あだち 勉(あだち つとむ、本名:安達 勉1947年8月1日 - 2004年6月18日)は、日本漫画家群馬県伊勢崎市出身。漫画家あだち充は実弟。

あだち 勉
本名 安達 勉
(あだち つとむ)
生誕 1947年8月1日
日本の旗 日本群馬県伊勢崎市
死没 (2004-06-18) 2004年6月18日(満56歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1964年? - 2004年
ジャンル 少年漫画ギャグ漫画
テンプレートを表示

目次

来歴編集

10代の頃より貸本漫画誌の読者コーナーに投稿を始める。才能が認められ高校生で貸本漫画家デビュー。高校卒業後に上京し広告会社でデザイナーとして働くが、プロを目指して漫画家としての活動を再開、『週刊少年サンデー』に短期連載された「タマガワ君」を見た赤塚不二夫からアシスタントに誘われフジオプロに参加[1]。赤塚門下四天王と称される[2]

その後、フジオプロを退職し弟のマネージャー兼アシスタントを務める。また片手間に経営者として新所沢で書店を経営していた。1998年平成10年)には赤塚と共に立川談志家元の落語立川流に門下生として入門を許され「立川雀鬼」を襲名。

2004年(平成16年)6月18日、胃がんのため死去した。享年56。

人物編集

  • 弟の才能を見抜き、漫画家にするために反対する両親を説得し上京させた恩人である。2人は兄弟仲がよく、あだち充は「バカあんちゃん」として慕っていた。
  • 根アカな性格からギャグ漫画を体現した人物と言われた。「飲む、打つ、買う」の三拍子揃った遊び人であり、あだちを弟子として可愛がっていた赤塚不二夫は、フジオプロを辞して弟のマネージャーに転身する際に再考を求めたほどだった。赤塚としては折角の高い画力を持っているのだから、辞めるのなら再度一本立ちをして欲しいと願っていたのだが、結局そのまま裏方を全うした形となった。
  • 麻雀が非常に強く、赤塚もあだちから麻雀を教わったと語っている(『ニャロメのおもしろ麻雀入門』池田書店)。
  • あだち充の『タッチ』における賢弟愚兄の設定は、あだち兄弟の漫画家関係を反映したという見方も存在する[3]

代表作編集

  • あばれ!!半平太参上(『デラックス少年サンデー』連載) - 相良俊輔原作のストーリー漫画。当時流行した番長物。
  • タマガワ君(『週刊少年サンデー』連載) - 野球ギャグ。
  • 二軍の3ちゃん(『中一コース』連載) - 「タマガワ君」と同様に巨人の二軍の選手である3ちゃんの野球生活を描くギャグ漫画王貞治中畑清などが実名で登場する。派生作品として「二軍のドンケツくん」「二軍の星ハンパ君」などがある。
  • 実録あだち充物語 - (『少年ビッグコミック増刊』連載、全1巻)弟について兄の視点から書いた作品。

師匠編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “「バカあんちゃん」の豪快人生…「タッチ」作者実兄 故安達勉氏、赤塚不二夫氏師事「増刊号の星」とうたわれ”. ZAKZAK. (2004年7月3日). オリジナル2004年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040703181128/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_07/g2004070302.html 2014年7月13日閲覧。 
  2. ^ サンデー毎日』(毎日新聞社2000年6月11日号 赤塚不二夫の連載「弔問対談 これでいいのか」にて、高井研一郎古谷三敏北見けんいちと共にこのように紹介された。
  3. ^ 『コミック・フィギュア王 平成版』ワールドフォトプレス、1999年

外部リンク編集