メインメニューを開く

あしたの風とひとつになって』(あしたのかぜとひとつになって)は、日本の楽曲。茨城県高萩市出身の江戸時代の地理学者・長久保赤水の銅像が、2012年高萩駅前に建立される記念として制作された[1]。作曲は赤水の遠縁に当たる高萩市在住の長久保徹とその知人であるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のトロンボーン奏者カール・ヤイトラーの共作、歌詞は一般公募されたものである[1]

JR東日本水戸支社は高萩市の依頼を受け、高萩駅発車メロディとして、2013年11月1日より使用している[2]

脚注編集

  1. ^ a b 長久保赤水像建立への道 - 長久保赤水先生銅像建立実行委員会(東京新聞記事よりの引用)
  2. ^ 発車メロディーの変更について(高萩駅) - 東日本旅客鉄道水戸支社プレスリリース(2013年10月31日)