メインメニューを開く

あっちゃんとゆりしーのE☆2らじは、文化放送で放送していたラジオ番組。メディエイションが展開する美少女コンテンツ雑誌「E☆2(えつ)」の宣伝番組であり、『超進化系美少女コンテンツ推進ラジオ』と銘打っていた。

約一年間の放送後、時間帯移動に合わせてあっちゃんとゆりしーのえつらぢZにリニューアル。

目次

概要編集

パーソナリティ編集

コーナー編集

  • えつうしん
「E☆2」の編集、イラストレーター、作家をゲストに迎え「E☆2」の魅力を語ってもらうコーナー。
  • 後藤です
「E☆2」のマスコットガール、双子の女の子 えこつこ のお目付け役である謎のキャラクター、 後藤 の生態をリスナーから報告してもらうコーナー。
  • 羊くんならこたえてあげる
「E☆2」の連載「羊くんならキスしてあげる☆」にちなみ、パーソナリティー2人が、リスナーから送られた一般常識問題にそれぞれ回答するクイズコーナー。答えが分からなかったパーソナリティーは、リスナーやスタッフが決めたシチュエーションにそって「音だけキッス」を罰ゲームとして行わなければならない。
  • もえッスン
リスナーから送られてきた指令に、ゆりしー(落合)が誌上の女の子になりきって挑戦するコーナー。あっちゃん(榎本)は、ゆりしーが与えられた指令がクリアーできたかどうかを判定する。
  • コラボありしー
リスナーから寄せられた「〜といえば?」というお題に対して、パーソナリティー2人が「せーの」の掛け声の後に自分が想像した答えを言ってコラボ(一致)させるコーナー。一回一致させるごとにポイントが1つたまり、20ポイントたまったところで2人に2000円相当の「二人の希望をコラボした」商品をプレゼントして終了の予定だったが、後に1ポイントを1人100円相当としてポイントをため続けていくようになった。
  • えつこの部屋
音泉での配信にのみあったおまけコーナー。えつうしんに出演したゲストがいる場合はゲストトークの続きを、いない場合は雑談やふつおたで読まれなかったメールの紹介、「E☆2」本誌に寄せられたアンケートハガキの紹介などを行う。

終了コーナー編集

  • えつ本
パーソナリティー2人が、「E☆2」に掲載されている小説の内容を朗読するコーナー。後に、番組冒頭に2人がそれぞれ週代わりの交代で「E☆2」の小説だけでなく、好きな部分を読んでいく形式に変わった。
  • ご当地ガールお国言葉
「E☆2」のグラビア連載企画「日本全国ご当地ガール」にちなみ、日本全国の方言で、毎回出されるテーマに沿ったセリフを読み上げるコーナー。
  • えつスタシー
「E☆2」だけに、どんな時に悦に入るかを報告してもらうコーナー。

ゲスト編集

外部リンク編集