本』がリニューアルした際に天気ループが時刻表示(カスタムフォント)の横に移動したため、当番組の天気ループも同じ位置に移動した。

視聴者からの投稿 編集

放送内容への感想や当日のテーマなどについて、視聴者からファクシミリ電子メールによる投稿を募っており、放送中に紹介するが、番組内でのVTR内容や出演者の言動に対して批判的な意見・指摘も多々寄せられ、このような意見も番組内で紹介される日がある。出演者に対し「無茶ぶり」を要求する投稿も紹介される。

また、2011年11月17日には、番組冒頭・第2部開始時、エンディング間際に番組に対する意見・感想を有働が複数紹介した。

後に当日のテーマにちなんだサブテーマも設定、「ちなんでファックス」という名称で放送中に投稿を募集している。その他、視聴者からの朝ドラの内容に関する投稿も紹介されることがある。

終盤の料理コーナー開始後、女性キャスターはスタジオ隅に移動しスタッフと共にエンディングで読む投稿の紹介を行う[48]

視聴率 編集

2010年秋 - 2018年3月の週平均視聴率は[49]、第1部10%程度、第2部5%以上、平均8%程度でそれぞれ推移しており、2018年3月まで民放各局のワイドショーを抑え同時間帯の1位を独走[5]。高視聴率については、朝ドラとの連続視聴者の多さや番組内容の好評ぶりが要因との向きがある[50]。週間視聴率調査の「教育・教養・実用」部門で1位となることもあったほか、2013年12月第2週では初めて5回全て視聴率週間ランキングトップ25位内ランクインを果たした。

当番組開始以前(1995年4月3日 - 2010年3月19日)の平日8時台・9時台は『NHKニュースおはよう日本』(8時13分終了)→番組宣伝→朝ドラ→『NHKニュース』→『生活ほっとモーニング』となっており、朝ドラ開始繰り上げ・当番組立ち上げとしたことで、視聴率を下げる原因となっていた『NHKニュースおはよう日本』8時台が廃止され、また8時30分 - 8時35分の『NHKニュース』が当番組に内包されたことで流れが良くなり、朝ドラと当番組の視聴率が安定したとの見方もある[51]

キャスター陣を交代した2018年度から一時期、視聴率が低下傾向となり、同年4月・5月には民放1位であるテレビ朝日『モーニングショー』に時間帯1位の座を奪われた[52][53]

その後、同年6月ごろから再び安定、前年並みの10 - 12%程度で推移し、時間帯1位に返り咲いた[54][55]

しかし、2020年中期以降、7 - 9%台に再び低下し『モーニングショー』に1位を奪われる日が増えた[56][57]

2020年11月以降は、ビデオリサーチの週間高世帯視聴率番組で10%を大きく超えており、時間帯1位を『モーニングショー』と分け合っている[58]。同年以降、時間帯年間1位を『モーニングショー』に譲っている[59]

コーナー内容 編集

開始当初はオープニングCGが存在し、ランカ・リー=中島愛星間飛行」が使用されていたが、しばらくしてCGは廃止され、直接本編に移る形になった。

2018年4月2日からはテーマソングが設定され、YUKI「チャイム」が使用[60]。2022年3月29日からTENDRE「SWITCH」が2022年度テーマソングになった[61]

2020年3月30日から、オープニングの出演者紹介のテロップの名前のローマ字表記が姓→名の順に変更された[注 16]

オープニングはその日の話題を1つ紹介し、特集は9時の『NHKニュース』を挟んで放送する。メインコーナーの9時台前半までは柔軟に組み、変更があったり、2部構成の日もある。9時台後半はレギュラーコーナーが放送される。

重大ニュースの発生時はキャスター陣のオープニング挨拶の後「朝ドラ受け」は行わず、すぐにニュースセンターに繋ぎニュースキャスターよりその情報を伝える体制を取っている[注 17]

また、著名人の訃報をオープニングで扱うことがあり、この場合も「朝ドラ受け」は省略または短縮となる場合が多い。

華丸・大吉・鈴木時代からは重大ニュースや訃報がなくても、その放送回の特集で扱うテーマによっては「朝ドラ受け」を行わず、放送開始と同時に特集のVTRから始めるか、挨拶の後すぐ本編に入るかのどちらかを取る場合が多い[注 18]

特集やレギュラーコーナーは概ね、前番組『生活ほっとモーニング』『きょうの料理プラス』『趣味の園芸プラス』の企画を踏襲。『生活ほっとモーニング』が募っていた「協力家族」も引き続き参加可能(6月から「あさイチサポーター」とネーミングが変わっている)。

2011年3月11日の東日本大震災発生以後、通常のコーナーを取りやめ、被災地のレポートや東京電力の福島第一原子力発電所の事故解説、視聴者からのFAXやメール内容の紹介など、震災関連を中心とした内容に特化して放送。4月以降「“JAPAなび”」などレギュラーコーナーが復活した。

9時台に不定期だが、総合・Eテレ・BSで放送されている各番組の過去放送回(『あしたが変わるトリセツショー』『ウチのどうぶつえん』『あしたも晴れ!人生レシピ』『100カメ』が比較的多い)のダイジェスト版が約10分程度放送されることがある。

朝ドラ受け 編集

冒頭は朝ドラを観たキャスター陣やコメンテーター、ゲストが感想を述べるなどフリートーク(「朝ドラ受け」)を行うことがある[注 19]

朝ドラ受けについては、朝ドラからの流れで観る視聴者からは評価がある。中には感想を楽しみにする視聴者もいるほか、この感想を含めて「朝ドラは8時16分まで」との声も出ている。

Twitterでは朝ドラの感想だけでなく、朝ドラ受けに反応してつぶやく人も多い[62]。一方、違和感や不快感を持つ者もいる[63][64][65]

なお、キャスター陣は朝ドラ終了直前(当番組放送開始直前)までスタッフと打ち合わせを行っており、打ち合わせをしながらモニター(8時10分ごろまでは専用モニター、それ以後の残り数分は前方にあるオンエア中の映像が出るモニター)で朝ドラを視聴している[注 20]。また、スタッフも真剣に朝ドラを視聴しているという[66]

当番組開始以前[注 21]は、NHK総合の朝ドラ本放送の直後は『NHKニュース』に接続しており、朝ドラを観たニュース担当アナウンサーの表情を楽しむ視聴者が存在し、初期の頃はそれらの層からキャスター陣が朝ドラの感想を述べる演出を「余韻をぶち壊される」と酷評されることもあった[67]

初期では違和感や不快感を持つ視聴者に配慮として、朝ドラ受けを週3日程度に留めていた(後述)が2012年中期頃からは、ほぼ毎日行うようになっていた[注 22]。2015年6月後半からこの演出は一時減少傾向であった[68][69]が、2015年度下半期の『あさが来た』からは、ほぼ復活している[70][71]

その後、2022年度上半期の『ちむどんどん』の期間中にも朝ドラ受けが減少傾向であったが、次作『舞いあがれ!』から朝ドラ受けが復活している(ちむどんどん#『あさイチ』司会陣の「朝ドラ受け」を参照)。また、2024年1月から令和6年能登半島地震の影響で、しばらく朝ドラ受けを取り止めたこともある[72][73]

朝ドラ関連の俳優・脚本家からもこの演出に評価の声が上がっており「プレミアムトーク」に出演した際、この旨を述べる者がいる[74][75][76][77]。また、当番組出演者はドラマの内容に感動する余りオープニングで涙を浮かべることもある。井ノ原が涙する有働由美子(他出演者にも)にハンカチを差し出す(有働が井ノ原にハンカチを求める場合もあり)流れも恒例であった[78][79][80][81]

柳澤秀夫NHKウイークリーステラや新聞の朝ドラ特集記事を読んでおり、朝ドラの展開を語り出そうとして、井ノ原・有働が止めるという流れも見られた[82]

キャスター陣は当番組休止日(2019年度以前の土曜日を含む。次述)もプライベートで朝ドラを視聴することもあるという(互いに感想メールを送り合うこともあると話している)[83]。なお、キャスター陣は翌週(主に月曜日)の放送で(当日の回のものと合わせて)先週土曜日の回の感想を述べることもあった。

2019年度下半期の『スカーレット』までは、朝ドラの放送は月曜日 - 土曜日の週6日[注 23]であったが、2020年度上半期の『エール』より月曜日 - 金曜日の週5日に削減された[84][85][86][87]。これに伴い2020年度以降、最終回直後の当番組で半年間を総括する朝ドラ受けが行われる場合もある[88]

収録放送の際は朝ドラ受けはないが、冒頭でキャスター陣が「今日は朝ドラ受けができない」と述べることもある。朝ドラ受けができない代わりに当日の朝ドラの展開予想トークをしたこともある[89][90]

元々は演出ではなく自然発生的に始まったものとされる[91]

井ノ原は朝ドラ受けについて「ひとり暮らしのおばあちゃんが朝ドラを見て、感想を言い合えないと寂しいじゃないですか。せめて、テレビに話しかけてくれたらと思ったのがきっかけ。これって、民放じゃ絶対できないでしょ。CMが入らない、NHKの生放送だからこそできることなんだよね」「1人住まいの祖母が『朝ドラを見ても感想を誰にも言えない』とこぼしていたことをきっかけにスタートした」「当初は『苦情が来ている。週3回までと言われていた』とNHK上層部から注意(禁止令)されていたものの『シカトしてやっていた。なぜならおばあちゃんのためにやっている』。そしたら『それがいいって言う人も出てきた』ことから、上層部から『毎日言ってください』と許しが出た」と述べている[92][93][94][95][96]

2016年6月から一時期チーフプロデューサーを務めた河瀬大作は「朝ドラ受けは、ちゃんとしたタイミングで受けないと、SNSのタイムラインが荒れるんですよ(笑)。災害や事件があると、今日はスルッと流したほうがいいなというときがあるんですけど、実際に受けないと『えっ!今日受けてくれなかった!』となるんです」と語っている[97]

井ノ原・有働・柳澤の出演最終日で、後任の華丸・大吉・近江友里恵をゲストとして招いた2018年3月30日放送分において、華丸・大吉が朝ドラ受けの継承を行うか悩んでいることを明かした[98] が、キャスター交代後も朝ドラ受けは続行されている[99]

華丸は朝ドラ受けのためにNHK BSプレミアムNHK BSの先行放送も視聴しており、朝ドラ受けを行うかを本番開始10秒前に決めている[100]。また、華丸は朝ドラ先行放送の前座番組『朝ドラアンコール』(2019年度は『おしん』)も視聴しており、2019年11月12日以降、不定期に『スカーレット』のものと合わせて、『おしん』の受けも行うことがあった。ただし、大吉は「時間差がある」と突っ込むことも恒例[101]

華丸は朝ドラ受けの中で2018年度上半期『半分、青い。』の内容に関し、「朝ドラは木曜日に事が動くことが多い」と着目して「ムービングサーズデイ」と同年5月24日に表現した[102]。勝田夏子プロデューサーも、週の最初にピークがあり、真ん中でステージが突然変わる、と分析している[103]

なお『エール』より月曜日 - 金曜日の週5日に削減された際、当番組内で視聴者から華丸に寄せられた。「『半分、青い。』の頃からストーリーが動くのは木曜日であったが、放送が週5回になったらどうなるのか?」とのメールに、華丸は「木曜日に動いて金曜日に解決じゃないですか」と答えている[104]

2018年9月21日放送分で放送された華丸と『半分、青い。』の脚本家・北川悦吏子の対談内で北川が「(『半分、青い。』のエンディングで)『華丸さんが待っているから、そろそろ今日はやめるね』というナレーション(風吹ジュンが担当)で話を締め、『あさイチ』に繋げるということをしたかった」と明かしている(「必ず朝ドラ受けがあるとは限らない」「朝ドラはNHK総合の本放送以外にBSでの放送やNHK総合での再放送もある」という理由でこの案は却下された)[105][106]

2018年度下半期『まんぷく』においては、公式Twitterで朝ドラ受けについて触れる場合があった[107]

当番組休止日に華丸や鈴木は自身のTwitterや番組の公式Instagramで朝ドラの感想を述べることもある[108][109][110]。また、大吉はTBSラジオ『たまむすび』で朝ドラの感想を語ることもある[111]。このほか、当番組休止日(祝日など)に当該枠で生番組が組まれる場合にその番組でも朝ドラ受けが行われることがある[112][113]

レギュラーコーナー 編集

番組冒頭のコーナー 編集

世の中に話題になってるニュースを取り上げる(10分程度のコーナー。放送は不定期)。以前は「女のニュース」と名前が付いていた。

9時台の企画 編集

内容はメインコーナーの特集コーナーと同じ。様々な話題をアナウンサーが取材し、専門家と共に解説する。

「人生レシピ」コラボ企画(不定期) 編集

9時台の企画の時間帯で放送。Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」とコラボ企画。過去の放送内容の短縮版。生放送で専門家にも新たに解説してもらうこともある。

「トリセツショー」コラボ企画(不定期) 編集

9時台の企画の時間帯で放送。「あしたが変わるトリセツショー」とコラボ企画。過去の放送内容の短縮版。

「ウチのどうぶつえん」コラボ企画(不定期) 編集

9時台の企画の時間帯で放送。「ウチのどうぶつえん」とコラボ企画。過去の放送内容の短縮版。

「100カメ」コラボ企画(不定期) 編集

9時台の企画の時間帯で放送。「100カメ」とコラボ企画。過去の放送内容の短縮版。

「ニッポン知らなかった選手権実況中!」コラボ企画(不定期) 編集

9時台の企画の時間帯で放送。「ニッポン知らなかった選手権実況中!」とコラボ企画。過去の放送内容の短縮版。

産直LIVE(2010年度 - 2011年度)→ピカピカ☆日本(2012年度 - 2017年度)→おでかけLIVE(2018年度 - 2021年度)→いまオシ!LIVE(レギュラー)/いまオシ!REPORT(不定期)(2022年度 - ) 編集

月曜日 - 木曜日9時台前半。特別編成で休止の場合あり。

毎週ひとつの都道府県をめぐり、地元の新鮮な食材や生産品や施設などをフレッシュで「おトク」な情報を中継先の地方局のNHKアナウンサーたちが突撃リポートする。

このレギュラーコーナーは生中継の「いまオシ!LIVE」。不定期でこの後続けて、その週の都道府県とは異なる地域で事前収録されてレポートされた「いまオシ!REPORT」も放送されることもある。

以前は、篠山輝信⇒古原靖久⇒藤原薫という3代に渡ってリポートを担当していた。

「おでかけLIVE」までは、生中継の他に時折事前に収録してリポーターがスタジオから紹介する場合もあった(リポーターがスタジオに来ないこともあった)。

2016年1月からザ・パーフェクトのピンボケたろうが学校をリポートする「ピカピカ☆学園」も放送された。

以前、中継当日に国会中継高校野球などの特別編成で放送できなかった時に、その日の内容を事前収録・編集して金曜日に放送していた(コーナータイトルは「おでかけREPORT」)。

2023年度より、首都圏以外の各地域担当のアナウンサーが週替わりで旬の情報を中継・リポートしている。ただし、首都圏についてはあさイチのリポーター(東京アナウンス室所属のアナウンサー)が担当している。

あさイチごはん(2010年度 - 2011年度)→解決!ゴハン(2012年度 - 2017年度)→みんな!ゴハンだよ(2018年度 - ) 編集

月曜日 - 木曜日9時台後半。特別編成で休止の場合あり。

きょうの料理プラス』を継承したコーナー。

毎日の料理につきものの問題を、一流シェフや人気料理研究家を迎えて解決する。

この枠は西堀裕美駒村多恵と井ノ原→駒村と華丸(コロナ禍から2022年10月中旬まで新型コロナ対策で駒村のみで進行した)で料理のサポートをしている。

この枠で2022年12月から「キスマイ横尾のゴハンだよ」が開始されて横尾渉が料理を披露。現在は月1回ペースで担当している。

2011年度までの「あさイチごはん」は身近な食材を大変身させるレシピやスゴ技を日替わりテーマで紹介していた。

  • 月曜日:プロ直伝
  • 火曜日:きほんのき
  • 水曜日:ザ・定番
  • 木曜日:きょうの料理いちおし

あさイチガーデン(2010年度 - 2012年度)→あさイチグリーンスタイル(2013年度 - ) 編集

金曜日9時台後半。特別編成で休止の場合あり。

『趣味の園芸プラス』を継承したコーナー。

人気のガーデナーが、花や野菜の栽培方法、元気に育てるコツを伝授。また、2013年度からはインテリアに関する情報も月1回程度放送される。

前述の「みんな!ゴハンだよ」同様、駒村(サブキャスター)を進行役で華丸と大吉と日によってはプレミアムトークのゲストも参加する。このコーナーに入る時の曲として、PIZZICATO FIVEの「そして今でも」が使用されている。

わがままホビー→みんな!〇〇だよ(2022年度 - 〇〇は取り上げる題材) 編集

9時台後半(不定期。火曜日)のホビー企画。

華丸大吉とその日のゲストが挑戦する。

お天気コーナー 編集

火曜日(以前は木曜日の9時前)のミニコーナー。8時台、9時台と2回ある。

気象予報士の池田紗耶香が天気の解説をする。

特選!エンタ(2010年度 - ) 編集

金曜日9時台前半。特別編成で休止の場合あり。

音楽・書籍・映画のエンターテイメント情報・ダンスレッスンをそれぞれのナビゲーターが紹介。

メインコーナー 編集

一部は前番組『生活ほっとモーニング』のコーナーを改題して継続している[114]

特集コーナー 編集

様々な話題をアナウンサーが取材し、スタジオで専門家と共に解説する(コロナ禍からはリモートでも行われている)。

ツイQ楽ワザ(旧タイトル「スゴ技Q」「クイズとくもり」)(火曜日) 編集

知って得する生活情報をクイズで紹介。3 - 6問程度出題。スタジオ回答者は華丸大吉とその日のゲスト。以前は協力家族(あさイチサポーター)の一般視聴者1名も参加していた。

正解した分のアフロ君のスタンドプレートがもらえる。以前はキューブ型(別名:キューブタ)ティッシュボックス⇒2011年1月からは饅頭をイメージしたブタの顔のぬいぐるみ⇒クイズとくもりになってからは、とくもりちゃん(どんぶりに入ったブタの顔のぬいぐるみ)であった。

「スゴ技Q」の協力家族の一般視聴者は井ノ原とペアを組んで回答した。「とくもり」からは一般視聴者は出なくなった。

視聴者はテレビ(データ放送・ワンセグ)でクイズに参加[注 24]。正解数に関係なく、1回でも送信に成功すれば当日の放送でデータ画面に表示されるパスワード入力でパソコンの壁紙や携帯電話の待ち受け画面(共に季節に合わせた風景の画像つきのカレンダー)としてのダウンロードができる(放送当日のみダウンロードが可能。番組終了後もパスワードは放送当日の24時までであればデジタル総合のデータ放送からいつでも確認することができる)。

なお、リモコンのdボタンを押さなくてもそのままクイズに参加できるようになっていた(画面に「スゴ技Q 参加中」と表示されていれば回答可能。機種により異なる場合がある)。

火曜日でも都合により、コーナーが休止される場合もある。

不定期で「“教えてQ”」と題したアンケート形式によるものもあるが、回答要領は「スゴ技Q」「クイズとくもり」と同じである(画面に「あさイチ 参加中」表示されていれば回答可能)。

『生活ほっとモーニング』の「クイズdeなっとく!」を引き継いだコーナー。

Kira Kiraキッチン 編集

火曜日で不定期の放送。

「ハレトケキッチン」に続く夢の3シェフシリーズの後継で、今晩作りたくなる定番料理のレシピと作り方をシェフ3人(山野辺仁、荻野聡士、秋元さくら)がゲストに指導したり、シェフが調理して伝授。

愛でたいニッポン(2022年3月31日 - )(木曜日) 編集

日本各地の観光スポットや、グルメ情報などをその日のゲストの芸能人と地元放送局のアナウンサーが紹介する(コロナ禍から2022年10月中旬まではアナウンサーのみでレポートをしていた)。

「旬旅10」(2010年4月 - 同年9月)としてスタートして、2010年10月から「“JAPA”なび」(後に「JAPA-NAVI」)にコーナー名が変更され、コロナ禍になってからは「みんなでシェア旅」とタイトルを変更した。2022年3月31日放送より「愛でたいニッポン」に変更された。

『生活ほっとモーニング』の「発見!とっておきの旅」を引き継いだコーナーで、同コーナー同様に主に木曜日に放送しているが、放送されない週もある。

このコーナーのキャラクターのとりっぷさん(「JAPA-NAVI」以前は、ぶたまん、あんまんちゃん)が訪問して地域で活動している人たちの取材や、グルメ情報やお店などで販売されているものを紹介する。

「JAPA-NAVI」当時、あんまんちゃんのかなりのハイテンションぶりに出演者やゲストが驚くこともあり、井ノ原がこのコーナーのファンであることを公言している。

プレミアムトーク(金曜日) 編集

各界の第一線で活躍するゲストを招いてのトークコーナー。『生活ほっとモーニング』の「この人にトキメキっ!」を引き継いでいるが、当番組では基本的に生放送で行っている[注 25]

オープニングでゲストが視聴者に聞きたいことをFAXや公式ホームページで募るという演出も行われる(常時画面右上にゲスト名と募集告知が表示されている)。

ゲストが放送時点で取り組んでいる仕事の話だけでなく、仕事の密着映像、共演経験者からのコメント映像、成功に至るまでの苦難やプライベートを映した映像や、ゲストがNHKに過去に出演した映像を秘蔵映像として紹介。

キャスターがそれぞれの世代ならではの質問をぶつけ、知られざる素顔や人間的な魅力に迫る。

スタジオパークからこんにちは[注 26]や『ごごナマ』と同様、NHK各番組(地上波・BS共に)の出演者も多く出演し、事実上「番組宣伝」的な要素をも持っている。

コーナー途中からゲストと縁のある人物が参加することもある。放送中の朝ドラ関連者(出演者・脚本家・主題歌担当歌手)がゲストの場合は、オープニングから朝ドラとリンクさせた演出を行うことが恒例のようになっている[注 27][注 28]

朝ドラファンの間では、当番組に放送中の朝ドラ出演者で「プレミアムトーク」に出演した俳優は、直後に出演中の朝ドラを「退場」するという噂が囁かれている。地方ロケが多い朝ドラでは、撮影が一段落していないと当番組のスタジオに来るスケジュールが押さえ辛いだろうというのが一因である[116]。また、朝ドラ作中で死亡した人物を演じた俳優が「プレミアムトーク」に出演するケースもある[117]

通常は募集告知の後、注目情報をリポーターが伝えるミニコーナーを伝えた後にトークを始めるが、国会中継などで短縮放送の場合は、募集告知後すぐにトークを開始する(ゲストにより短縮放送でない場合もすぐトークを開始する場合もある)。また、ゲストがスケジュールの都合により9時台前半(主に「プレミアムトーク」終了のタイミング)で退場することもある。

プレミアムトークゲスト 編集

2010年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 高橋克典三遊亭円楽南野陽子大竹しのぶ坂本冬美
05 松坂慶子氷川きよし綾戸智恵堤真一
06 郷ひろみ福山雅治向井理高橋尚子
07 観月ありさ寺脇康文コロッケベッキー高橋克実
08 木村多江中越典子松下奈緒
09 アンジェラ・アキ妻夫木聡大杉漣市川亀治郎
10 吉瀬美智子鈴木京香遠藤憲一姜尚中綾小路きみまろ
11 南果歩舘野泉岡田准一(V6/Coming Century)・小雪
12 山本耕史堺雅人ともさかりえ舘ひろし
01 三谷幸喜片岡愛之助立川談春市村正親
02 山下智久(当時:NEWS)・風吹ジュンCHEMISTRY
03 藤原紀香周防正行&草刈民代

2011年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 富司純子村上弘明長塚京三間寛平
05 井上真央佐々木蔵之介三宅裕司
06 松本人志(ダウンタウン)・樋口可南子浅野忠信東山紀之(少年隊)
07 原田泰造(ネプチューン)・成宮寛貴渡辺謙仲間由紀恵さだまさし
08 佐藤隆太櫻井翔(嵐)
09 石川さゆり高良健吾阿部寛深田恭子
10 五木寛之上川隆也コシノジュンコ沢村一樹
11 田部井淳子&中畑清&秋吉久美子宮﨑あおい三浦友和
12 生田斗真玉木宏満島ひかり
01 中村勘太郎原田知世塚本高史相葉雅紀(嵐)
02 太田光(爆笑問題)・尾野真千子阿部サダヲ三浦春馬
03 石井竜也(米米CLUB)・玄侑宗久仲代達矢夏木マリ・総集編(尾野真千子・コシノジュンコ・高良健吾・満島ひかり・太田光・三浦友和)

2012年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 大沢たかお谷原章介役所広司吉川晃司
05 森山直太朗中山秀征綾瀬はるか
06 木村佳乃ほっしゃん。堀北真希德永英明村山由佳
07 小栗旬横山裕(関ジャニ∞)・高見沢俊彦(THE ALFEE)・柳沢慎吾
08 仲里依紗徳井義実(チュートリアル)
09 タッキー&翼松坂桃李堤幸彦
10 長山洋子中井貴一樹木希林沢口靖子
11 八代亜紀栗山千明桐谷健太吉田沙保里
12 貴乃花光司・総集編(松坂桃李・堀北真希・尾野真千子・ほっしゃん。・綾瀬はるか・阿部サダヲ・大沢たかお・柳沢慎吾・中井貴一・沢口靖子・樹木希林・夏木マリ・谷原章介・塚本高史・吉川晃司)・さまぁ〜ず阿川佐和子
01 上戸彩西島秀俊唐沢寿明
02 江口洋介佐藤浩市西田敏行美輪明宏
03 夏菜&風間俊介サンドウィッチマン三浦雄一郎国分太一(TOKIO)・名場面集(貴乃花光司・阿川佐和子・中山秀征・さまぁ〜ず・綾瀬はるか)

2013年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 小泉今日子広末涼子アリス大泉洋(TEAM NACS)
05 村上信五(関ジャニ∞)・佐藤健宮藤官九郎真木よう子
06 竹中直人内村光良(ウッチャンナンチャン)・宮本信子・綾瀬はるか
07 林真理子藤井フミヤ要潤市川海老蔵
08 水谷豊・名場面集(宮本信子・宮藤官九郎・綾瀬はるか・佐藤健・美輪明宏・大泉洋)・瀬戸内寂聴是枝裕和
09 尾野真千子・笑福亭鶴瓶能年玲奈オードリー
10 長谷川博己大石静松本潤(嵐)・吉行和子
11 長澤まさみ泉谷しげる八千草薫國村隼岸谷五朗
12 「あまロス解消スペシャル」(能年玲奈、小泉今日子、宮本信子、宮藤官九郎の名場面集/ゲスト:木野花)・伊勢谷友介東出昌大黒柳徹子
01 岡田准一・鈴木保奈美玉置浩二(安全地帯)・竹野内豊
02 ゆず(北川悠仁・岩沢厚治)・萩本欽一
03 麻生祐未・杏・秋元康

2014年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 香川京子伊原剛志綾野剛内野聖陽
05 菊池桃子常盤貴子劇団ひとり戸田恵子中山美穂
06 室井滋里見浩太朗村上龍松平健
07 岸谷香中村雅俊渡辺和子イモトアヤコ
08 能年玲奈・若田光一・総集編(室井滋、伊原剛志、鈴木保奈美、岡田准一、常盤貴子、綾野剛、戸田恵子、松平健 / ゲスト:土屋太鳳
09 中園ミホ吉高由里子若尾文子・役所広司
10 高畑充希宮崎吾朗市川染五郎西川きよし・大竹しのぶ
11 宮沢りえ泉ピン子武田鉄矢小日向文世
12 総集編(泉ピン子、松平健、里見浩太朗、玉置浩二、内野聖陽、劇団ひとり、萩本欽一、若田光一、渡辺和子)・森山未來・「花子とアン」総集編(吉高由里子、鈴木亮平、中園ミホほか/ゲスト:高梨臨)・美輪明宏
01 花燃ゆスペシャル(伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大)・堤真一・亀梨和也(KAT-TUN)・中谷美紀
02 石田ゆり子新垣結衣小澤征爾
03 小池栄子西加奈子松山ケンイチ玉山鉄二&シャーロット・ケイト・フォックス

2015年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 所ジョージ又吉直樹(ピース)・田中泯斉藤由貴
05 安田成美・大泉洋(TEAM NACS)・松田翔太市原悦子大地真央
06 麻生久美子・井上真央・谷川俊太郎岸惠子
07 山﨑賢人野沢雅子近藤真彦山中伸弥
08 総集編(又吉直樹・西加奈子・谷川俊太郎・小澤征爾・市原悦子)・ももいろクローバーZ羽生結弦
09 土屋太鳳・大沢たかお
10 山崎まさよし&仲間由紀恵(2本立て)・椎名桔平十朱幸代・宮﨑あおい・小椋佳
11 笹野高史柄本佑吹越満近藤正臣
12 山田洋次北村一輝上沼恵美子
01 草刈正雄松尾スズキディーン・フジオカ高橋惠子
02 山本陽子桐山照史(ジャニーズWEST)・藤原竜也塩見三省
03 橋爪功草笛光子高島礼子・玉木宏

2016年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 波瑠・向井理・賀来千香子中村獅童
05 野際陽子平岩紙・山本耕史・森田剛(V6/Coming Century)
06 桂文枝坂口健太郎[118]有村架純・片岡愛之助
07 桃井かおり及川光博尾上松也永作博美道下美里
08 古舘伊知郎朝ドラ"子役"スペシャル(内田未来鈴木梨央松本来夢
09 豊川悦司中村橋之助仲村トオル斎藤工・高畑充希
10 菅野美穂・相葉雅紀(嵐)・阿部寛&香川照之リリー・フランキー
11 小林薫織田裕二生瀬勝久・堺雅人
12 永山絢斗蒼井優川村元気・黒柳徹子
01 池上彰蓮佛美沙子鈴木亮平太川陽介
02 ネプチューン名倉潤堀内健・原田泰造)・松下優也吉田都林遣都
03 小池百合子(東京都知事)・神木隆之介船越英一郎・総集編1(古舘伊知郎・黒柳徹子・池上彰・川村元気)・総集編2『べっぴんさん』特集(菅野美穂・生瀬勝久・永山絢斗・蓮佛美沙子・松下優也・林遣都)・芳根京子

2017年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 浅丘ルリ子古谷一行木村拓哉・木村佳乃
05 黒木華和久井映見加藤一二三
06 吉田鋼太郎加山雄三寺島しのぶ大野智(嵐)・竹内涼真
07 梅沢富美男ユースケ・サンタマリア・佐々木蔵之介・米倉涼子
08 高橋一生指原莉乃(HKT48/STU48)
09 福山雅治・磯村勇斗菅田将暉・有村架純
10 伊東四朗・遠藤憲一・二宮和也(嵐)
11 森山良子イッセー尾形・萩本欽一・栗原小巻・鈴木保奈美
12 ディーン・フジオカ・柴咲コウ松本幸四郎伊達公子
01 瑛太・小澤征爾・松坂桃李・木梨憲武(とんねるず)
02 小柳ルミ子・瀬戸内寂聴・内田有紀・総集編1(小澤征爾・瀬戸内寂聴)・総集編2『わろてんか』特集(遠藤憲一・鈴木保奈美・松坂桃李)
03 北川景子濱田岳葵わかな松任谷由実

2018年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 三浦大知松雪泰子黒木瞳滝藤賢一
05 井川遥・樹木希林・二階堂ふみ
06 内館牧子野村萬斎角野栄子・原田知世・市川海老蔵
07 東出昌大・松岡修造瀬戸康史間宮祥太朗
08 小栗旬・星野源永野芽郁
09 中井貴一&池脇千鶴・佐藤健・勝間和代
10 阿部サダヲ・吉田羊新井浩文立川志の輔・堤真一
11 篠原涼子・三谷幸喜・内田春菊
12 三浦春馬・鈴木亮平・松たか子・満島ひかり・大谷亮平&岡崎体育
01 古田新太村木厚子富田靖子
02 五十嵐美幸・生田斗真・安田顕(TEAM NACS)・長谷川博己
03 田原俊彦江川悦子中村倫也安藤サクラ

2019年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 藤木直人森高千里コシノヒロコ・山﨑賢人
05 デヴィ・スカルノ吉沢亮・さーたり・妻夫木聡
06 佐藤二朗井浦新柳美里仙道敦子
07 山口智子・松本潤(嵐)・久米宏山寺宏一
08 松丸亮吾横浜流星広瀬すず
09 蜷川実花おおたわ史絵・草刈正雄・松重豊
10 大草直子・綾野剛・柴門ふみ溝端淳平
11 菅田将暉・高橋ゆき・西村まさ彦・上田美江子・武田真治
12 川上未映子松下洸平松田龍平/年末スペシャル~令和に活躍する男たち~・草彅剛
01 田中圭・浜田桂子・山田裕貴神田松之丞
02 平川理恵島本理生&三島有紀子伊藤健太郎バカリズム
03 戸田恵梨香・氷川きよし・特別編~さーたり・特別編~平川理恵

2020年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 松岡茉優・特別編~おおたわ史絵・もう一度スカーレットを楽しみたいスペシャル・特別編~氷川きよし
05 特別編~草彅剛・唐沢寿明・本村あゆみ・関美和中村蒼
06 清原翔東村アキコ・杉山春・古川雄大
07 平野レミヒロミ高松美代子ヨシタケシンスケ
08 さかなクン・志尊淳・森山直太朗
09 香取慎吾津田健次郎わたなべぽん・江口洋介
10 城田優ヤマザキマリ眞島秀和桜木紫乃山崎育三郎
11 タサン志麻段田安則窪田正孝宮本浩次
12 柄本明・室井滋・山本文緒・内村光良
01 いとうあさこ・吉田鋼太郎・清塚信也トータス松本
02 西川美和・平瀬祥子・吉原光夫・遠藤憲一
03 ムロツヨシ・高尾美穂・中村勘九郎・藤井フミヤ

2021年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 賀来賢人岡田健史井上芳雄・西ゆり子・林真理子
05 杉咲花南杏子・菅野美穂・夏木マリ
06 千葉雄大鈴木京香Fukase磯村勇斗
07 澤田智洋・永瀬廉(King & Prince)・柳楽優弥
09 町田啓太・中谷美紀・坂口健太郎
10 田中達也光石研天海祐希清原果耶&蒔田彩珠・特別編〜高尾美穂
11 加賀まりこ湊かなえ若宮正子滝沢カレン
12 真矢ミキ大森美香上白石萌音・大泉洋
01 橋本環奈・松山ケンイチ・原田マハ・特別編〜南杏子
02 伊藤沙莉金子隆博
03 本郷奏多・小池栄子・JUJU・特別編〜原田マハ

2022年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 川栄李奈・高橋一生・大森南朋・高畑充希
05 広末涼子中川大志眞栄田郷敦・斎藤工
06 稲垣吾郎竜星涼・小泉智貴・仲野太賀
07 山崎貴・プレミアムトーク選(田中達也)・吉岡里帆tupera tupera江口のりこ
08 特別編~「ちむどんどん」出演者のインタビューを蔵出し(宮沢氷魚、前田公輝、山中崇)、西ゆり子・渡辺直美
09 ひびのこづえ黒島結菜&宮沢氷魚池松壮亮原田美枝子
10 柿澤勇人片桐はいり前田敦子・小雪
11 高杉真宙・妻夫木聡・戸田恵梨香・小栗旬
12 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)・吉川晃司・梶裕貴かまいたち
01 市村正親・高橋克典・冨永愛新納慎也
02 生田斗真・濱田岳・赤楚衛二日高のり子
03 森崎博之(TEAM NACS)・角野隼斗福原遥加藤シゲアキ(NEWS)

2023年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04 大竹しのぶ・勝地涼・西加奈子・宮野真守
05 中村倫也・国枝慎吾俵万智
06 ジェーン・スー・安藤サクラ・志尊淳・板垣李光人・松坂慶子
07 山下智久・明日海りお稲垣えみ子チョコレートプラネット
08 堀田真由浜辺美波
09 ディーン・フジオカ・広瀬アリス熊川哲也・神木隆之介・真木よう子
10 西野亮廣いきものがかり・蒼井優・増田セバスチャン
11 松本潤・リュウジ水川あさみ
12 役所広司・仲里依紗・高橋大輔服部隆之
01 山崎育三郎・菊地凛子内田也哉子・山本耕史
02 青木崇高野田洋次郎水上恒司
03 麻生久美子

2024年度 編集

出 演 ゲ ス ト
04
05
06
07
08
09
10
11
12
01
02
03

出演者 編集

現在 編集

メインキャスター 編集

サブキャスター 編集

リポーター 編集

特記のない場合はNHKアナウンサー(不定期ではあるが、記者が担当することもある)。

生活ほっとモーニング』まではアナウンサーがレポーターをする時は「○○アナウンサー」[注 33]と字幕表示されていたが、当番組はアナウンサーの敬称は省略され、代わって氏名の上に簡単なフレーズ(メッセージ)が入っている(東京アナウンス室・首都圏センター・日本語センター以外の放送局のアナウンサーの場合は「○○局(例:大阪放送局の場合は「大阪局」)→NHK〇〇(例:名古屋放送局の場合は「NHK名古屋」)」表記も追加される)。

レポート項目が重大事件・事故の場合は前述のフレーズ表示無しもしくは単にレポーター表記のみの場合もある(いずれの場合もVTRではアナウンサーの場合アナウンサー表記がある)。華丸・大吉・近江時代になってからは、通常の内容でもフレーズが入らない事が多くなった。

気象キャスター 編集

  • 池田沙耶香

過去 編集

メインキャスター 編集

  • 井ノ原快彦(当時V6/20th Century)(歌手、タレント)[124] (2010年3月29日 - 2018年3月30日)
    • 初代メインキャスター。番組の進行を担当。
    • NHKが当該時間帯の情報番組のメインに職員以外を起用することは史上初[125]
  • 有働由美子(当時NHKアナウンサー。降板翌日付でNHK退職)(2010年3月29日 - 2018年3月30日)
    • 初代メインキャスター。番組の進行を担当。
  • 柳澤秀夫(当時NHK解説委員)(2010年3月29日 - 2018年3月30日)
    • 初代キャスター。コメンテーター・解説を担当。
    • 解説委員長を務めた一時期は不定期出演となっていた。レギュラー第2期では「プレミアムトーク」実施日のみ原則出演しなかった。
    • 柳澤の不在時は原則として井ノ原・有働(もしくは代理キャスター)のみで進行された。 
  • 近江友里恵(当時NHKアナウンサー。2021年3月31日付でNHK退職)(2018年4月2日 - 2021年3月5日)[126][127]
    • 2代目キャスター。番組の進行を担当[注 35]

リポーター 編集

  • 廣田直敬( - 2011年5月)
  • 藤井彩子(2011年6月 - 2012年3月)
  • 田代杏子(2011年4月 - 2012年3月)
  • 内藤裕子( - 2012年7月)
  • 松田利仁亜( - 2013年3月)
  • 黒田信哉(2012年2月27日 - 2013年2月)
  • 高橋さとみ(2012年4月 - 2013年3月)
  • 塚原泰介(2012年8月 - 2014年3月)
  • 寺門亜衣子(2013年4月 - 2014年3月)
  • 山田大樹(2012年8月 - 2015年3月))
  • 滝口幸広(俳優、タレント)「夢の3シェフ競演」のアシスタント(2012年4月 - 2015年3月、月1回出演)
  • 中村慶子(2013年4月 - 2015年3月25日)
  • 塚原愛(2014年4月8日 - 2015年6月)
  • 近藤泰郎(2013年4月 - 2016年3月16日)
  • 西堀裕美(2015年4月8日 - 2016年3月22日、番組開始から2012年3月までサブキャスターであったが3年間番組降板後復帰)
  • 石井かおる(2011年5月から担当し一時期降板したが2015年6月から復帰)
  • 宮下純一(タレント、スポーツキャスター、北京五輪競泳400mメドレーリレー銅メダリスト)-「スゴ技Q」の進行役(2010年度 - 2017年3月7日)
  • ピンボケたろう(「ザ・パーフェクト」のツッコミ担当)-「ピカピカ学園」(2016年1月27日 - 2017年3月15日)
  • 三輪秀香(2014年4月 - 2017年3月16日)
  • 中谷文彦 - 日本語センター出向・「特選!エンタ」進行役(2011年6月24日 - 2017年3月17日))
  • 小堺翔太(タレント、フリーアナウンサー)-「JAPAなび」の生中継リポーター(2013年10月 - 2017年3月)、「ピカピカ日本」(2014年4月4日 - 2017年3月17日)
  • 佐々木彩 (2017年4月20日 - 2018年3月7日)
  • 瀬田宙大(2014年4月 - 2018年3月14日)
  • 佐藤俊吉(2016年4月 - 2018年3月22日)
  • 遠藤亮(2017年6月 - 2019年6月10日)
  • 魚住優(2018年4月5日 - 2019年3月11日)
  • 雨宮萌果(2016年3月17日 - 2019年3月)
  • 古野晶子(2016年3月31日 - 2018年6月)
  • 千葉美乃梨(2018年4月16日 - 2019年11月6日)
  • 橋本奈穂子(2019年5月30日 - 2020年2月12日)
  • 田村直之(2018年4月13日 - 2020年3月24日)
  • 藤原薫(2017年3月30日 - 2021年3月10日[128]
  • 松岡忠幸(2019年4月15日 - 2021年3月15日)
  • 森田洋平(2018年4月19日 - 2021年3月17日)
  • 保里小百合(2020年4月6日 - 2021年3月24日)
  • 上條倫子(2019年4月16日 - 2019年5月、2021年4月12日 - 2023年3月)
  • 石井隆広(2020年4月9日 - 2023年3月)※2022年4月から2023年3月まで土スタ司会も兼務。
  • 矢崎智之(2021年3月30日 - 2023年3月)
  • 森花子(2021年4月1日 - 2023年3月)
  • 宮崎大地(2022年3月30日 - 2023年3月)※あさイチ出演前から担当している首都圏ネットワークニュースリーダーも兼務(当番組非番時のみ)。
  • 小林孝司(2010年度 - 2012年7月、2019年7月 - 2023年6月)
  • 古原靖久(俳優)(2012年5月7日 - )「ピカピカ☆日本(2017年度まで)」「おでかけLIVE(2018年度から)」
  • 三上大進(NHKキャスター、リポーター)(2018年度 - )

地域中継リポーター 編集

  • 大川悠介(近畿地域担当、2023年4月 - 2023年7月)

金曜日「特選!エンタ」ナビゲーター 編集

書籍ナビゲーターは永江朗が担当している。

進行役と音楽と映画ナビゲーターはアナウンサーが担当している。

s**t kingzのダンスレッスン:s**t kingz

過去のナビゲーター

ゲスト(コメンテーター) 編集

『生活ほっとモーニング』同様、不定期で毎日1 - 3名が交互に出演。主にタレントやお笑い芸人などが多くゲストに起用されるが、俳優[注 37]や歌手や著名人も出演している。

2020年4月改正の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令後、ゲストがいなかった時、ゲスト1人体制が続いた時期もあった。

2023年5月8日以降は、新型コロナウイルスが季節性インフルエンザと同等感染症法5類に引き下げられたため、コロナ禍前の状態になっている。なお、金曜日のみ通常コメンテーターは設けていない(例外あり)。

ナレーション 編集

基本的に生ナレーションであり、スタジオパートで映像に補足を入れたり、スタジオからの呼びかけに応えたりしている。

「とりっぷさん」の声を担当。以前に「ぶたまんちゃん」と「あんまんちゃん」の声も担当。もうひとつの顔である講談師として、さらにレポーターとして顔出し出演したことがある。

不祥事 編集

日本列島・食卓まるごと調査 編集

東日本大震災により発生した「福島第一原子力発電所事故」において、放射性物質が拡散したことを受け、2011年10月17日に「日本列島・食卓まるごと調査」[129] と題した企画を放送した。

全国の7家庭(札幌・郡山・須賀川・江戸川・目黒・岸和田・廿日市)から1週間分の3食(朝・昼・晩)の食事をペースト状にした上(以下サンプル)で、首都大学東京・福士政広教授の研究室において、「ゲルマニウム半導体検出器」を用いて「セシウム134」「セシウム137」の放射性物質の検査を行った。

しかし、外部から「数値が不自然過ぎる」といった指摘を受け、その後再検査したところ、数値に誤りがあることがわかり、2011年11月24日に謝罪放送を行った。

原因として、検査装置の調整不備によるものであることが判明し、データーそのものには問題がないことが分かった。また、検査に協力した家庭を対象にした検査結果表に「不検出(ND)」とは表記せず、0Bq と表記していることも判明した。

セシウム134の検査結果は次のとおり。

家庭 最初の数値(誤った数値) 再検査後の数値 再検査後の検出限界値[注 38]
北海道・札幌 5.69 Bq/kg 不検出(ND) 8.2 Bq/kg
福島・須賀川 3.66 Bq/kg 同 上 5.7 Bq/kg
東京・江戸川 4.05 Bq/kg 同 上 5.2 Bq/kg
大阪・岸和田 3.99 Bq/kg 同 上 4.5 Bq/kg

セシウム137の検査結果は次のとおり。

家庭 最初の数値(誤った数値) 再検査後の数値 再検査後の検出限界値[注 38]
東京・目黒 8.97 Bq/kg 8.5 Bq/kg 5.2 Bq/kg

この事態を受け、2011年12月15日に再検証番組を放送。

出演者の国営放送発言 編集

2014年9月16日、滝口幸広が「NHKは国営放送」と述べる一幕があった。

その後しばらくしてから、有働が「すみません。私も気づかずに訂正しませんでしたが公共放送です。皆様の受信料で成り立っております」と訂正し謝罪した[130]

ハサミを研ぐ実験 編集

2015年4月7日に放送した「スゴ技Q」のハサミの刃の研ぎ方による効果の違いを実験で比較する検証した映像で、茶碗でハサミを研ぐ実験では刃ではない部分を研いでおり「効果なし」との結果を出していた[131]

放送中にその点を多数の視聴者から指摘され、2015年4月22日の放送で、ハサミの小刃と呼ばれる部分を茶碗の底で研ぐ実験を再び行い、適正な研ぎ方をすれば茶碗の底でハサミの切れ味が戻ると訂正した[132]

出演者の放送禁止用語連発 編集

2015年5月22日、ゲストの市原悦子放送禁止用語を連発し、有働が謝罪する事態となった[133][134]

於茂登山系水源地をめぐる報道 編集

2019年8月26日の「アッキー&ヤナギーがゆく!もっと知りたい沖縄・石垣島」で、陸上自衛隊施設予定地周辺の水源地に関する内容が取り上げられた[135]

しかし、事実と異なる内容があるとして、2019年9月17日、石垣市議会は定例会最終本会議でNHKに訂正などを求める抗議決議を行った[136]

於茂登山系の川のうち番組内で紹介された川の水は農業用水として使用されているが「石垣島の水道水のおよそ8割をまかなっている」などとされていたため、番組では於茂登山系水源地全体の映像を用いるなど誤解を招かないよう配慮すべきで説明不足であったとして「地元議会の決議を真摯に受け止め、より丁寧な番組作りを行ってまいります」としている[135]

スタッフ 編集

  • 音楽 - 周防義和
  • プロダクトマネージャー - 渡辺悟
  • 制作統括 - 井上勝弘→河瀬大作→片山淳一
  • 制作著作 - NHK

派生番組 編集

夜だけど…あさイチ 編集

ゴールデン時間帯に放送された特別版。朝の時間に視聴できない視聴者や、放送時間に在宅していない家族と一緒に観ることを想定して、通常より踏み込んだテーマを放送した[137]

2012年2月25日に「夜なのにあさイチ 漢方スペシャル」を放送[138]。2014年には8月11日に「夜だけど…あさイチ 家庭内別居スペシャル」[139]、12月27日に「夜だけど…あさイチ 母が重たいスペシャル」[140]をそれぞれ生放送で放送した。

あさナビ 編集

2020年東京オリンピック・パラリンピックの期間中は、本番組の放送時間帯に「東京2020オリンピック あさナビ」「東京2020パラリンピック あさナビ」を放送した[141]

本番組キャスターの博多華丸・大吉と鈴木奈穂子[注 39]、リポーターの上條倫子[注 40]がキャスターを担当し、当日に行われる注目競技や活躍が期待される選手などを紹介している[141]

パラリンピック期間中は「ユニバーサル放送」として、障害の有無に関わらずに楽しめるように聞いただけや見ただけでもわかる内容を放送する他、リアルタイム字幕放送での字幕の時差を解消するために、遅延送出システムを使って映像の放送を30秒遅らせて音声と字幕が同じタイミングで見られる「ぴったり字幕」を取り入れた放送を行う[142][143]

なお、この期間は朝ドラ受けは実施しなかった。

放送日時[141]

本番組の放送がない土曜日・日曜日にも放送。

放送時間:8時15分 - 9時ごろ[注 41]

  • 東京2020オリンピック あさナビ
  • 東京2020パラリンピック あさナビ
    • 2021年8月25日 - 9月3日[145]

関連番組 編集

  • NHK紅白歌合戦
    • 有働曰く「『あさイチ』の姉妹番組」。
    • 同番組も当番組と同様『NHKニュース』(20時55分 - 21時)を中断した上で放送。
    • 2010年 - 2016年、2020年・2021年に12月の放送で紅白の特集企画を行った。
    • 有働は2012年 - 2015年に総合司会(当番組での実績を買われての抜擢とされる。「第63回NHK紅白歌合戦」の項を参照)、2017年に横浜アリーナから中継出演した桑田佳祐のリポートを担当。
    • 2014年では当番組内で紅白の司会発表会見を生中継したほか、同年 - 2016年まで井ノ原属するV6が出場した(出場歌手発表会見でも井ノ原・有働が共演した。詳細は「第65回NHK紅白歌合戦」の項を参照)。また、『花子とアン』コーナー直後には、井ノ原・有働が“朝ドラ受け”のスタイルで登場し、次のコーナーへの進行を務めた。
    • 2015年では井ノ原が初めて白組司会を担当、井ノ原・有働が共同司会となった(当番組での実績を買われての抜擢とされる。「第66回NHK紅白歌合戦」の項を参照)。また、『まれ』出演者でゲスト審査員の土屋太鳳大泉洋とのトークで、井ノ原が大泉をイジり倒した。
  • 思い出のメロディー
    • 1969年 - 2019年の51年間に渡り、毎年8月に放送されたNHKの大型公開音楽番組。2011年の司会を井ノ原・有働が務めた。
  • NHKニュースおはよう日本・関東甲信越
    • 当番組開始と同日から朝ドラの前座番組となっている関東・甲信越向けの地域情報番組。番組エンディングにキャスター陣が朝ドラの宣伝を行う「朝ドラ送り」をする場合がある。なお、当番組のキャスター陣は『おはよう日本・関東甲信越』の「朝ドラ送り」も視聴することがあり、これに朝ドラ受け内で触れたこともある。逆に『おはよう日本・関東甲信越』のキャスター陣は当番組の朝ドラ受けも視聴しており、「朝ドラ送り」の中で朝ドラ受けの内容に触れたこともある。
  • 週刊ニュース深読み
    • 2011年4月9日 - 2018年3月24日にNHK総合で土曜日の同時間帯かつ朝ドラ本放送直後に生放送されたニュース解説番組。時折当番組同様、キャスター陣が冒頭で朝ドラ受けを行うことがあった。
  • 情報LIVE ただイマ!
    • 2012年4月13日 - 2013年2月8日にNHK総合で金曜日の22時台に生放送された情報番組。当番組と同じスタッフが制作を担当、当番組で取り上げた内容を再特集することが多かった。なお、『ただイマ!』の仮タイトルは『よるイチ』であった。
  • テレビ60年 連続テレビ小説“あなたの朝ドラって何!”(2013年1月5日放送)
    • 有働・松田司会により、当番組のフォーマットで放送された朝ドラ関連の特別番組。
  • TV60 日テレ×NHK 60番勝負(NHK・日本テレビ共同制作による特別番組。2013年2月2日に日本テレビ系列で放送)
    • 有働が司会、室井がゲスト出演。また『60番勝負』の告知として同年2月1日の当番組に当時日本テレビアナウンサーの桝太一が出演(桝のNHK初出演)。
  • 暦の上ではディセンバー これで見おさめ!? じぇじぇじぇ! “あまちゃん祭り”(2013年12月30日放送)
    • 『あまちゃん』の総集編。番組ラストに当番組の特別編が挿入され、井ノ原・有働による番組感想トーク(通称「あま受け」)の特別版が行われた。
  • NHK90時間ラジオ〜もっと届け、大切なこと〜(2015年3月19日放送。ラジオ第1と同時放送)
  • 花子とアン
    • 登場人物の1人である木場朝市(演者:窪田正孝)の名前は当番組に由来している。
  • NHKスペシャル
    • 井ノ原・有働が進行する特別番組が放送されたことがあった。
  • ごごナマ
    • 2017年4月3日 - 2021年3月18日にNHK総合で平日の午後に生放送された大型情報番組。朝ドラ再放送から直結していた2018年4月2日 - 2020年9月25日は、MC陣やゲストが朝ドラ再放送の感想を述べること(「朝ドラ受け」「昼ドラ受け」)があった。
  • 600 こちら情報部
    • 1978年4月3日 - 1984年3月16日にNHK総合で平日の18時台に放送された子供向け情報番組。2020年度に華丸・大吉がリモート出演期間中、大吉が私物として紹介した同番組のキャラクター「ロクジロー」の人形がスタジオからの出演に戻って以降、セットに小物として置かれている。
  • ニュースLIVE! ゆう5時
    • 2022年4月4日からNHK総合で月曜日 - 木曜日の17時台に生放送されている報道番組。2022年度のみ朝ドラアンコール枠から直結していたため、同年度初期のみ番組冒頭で再放送を観たキャスター陣が朝ドラ受けを行うことがあった。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 番組の始まりは1961年4月3日。1962年3月30日までは8時40分 - 9時に放送【「NHKクロニクル」による】。
  2. ^ 1966年4月1日までは、8時 - 8時15分に『NHKニュース』を放送した後『連続テレビ小説』を放送。その後、8時30分 - 8時40分に『うたのえほん』を放送した後、8時40分 - 9時に『茶の間の科学』、9時 - 9時40分(1965年4月2日までは9時 - 9時30分)に『くらしの窓』を放送【「NHKクロニクル」による】。
  3. ^ 生活環境の変化、民放のワイドショーが1990年代前後から8時開始に繰り上げたことなどが『連続テレビ小説』『生活ほっとモーニング』の視聴率低迷の原因に挙げられていた。
  4. ^ ゲゲゲの女房』から。
  5. ^ 高校野球が雨天順延、休養日、または第1試合の開始が9時以降の場合に放送。過去放送回の特集やプレミアムトークの短縮編集版が主で、基本的に8時15分 - 8時50分(8時55分まで放送する場合もある)。
  6. ^ TBSは1996年にオウムビデオ事件の影響でワイドショー休止(後に再開)を発表し、『モーニングEye』に代わって同年秋に開始した『はなまるマーケット』では芸能関連の話題や(生活情報に直結しない)時事問題を扱わない方針を番組終了まで貫いていた。なお、TBSは『はなまるマーケット』の立ち上げにあたり『生活ほっとモーニング』を参考にしたという。また「平日8時台・9時台の生活情報番組」としては、TBSテレビが2021年3月29日から情報バラエティ番組として『ラヴィット!』を放送しているが、『ラヴィット!』はラジオ第1放送すっぴん!』のパーソナリティかつ「日本一早い!大喜利コーナー」担当であった川島明麒麟)を司会者に起用したことで大喜利番組状態と化している。
  7. ^ 2021年11月1日解散。
  8. ^ ただし、当番組に内包されない場合は締めの言葉が他時間帯と同様「ニュースをお伝えしました」となるほか、終了時のテロップも「NHK NEWS/制作・著作 NHK」となる)。
  9. ^ 当初は3月28日にリニューアルする予定であったが、26日の第94回選抜高等学校野球大会の試合が雨天順延となり、日程が変更となったため、該当日に変更された【「NHKクロニクル」による】。
  10. ^ 2010年10月11日[14]・2011年3月21日[15]・同年5月5日[16]・2016年10月10日[17]は祝日であったが放送を行い、2017年4月30日[18]は日曜日であったが『日曜討論』を休止して放送を行った【「NHKクロニクル」による】。このほか、全編事前収録による番外編・特別編が組まれるケースもある。
  11. ^ a b 高校野球が予定されながら雨天順延となった時は、8時台のみ過去放送分の傑作選に充当する場合がある【「NHKクロニクル」による】。
  12. ^ 2023年時点で、8月6日に『あさイチ』が放送されたのは2010年[19]・2013年[20]・2014年[21]・2020年[22]の4回のみ【「NHKクロニクル」による】。
  13. ^ 2012年はロンドンオリンピック第94回全国高等学校野球選手権大会中継のため7月30日 - 8月17日の間休止(8月14日[23]は放送)【「NHKクロニクル」による】。2021年は東京オリンピック・パラリンピック第103回全国高等学校野球選手権大会中継のため7月21日 - 9月3日の間休止した(8月10日[24]・13日[25]・18日[26]は放送)【「NHKクロニクル」による】。
  14. ^ 当該日は、2010年7月12日[27]・2012年12月17日[28]・2013年7月22日[29]・2014年12月15日[30]・2016年7月11日[31]・2017年10月23日[32][33]【「NHKクロニクル」による】。
  15. ^ 全面休止の例としては「梅雨前線・秋雨前線や台風などによる大雨」「最大震度6弱以上の地震(熊本地震・2016年4月15日[34]大阪府北部地震・2018年6月18日[35][36]北海道胆振東部地震・2018年9月6日[37][38]、7日[39])など」「津波警報・注意報発令(東日本大震災の余震など)」「北朝鮮のミサイル発射(当該日は、2017年8月29日[40]、同年9月15日[41]、2022年10月4日[42][43]、2023年5月31日[44])」「ロシアのウクライナ侵攻・2022年2月25日[45][46]」「新元号発表・2019年4月1日[47]」などがある【「NHKクロニクル」による】。
  16. ^ なお、名前下のローマ字表記は、メインMC(代役含む)および金曜日の『プレミアムトーク』ゲストのみ対象であったが、2022年3月29日からのリニューアルに合わせレギュラー出演者全員およびメインゲストが対象となった。
  17. ^ 場合によってはスタジオで女性キャスターが伝える時もあるほか、オープニング挨拶を入れずに8時15分からニュースの場合もある。
  18. ^ 2023年12月15日は、ドジャースに移籍する大谷翔平の記者会見の模様を中継するためニュースセンターに繋いだ際は、一旦8時15分に当番組のスタジオから「朝ドラ受け」と「プレミアムトーク」のゲストを紹介した後、ニュースセンターへと繋いだ。
  19. ^ この演出は当番組開始当時から行っていたが、2013年度上半期の『あまちゃん』以降注目され始め「朝ドラ受け」「○○(題名の略称)受け」(『あまちゃん』は『あま』、2013年度下半期『ごちそうさん』は『ごち』、2014年度上半期の『花子とアン』は『花アン』など)と俗称が付くようにもなった。
  20. ^ 同『東京新聞』2012年3月14日付。また同紙は澤田隆治による「上手いことやる。番組の間にCMが入る民放では、こんな流れは作り出せない」「話し相手もなく1人でドラマを見ている人は、井ノ原らが、ふと同じ思いを表現してくれれば嬉しくなる。特別な機械も使わず、双方向性を実現させた」とこの演出を高評価する意見も掲載した。
  21. ^ 1966年4月4日 - 1984年4月2日、1991年4月1日 - 1999年3月27日の月曜日 - 土曜日および1999年3月29日 - 2010年3月26日の月曜日 - 金曜日。
    前述以外の日でも特別編成で生活情報番組が休止の場合は、本放送直後に『NHKニュース』に接続した日もあった。【全て「NHKクロニクル」による】
  22. ^ ただし、状況により省略することもあった。
  23. ^ 1961年度の『娘と私』(初作)のみ月曜日 - 金曜日の週5日【「NHKクロニクル」による】。
  24. ^ デジタルテレビによる参加が不可能な地域の視聴者のために補完的な手段としてPC・携帯電話からもクイズ参加することができたが、2012年3月末を以って終了した。
  25. ^ 金曜日が祝日などで放送休止の場合は、別の曜日に行われることもある。
  26. ^ 有働は同番組の司会経験もある。
  27. ^ この時オープニングでは、朝ドラの主題歌・オープニングテーマを流すことが多い。
  28. ^ なおこの時は、視聴率が跳ね上がることも多い[115]
  29. ^ 博多華丸は2019年4月2日 - 21日の間、福岡で自身の舞台のためその間ピンチヒッターが代行。ピンチヒッターは以下のとおり。
  30. ^ 就任前の2021年3月1日の放送に登場し、近江から後任として紹介された。
  31. ^ 当初は2021年3月29日に就任する予定であったが、28日に予定していた第93回選抜高等学校野球大会の準々決勝が雨天順延となったため、該当日時での就任に変更となった[122][123]
  32. ^ 前番組『生活ほっとモーニング』から再登板。
  33. ^ 進行役のアナウンサーは氏名のみ・敬称略であった。
  34. ^ 2023年3月までは東京アナウンス室所属のリポーター。
  35. ^ 2020年2月10日には体調不良のため森田洋平が代理で担当した。
  36. ^ 2014年2月からの「女性リアル」ゲスト兼任。
  37. ^ 朝ドラや大河ドラマなど、NHKのドラマ宣伝を兼ねて出演する俳優も多い。
  38. ^ a b 最初の検査時の検出限界値は発表されておらず、再検査時のみが発表されている。また、測定器は同じであるものの、検出限界値はサンプルの重さなどによって異なる。
  39. ^ パラリンピック期間中の土日は休演。
  40. ^ パラリンピック期間中の土日のみ。
  41. ^ 日曜日は7時45分 - 8時42分【「NHKクロニクル」による】
  42. ^ 7月31日・8月1日は休止【「NHKクロニクル」による】

出典 編集

  1. ^ 「NHKクロニクル」「TVでた蔵」による。
  2. ^ あさイチ<新>”. NHKクロニクル (2010年3月29日). 2023年9月18日閲覧。
  3. ^ NHKの朝が変わる (PDF) - NHK広報局報道資料 2010年1月20日。
  4. ^ NHK有働アナ東京復帰、春目玉番組起用 - 日刊スポーツ 2010年1月29日。
  5. ^ a b 日経エンタテインメント!』2011年6月号。
  6. ^ 週刊文春』2013年11月14日号。
  7. ^ 井ノ原快彦 VS国分太一、山口達也 VS 伊野尾慧……ジャニタレ「裏番組」視聴率バトル”. 日刊サイゾー (2017年5月31日). 2023年12月1日閲覧。
  8. ^ イノッチの朝のNHK新番組,サイゾーウーマン,2010年。
  9. ^ [1] - 2017年9月29日 ねとらぼ(アイティメディア)
  10. ^ [あさイチ【ぽちポチまつり すてきな紅茶ライフ】の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]”. web.archive.org (2016年11月4日). 2023年12月1日閲覧。
  11. ^ 能登半島地震に伴う衛星放送活用の臨時対応の拡充について
  12. ^ “NHK BSの3チャンネル(BS103)で総合テレビ(石川向け)放送”. NHK NEWS WEB (NHK). (2024年1月11日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240109/k10014315041000.html 2024年1月11日閲覧。 
  13. ^ NHK、ニュース以外の総合テレビ番組も旧BS 103chで放送。12日午前4時から”. AV Watch (2024年1月11日). 2024年1月11日閲覧。
  14. ^ あさイチ「イチおし いいこと続々 納豆の菌力」”. NHKクロニクル (2010年10月11日). 2024年1月2日閲覧。
  15. ^ あさイチ<副音声は英語による地震関連情報>「地震関連情報」”. NHKクロニクル (2011年3月21日). 2024年1月2日閲覧。
  16. ^ 別冊 あさイチ おいしい闘技場決勝大会”. NHKクロニクル (2011年5月5日). 2024年1月2日閲覧。
  17. ^ 東京2020 12時間スペシャル→2020あさイチ「おとくの祭典!ぽちポチまつり」”. NHKクロニクル (2016年10月10日). 2024年1月2日閲覧。
  18. ^ あさイチ presents 小学生のお願いでサプライズスペシャル”. NHKクロニクル (2017年4月30日). 2024年1月2日閲覧。
  19. ^ あさイチ「プレミアムトーク 木村多江」”. NHKクロニクル (2010年8月6日). 2024年1月2日閲覧。
  20. ^ あさイチ「戦争ってなに?」”. NHKクロニクル (2013年8月6日). 2024年1月2日閲覧。
  21. ^ あさイチ「進む風化 子どもたちに戦争をどう伝える」”. NHKクロニクル (2014年8月6日). 2024年1月2日閲覧。
  22. ^ あさイチ「”つぶやき”から考える みんなの戦争」”. NHKクロニクル (2020年8月6日). 2024年1月2日閲覧。
  23. ^ あさイチ「おうちパーティー&緑茶特集」”. NHKクロニクル (2012年8月14日). 2024年1月2日閲覧。
  24. ^ あさイチ 夏の特別編「プレミアムトーク おかえりモネSP」”. NHKクロニクル (2021年8月10日). 2024年1月2日閲覧。
  25. ^ あさイチ 夏の特別編「クイズとくもり お手軽レシピ教えます!オートミールSP」”. NHKクロニクル (2021年8月13日). 2024年1月2日閲覧。
  26. ^ あさイチ 夏の特別編 教えて名店さんSP「極上ギョーザ」”. NHKクロニクル (2021年8月18日). 2024年1月2日閲覧。
  27. ^ 2010参院選 列島ドキュメント”. NHKクロニクル (2010年7月12日). 2024年1月2日閲覧。
  28. ^ 2012参院選 列島ドキュメント”. NHKクロニクル (2012年12月17日). 2024年1月2日閲覧。
  29. ^ 2013参院選 列島ドキュメント”. NHKクロニクル (2013年7月22日). 2024年1月2日閲覧。
  30. ^ 2014参院選 列島ドキュメント”. NHKクロニクル (2014年12月15日). 2024年1月2日閲覧。
  31. ^ 2016参院選 列島ドキュメント”. NHKクロニクル (2016年7月11日). 2024年1月2日閲覧。
  32. ^ 2017参院選 列島ドキュメント”. NHKクロニクル (2017年10月23日). 2024年1月2日閲覧。
  33. ^ 2017参院選 列島ドキュメント”. NHKクロニクル (2017年10月23日). 2024年1月2日閲覧。
  34. ^ ニュース「熊本で震度7」関連”. NHKクロニクル (2016年4月15日). 2024年1月2日閲覧。
  35. ^ 全波臨時ニュース<QFつき>「大阪で震度6弱」関連”. NHKクロニクル (1998年2月9日). 2024年1月2日閲覧。
  36. ^ ニュース「大阪で震度6弱」関連”. NHKクロニクル (2018年6月18日). 2024年1月2日閲覧。
  37. ^ ニュース「北海道で震度7(当初発表 安平町 震度6強)」関連”. NHKクロニクル (2018年9月6日). 2024年1月2日閲覧。
  38. ^ ニュース「北海道で震度7(当初発表 安平町 震度6強)」関連”. NHKクロニクル (2018年9月6日). 2024年1月2日閲覧。
  39. ^ ニュース「北海道で震度7」関連”. NHKクロニクル (2018年9月7日). 2024年1月2日閲覧。
  40. ^ ニュース「北朝鮮ミサイル」関連”. NHKクロニクル (2017年8月29日). 2024年1月2日閲覧。
  41. ^ ニュース「北朝鮮ミサイル」関連”. NHKクロニクル (2017年9月15日). 2024年1月2日閲覧。
  42. ^ 全波ニュース<QFつき>「北朝鮮弾道ミサイル発射」関連”. NHKクロニクル (2022年10月4日). 2024年1月2日閲覧。
  43. ^ ニュース「北朝鮮弾道ミサイル発射」関連”. NHKクロニクル (2022年10月4日). 2024年1月2日閲覧。
  44. ^ ニュース「北朝鮮ミサイル」関連”. NHKクロニクル (2023年5月31日). 2024年1月2日閲覧。
  45. ^ ニュース「ウクライナ情勢」関連”. NHKクロニクル (2022年2月25日). 2024年1月2日閲覧。
  46. ^ 国会中継「参議院予算委員会質疑」”. NHKクロニクル (2022年2月25日). 2024年1月2日閲覧。
  47. ^ ニュース「新元号発表」関連”. NHKクロニクル (2019年4月1日). 2024年1月2日閲覧。
  48. ^ NHK『あさイチ』で紹介するFAX選び 有働由美子アナも行うNEWSポストセブン,2014年8月21・28日号。
  49. ^ ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム(以下略)。
  50. ^ あさイチ快進撃、有働アナの年収”. ライブドアニュース. 2023年12月1日閲覧。
  51. ^ テレビ“午後ナマ戦争”勃発!~NHK新番組の可能性は……?~,鈴木祐司,2017年2月17日。
  52. ^ イノッチ&有働アナ卒業の新生『あさイチ』視聴率急降下!テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』に抜かれそう……”. 日刊サイゾー (2018年4月5日). 2023年12月1日閲覧。
  53. ^ テレビ朝日 5月全日帯視聴率1位タイ 5年ぶり快挙!王者・日本テレビ連続三冠阻止あと一歩 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年12月1日閲覧。
  54. ^ 週間高世帯視聴率番組10 VOL.23 2018年6月4日(月)- 6月10日(日)”. www.videor.co.jp. 2018年6月27日閲覧。
  55. ^ 週間高世帯視聴率番組10 VOL.24 2018年6月11日(月)- 6月17日(日)”. www.videor.co.jp. 2018年6月27日閲覧。
  56. ^ [2],日刊ゲンダイ,2020年10月6日。
  57. ^ 『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も…売れっ子オジサンにとってはいい休養!?”. 日刊サイゾー (2020年10月23日). 2023年12月1日閲覧。
  58. ^ 株式会社ビデオリサーチ. “VOL.47 2020年11月16日(月) - 11月22日(日|週間高世帯視聴率番組”. www.videor.co.jp. 2023年12月1日閲覧。
  59. ^ 『羽鳥慎一モーニングショー』2020年は初の年間横並びトップ 平日朝の激戦制す”. ORICON NEWS (2021年1月4日). 2023年12月1日閲覧。
  60. ^ 4月からの新生あさイチ テーマソングにYUKIが歌う「チャイム」あさイチ”. web.archive.org (2018年3月30日). 2023年12月1日閲覧。
  61. ^ TENDRE、新曲「SWITCH」がNHK『あさイチ』2022年度テーマ曲に決定Yahoo!ニュース,2022年3月25日。
  62. ^ 朝ドラ復活の立役者は「イノッチ」であった”. 2017年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月29日閲覧。
  63. ^ NHK「あさイチ」の朝ドラ感想に賛否 - ちょっぴりお得な生活豆知識:楽天ブログ”. 楽天ブログ. 2023年12月1日閲覧。
  64. ^ 有働由美子の「ごち受け」毎朝やるのは行き過ぎと女性作家”. NEWSポストセブン. 2023年12月1日閲覧。
  65. ^ NHK「マッサン」通訳の女性まで号泣!ツイッター上で広がった「朝ドラ受け」への注目”. 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月5日閲覧。
  66. ^ [あさイチ【JAPAなび 東京・墨田区】の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]”. web.archive.org (2016年10月18日). 2023年12月1日閲覧。
  67. ^ 『サイゾーウーマン』2010年4月24日付。
  68. ^ R25あさイチ「朝ドラ受け」減に落胆 2015年6月25日。
  69. ^ [3],AOL News,2015年10月21日。
  70. ^ 有働由美子アナ、朝ドラ食ったつけまつげ騒動平謝り”. 日刊スポーツ (2015年11月13日). 2016年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月7日閲覧。
  71. ^ 【紅白】「あさ」が来た!『あさイチ』コンビに感謝 有働アナ、つけまつげ“事故”謝る”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月31日). 2016年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月7日閲覧。
  72. ^ NHK今年初の「あさイチ」で朝ドラ受けなし 出演者の服装も黒系で世相反映か,東スポWEB
  73. ^ 同年1月12日放送分のみ2023年度下半期『ブギウギ』出演者・菊地凛子が「プレミアムトーク」のゲストであったため、朝ドラ受けを実施(「ブギウギ」茨田りつ子役の菊地凛子があさイチ生出演 朝ドラ「明るくていいなあと…」,日刊スポーツ,2024年1月12日)。
  74. ^ [4],アサ芸プラス,2013年10月7日。
  75. ^ プレミアムトーク 中園ミホ,goo
  76. ^ 北川悦吏子さんのツイート
  77. ^ 北川悦吏子氏、朝ドラ突然のプロポーズ理由呟く 反論の華丸には「直接話したい」,デイリースポーツ,2018年6月25日。
  78. ^ [5],livedoor NEWS,2014年12月19日。
  79. ^ [6],トピックニュース,2015年3月6日。
  80. ^ NHK有働アナ、生放送スタート直後に大泣きのワケ エリー役の通訳の女性も,ZAKZAK,2015年3月27日。
  81. ^ 有働アナ“朝ドラ受け”で涙 イノッチに催促「ハンカチは?」,スポーツニッポン,2015年12月18日。
  82. ^ 有働アナのきわどい“朝ドラ受け”発言にイノッチ話をそらす,スポーツ報知,2016年11月16日。
  83. ^ [7],トピックニュース,2015年6月12日。
  84. ^ “朝ドラ週5日プラン 物語見応えに影響?総局長「絶対にあり得ない」”. デイリースポーツ online. (2019年5月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/22/0012354847.shtml 2019年5月23日閲覧。 
  85. ^ “NHK 朝ドラ週5日化へ「検討も煮詰まっている」4Kでの制作が大きな要因”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/22/kiji/20190522s00041000215000c.html 2019年5月23日閲覧。 
  86. ^ “NHK朝ドラ週5日に短縮、働き方改革の流れで判断”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年7月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907240000524.html 2019年7月24日閲覧。 
  87. ^ 朝ドラ週5日で「あさイチ」“朝ドラ受け”どうなる?従来は土曜日が最終回 華丸「受けがないのが妙味」,スポーツニッポン,2019年7月24日。
  88. ^ 歴代朝ドラ「最終話受け」を比べてわかる『らんまん』の異様さ,堀井憲一郎,2023年10月9日
  89. ^ イヤ~なダニ&細菌 撃退SP,goo
  90. ^ 調理器具のスゴ技スペシャル,goo
  91. ^ あさイチ:海保香織CPに聞く 番組作りは「女性が知りたいことに攻めの姿勢で切り込む」,毎日新聞デジタル,2014年11月23日。
  92. ^ 女性セブン』2014年8月21・28日号。
  93. ^ 井ノ原 NHKの“制約”を無視 朝ドラ受けは「おばあちゃんのため」,スポーツニッポン,2016年6月5日
  94. ^ 当初は苦情&禁止令も,ORICON STYLE,2016年6月5日。
  95. ^ "朝ドラ受け"は「1人暮らしの祖母のため」- 禁止された時期も,マイナビニュース,2016年6月5日。
  96. ^ 井ノ原快彦“朝ドラ受け”始めたエピソードを披露,日刊スポーツ,2016年6月6日。
  97. ^ テレビ屋の声 - 第10回『あさイチ』河瀬大作CP、常識を壊し続ける朝の情報番組がNHKで誕生した理由,マイナビニュース,2016年10月25日。
  98. ^ 博多華丸・大吉、「あさイチ」で朝ドラ受けの引き継ぎに悩む胸中を告白…「やりたい気持ちもあるし…」,スポーツ報知,2018年3月30日。
  99. ^ 博多華丸・大吉の「あさイチ」スタート「違和感しかない」“朝ドラ受け”も,スポーツニッポン,2018年4月2日。
  100. ^ 博多華丸が語る「あさイチ」朝ドラ受けの裏側 10秒前に決定「漫才直前の舞台袖」「半分、青い。」に縁,スポーツニッポン,2018年9月24日。
  101. ^ 華丸、ついにBS「おしん」の朝ドラ受けも始める 大吉苦笑「時間差あるから」,デイリースポーツ,2019年11月12日。
  102. ^ ““朝ドラは木曜日に動く”「半分、青い。」急展開に博多華丸が「ムービングサーズデイ論」提唱 納得の声相次ぐ”. モデルプレス. (2018年5月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1768507 
  103. ^ 朝ドラ『半分、青い。』神回は月曜日にもってくる”. 女性セブン 2018年7月12日号. 小学館. p. 1. 2018年6月30日閲覧。
  104. ^ あさイチ「JAPA-NAVI 女性が暮らしやすい街!池袋」”. NHKクロニクル (2020年4月2日). 2024年1月12日閲覧。
  105. ^ 視聴者が求める“朝ドラ受け“とは何なのか SNSの発展とともに変化した約10年間の歩み,Real Sound,2022年8月2日。
  106. ^ 博多華丸が語る「あさイチ」朝ドラ受けの裏側 10秒前に決定「漫才直前の舞台袖」「半分、青い。」に縁,スポーツニッポン,2018年9月24日。
  107. ^ [8]
  108. ^ 華丸、生放送なくてもツイッターで朝ドラ受け 鈴の笑いと涙の生前葬に…,デイースポーツ,2019年3月28日。
  109. ^ ツイッターで朝ドラ受け「静観放送」13時ピッタリ ファン歓喜「明日以降も」,スポーツニッポン,2021年10月25日。
  110. ^ [9],ZAKZAK,2021年10月30日。
  111. ^ 視聴者が求める“朝ドラ受け“とは何なのか SNSの発展とともに変化した約10年間の歩み
  112. ^ 第6弾,goo
  113. ^ 爆笑問題が朝ドラ受けも…太田すぐに暴走「博多大吉です」「赤江さん見てる?」,デイリースポーツ,2019年4月30日。
  114. ^ 『朝の情報番組』NHKアーカイブス”. NHK(日本放送協会). 2017年8月28日閲覧。
  115. ^ [10],産経ニュース,2014年9月18日)
  116. ^ 大森南朋「あさイチ」出演で「まさか...」ちむどんどん賢三の容態と「噂」の関係,JCASTテレビウォッチ,2022年4月15日。
  117. ^ <朝ドラ、ネタバレ危機?「父」高橋克典トークに博多大吉が慌てまくる,JCASTテレビウォッチ,2023年11月13日。
  118. ^ 坂口健太郎 - NHK人物録
  119. ^ 博多華丸 - NHK人物録
  120. ^ 千鳥・ノブが令和のトップランナーになる?「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」2/2” (2019年5月8日). 2020年3月28日閲覧。
  121. ^ “鈴木奈穂子アナがあさイチに登場 次期MC、近江アナから紹介”. デイリースポーツ (株式会社デイリースポーツ). (2021年3月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/03/01/0014116170.shtml 2021年3月1日閲覧。 
  122. ^ NHK鈴木アナ、センバツでまさかの“順延” 各局朝の情報番組リニューアル 日テレ水トアナ「緊張で夜中に5回目が覚めた」”. 夕刊フジ (2021年3月29日). 2021年3月30日閲覧。
  123. ^ 鈴木奈穂子アナ、1日順延であさイチデビューも…初回テーマが“G”特集で大吉謝罪”. デイリースポーツ (2021年3月30日). 2021年3月30日閲覧。
  124. ^ V6井ノ原 NHK朝の顔に!有働アナとタッグ」毎日新聞(2009年2月5日)
  125. ^ [11],ORICON STYLE,2010年2月4日
  126. ^ “近江友里恵アナ「あさイチ」出演は今週いっぱい…「有休取得に入るので」”. デイリースポーツ (株式会社デイリースポーツ). (2021年3月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/03/01/0014116186.shtml 2021年3月1日閲覧。 
  127. ^ “NHK近江友里恵アナ『あさイチ』を笑顔で卒業 4月からは街作りの仕事に”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年3月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2186321/full/ 2021年3月5日閲覧。 
  128. ^ あさイチ卒業 藤原薫オフィシャルブログ 2021年3月10日
  129. ^ 放射線大丈夫?日本列島・食卓まるごと調査”. web.archive.org (2011年10月19日). 2023年12月1日閲覧。
  130. ^ あさイチ出演者・滝口幸広の「NHKは国営放送」発言を有働由美子アナが謝罪(2014年9月16日掲載)”. ライブドアニュース. 2023年12月1日閲覧。
  131. ^ [あさイチ【スゴ技Q やっぱり“使いよう!”はさみ徹底活用術】の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]”. web.archive.org (2016年10月25日). 2023年12月1日閲覧。
  132. ^ [あさイチ【どうすればいい!?子どもの食卓】の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]”. web.archive.org (2016年10月25日). 2023年12月1日閲覧。
  133. ^ 市原悦子がNHK番組で差別用語連発 有働アナ謝罪、視聴者からは擁護や評価の声”. J-CASTニュース (2015年6月23日). 2020年3月28日閲覧。
  134. ^ 市原悦子が「あさイチ」で放送禁止用語 有働由美子アナが謝罪(2015年5月22日掲載)”. ライブドアニュース. 2023年12月1日閲覧。
  135. ^ a b 8/26(月)放送「アッキー&ヤナギーがゆく!もっと知りたい沖縄・石垣島」石垣市議会の抗議決議について”. 2019年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月18日閲覧。
  136. ^ 利香, 高良 (2019年9月18日). “NHK「あさイチ」に抗議決議 石垣市議会 陸自配備計画「事実と異なる」”. 琉球新報デジタル. 2023年12月1日閲覧。
  137. ^ NHK『あさイチ』、夜の生放送に初挑戦”. ORICON NEWS (2014年6月18日). 2021年8月28日閲覧。
  138. ^ NHK、人気番組で漢方を取り上げる”. ケアネット (2012年2月20日). 2021年8月28日閲覧。
  139. ^ 家庭内別居スペシャル 【サブ企画】ごきげんドルチェ”. NHK (2014年8月11日). 2014年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月28日閲覧。
  140. ^ 夜だけど・・・あさイチ”. NHK (2014年12月27日). 2015年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月28日閲覧。
  141. ^ a b c 博多華丸・大吉が「あさナビ」キャスターに、東京2020大会の見どころ紹介”. お笑いナタリー (2021年7月16日). 2021年8月28日閲覧。
  142. ^ 生放送の字幕遅れ解決した「逆転の発想」パラ番組で導入”. 朝日新聞 (2021年8月19日). 2021年8月28日閲覧。
  143. ^ 広報局視聴者部 (2021年9月28日). “月刊みなさまの声 2021年8月”. 日本放送協会. pp. 3-4. 2021年9月29日閲覧。
  144. ^ 東京2020オリンピック あさナビ”. NHKクロニクル (2021年7月24日 - 8月5日). 2024年1月2日閲覧。
  145. ^ 東京2020パラリンピック あさナビ”. NHKクロニクル (2021年8月25日 - 9月3日). 2024年1月2日閲覧。

外部リンク 編集

NHK総合 平日午前の情報番組枠
前番組 番組名 次番組
生活ほっとモーニング
(1995年4月3日 - 2010年3月19日)
あさイチ
(2010年3月29日 - )
-
NHK総合 平日 8:15 - 9:00
連続テレビ小説
(1962年4月2日 - 2010年3月26日)
※8:15 - 8:30【15分繰り上げて継続】
NHKニュース
(1991年4月1日 - 2010年3月26日)
※8:30 - 8:35【30分繰り下げて継続】
生活ほっとモーニング
(1995年4月3日 - 2010年3月19日)
※8:35 - 9:25
あさイチ・第1部
(2010年3月29日 - )
-
NHK総合 平日 9:05 - 9:54
生活ほっとモーニング
(1995年4月3日 - 2010年3月19日)
※8:35 - 9:25
みんなの体操
(1999年10月18日 - 2010年3月25日)
※9:25 - 9:30【30分繰り下げて継続】
【月 - 木】きょうの料理プラス
(2007年4月2日 - 2010年3月17日)
【金】趣味の園芸プラス
(2007年4月6日 - 2010年3月19日)
※共に9:30 - 9:54
あさイチ・第2部
(2010年3月29日 - )
-