メインメニューを開く

あしたへアタック!』は、1977年4月4日から同年9月5日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビアニメである。日本アニメーションフジテレビの共同製作。全23話。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

あしたへアタック!
アニメ
原作 神保史郎(原案)
佐藤昭司、別所孝治(企画)
監督 黒川文男
シリーズ構成 岡部英二
脚本 山崎晴哉、七條門、高橋二三
キャラクターデザイン 福田皖、奥山玲子
音楽 越部信義
製作 日本アニメーションフジテレビ
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1977年4月4日 - 1977年9月5日
話数 全23話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

概要編集

フジテレビが独占放送しているバレーボールワールドカップの日本初開催に合わせて企画されたオリジナルスポーツアニメで、『サインはV』の神保史郎が原案を担当した。本放送時のエンドカードには大会マスコットのバボちゃんが使われていた。

あらすじ編集

聖美々が所属する橘高校バレーボール部は、過酷な練習によって女子部員の1人が死亡するという痛ましい事故が起きて以来活動を停止させられていた。部の再建を夢見ている美々は、チームメイトで唯一残った杉原ゆかりとともに新入生の勧誘に乗り出すが、部に入ったのは初心者ばかりの1年生が3人、そして入部と引き換えに自分をキャプテンにしろと美々に要求してきた3年生の一条明日香だけだった。

とりあえず彼女たちの加入によって部員数が6人に達したバレー部は、生徒会執行部による廃部の危機を免れたものの、メンバーは初心者ばかりでコーチもいない、おまけに活動予算すらままならない部の問題に美々の苦悩は続く。

登場人物編集

聖美々とその家族編集

聖 美々(ひじり みみ)
- 小山まみ
本編の主人公。橘高校3年生にしてバレーボール部所属。バレーをこよなく愛し、高校生活の最後をバレーにかける。大人しいがバレーに対するパワー[要説明]は相当なもの。第14話からはキャプテンになる。口癖は「いたって快調!」。両親は既に亡く、祖母・加代の元に弟・露樹と共に引き取られている。髪型はセミロング。
聖 加代(ひじり かよ)
声 - 麻生美代子
美々と露樹の祖母。
聖 露樹(ひじり つゆき)
声 - 黒須薫
美々の弟。

橘高校バレーボール部編集

一条 明日香(いちじょう あすか)
声 - 吉田理保子
副主人公。3年生部員。バレーの腕は美々やゆかりに勝るとも劣らず[要検証]、なおかつ容姿端麗な美少女だが、傲慢で人間不信な性格、入部したのも「キャプテンにするなら」という理由だった。だがその性格の理由は中学2年の時、火事で母が焼死し、その時誰も母を助けなかったというものだった(このことは第11話で判明)。しかし美々の説得で優しい心を取り戻し、キャプテンを美々に譲ると、それ以後は三本柱の一角となる。髪形は金髪でロングだが、試合の時はポニーテールにする。
杉原 ゆかり(すぎはら ゆかり)
声 - 小宮和枝
3年生部員。現役バレー部員で、明日香が改心するまでは美々唯一の仲間。その後は三本柱の一角となる。個性的な部員の中では数少ないマトモ[要説明]だが、情報屋でもある。髪型はショートヘアで、両脇をバンドで束ねている。
西 すみえ(にし すみえ)
声 - 横沢啓子
1年生部員。バレーはズブの素人で、元々マネージャーになりたさに入部。部員の中では一番の小柄。髪型はゆかり以上のショート。
関谷 君子(せきや きみこ)
声 - 松金よね子
1年生部員。やはりバレーは素人で、死んだ部員の幽霊見たさにトミ子と入部したという変り種。なぜか落語が好き。身長はすみれ[誰?]より頭一つ分大きいが、やはり小柄。髪型はツインテール。
太田 トミ子(おおた とみこ)
声 - 青木和代
1年生部員。彼女もバレー素人。部員一の巨体を誇る。
原 大介(はら だいすけ)
声 - 井上真樹夫
橘高校の理科教師にして、バレーボール部コーチ。元は全日本チームの選手だったが、自らのスパイクで等々力という選手(現・林泉学園[要検証]バレー部コーチ)を再起不能にさせてしまったという暗い過去がある。普段は温厚で、暴力などを振るわない主義。

橘高校の生徒たち編集

嵐 三吉(あらし さんきち)
声 - たてかべ和也
3年生。柔道部キャプテンにして番長。バンカラで力自慢だが、正義感は強い。美々に気がある。
白木 ルミ(しらき るみ)
声 - 信沢三恵子
3年生。バスケットボール部キャプテン。バレー部が廃部した後にめきめき頭角を現すが、やがてバレー部の復活で嫉妬し[要説明]、美々たちバレー部員とは何かと対立する。明日香に勝るとも劣らない美少女だが、性格は陰険。髪型は茶髪にしてロング。
伏島 一郎(ふせじま いちろう)
声 - 神谷明
3年生。美々の憧れの人。

スタッフ編集

音楽編集

オープニングテーマとエンディングテーマの初出は1977年4月発売のシングル盤「あしたへアタック!」 (SCS-347) で、挿入歌の初出は同年7月発売の4曲入りコンパクト盤「あしたへアタック!」 (CH-44) である。いずれも日本コロムビアから発売された。オープニングテーマのタイトルは、作品名と違って感嘆符無しになっている。

主題歌編集

オープニングテーマ「あしたへアタック」
作詞 - 神保史郎 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子
テイチクのコンピレーション・アルバム『スポ根TVヒッツ!』に収録されているのは本放送版ではなく、テレビサウンズ合唱団によるカバー版である。
エンディングテーマ「バレーボールが好き」
作詞 - 神保史郎 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子
バレーボールに関連するものへの愛着を歌っている。

挿入歌編集

「美しい今日」
作詞 - 山川啓介 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子、ウィルビーズ
「会うのは明日」
作詞 - 山川啓介 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子

各話リスト編集

話数 サブタイトル 放送日
1 バレー部を廃止せよ! 4月4日
2 偽りのキャプテン 4月11日
3 たった一人の後援会 4月18日
4 潮風のサーブ 4月25日
5 心の中の蛇 5月2日
6 初出場をめざして 5月9日
7 恐怖の殺人スパイク 5月16日
8 試練の稲妻攻撃 5月23日
9 死闘! 美々 対 京子 5月30日
10 春季バレーボール大会開幕 6月6日
11 秘められた明日香の過去 6月13日
12 火をふく二段スパイク 6月20日
13 キャプテンの心 6月27日
14 激闘! 決勝戦 7月4日
15 竜踊りアタック! 7月11日
16 北海の雄! 大雪山学院 7月18日
17 光と影作戦の謎 7月25日
18 インターハイめざして! 8月1日
19 コートに迫る黒い魔手 8月8日
20 恐るべし! コンピューターバレー 8月15日
21 この一打にすべをかけて! 8月22日
22 苦しみと悲しみの優勝戦 8月29日
23 明日という青春のために 9月5日

放送局編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 河北新報』1977年11月14日 - 12月14日付朝刊、テレビ欄。
  2. ^ 日刊スポーツ』1977年4月20日 - 9月7日付、テレビ欄。
  3. ^ 『河北新報』1977年4月4日 - 9月5日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 福島民報』1978年3月21日 - 4月27日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『日刊スポーツ』1978年1月9日 - 1月13日付、テレビ欄。
  6. ^ 『日刊スポーツ』1977年9月15日 - 1978年2月16日付、テレビ欄。

外部リンク編集

フジテレビ系列 月曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ブロッカー軍団IV マシーンブラスター
(1976年7月5日 - 1977年3月28日)
あしたへアタック!
(1977年4月4日 - 1977年9月5日)
おれは鉄兵
(1977年9月12日 - 1978年3月27日)