メインメニューを開く

あと1センチの恋』(原題: Love, Rosie)は、2014年イギリスドイツ合作の恋愛映画

あと1センチの恋
Love, Rosie
監督 クリスチャン・ディッター
脚本 ジュリエット・トウィディ
原作 セシリア・アハーン
『愛は虹の向こうに』
製作 サイモン・ブルックス
ロバート・カルツァー
製作総指揮 マーティン・モスコウィック
出演者 リリー・コリンズ
サム・クラフリン
音楽 ラルフ・ヴェンゲンマイアー
編集 トニー・クランストーン
制作会社 コンスタンティン・フィルム
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
ドイツの旗 コンスタンティン・フィルム
日本の旗 ファントム・フィルム
公開 イギリスの旗 2014年10月22日
ドイツの旗 2014年10月30日
日本の旗 2014年12月13日
上映時間 104分
製作国 イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
興行収入 $4,439,431[1] 世界の旗
4億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

あらすじ編集

結婚式の日、ロージーはスピーチをしながら、過去を回想する。

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳の時からの親友だった。二人はよく見た夢の話をしていた。成長した二人は、ハイスクールの卒業パーティに一緒に行く予定だったが、ロージーはグレッグ(クリスチャン・クック)に、アレックスはベサニーに、それぞれ誘いを受ける。ロージーは、童貞であることに悩むアレックスに恋の助言をし、それぞれの相手と出かけることになる。やがてアレックスは童貞を卒業し、ベサニーとの関係を包み隠さずロージーに明かしたため、ロージーは嫉妬し、困惑する。

卒業パーティーの夜、ロージーはグレッグと一夜を共にする。クラスの人気者のグレッグはイメージに反し童貞で、避妊に失敗してしまう。ロージーはアレックスに助けを求め、病院で処置を受けて事なきを得たかに見えた。その帰り道、二人は高校卒業後、アレックスはハーバード大学医学部に、ロージーはボストン大学への進学を約束する。ロージーの夢は、大学でホテル経営を学び自分のホテルを持つことだった。ところがロージーが妊娠してしまい、アレックスに打ち明けることなくイギリスに残る。こうして、相手を想う気持ちを二人とも言葉にできないまま離れ離れになる。

カトリックである彼女は中絶することはなく、出産後に里子に出し、半年遅れで大学進学を目指すこととする。しかし、生まれてきたケイティを抱きしめると、自分の手で育てることを決心する。旧友にも出産したことを打ち明けることはできない。そんなある日、出産を知ったアレックスが急遽帰省する。二人は彼らを取り巻く状況が大きく変化したことを悟る。

ボストンに戻ったアレックスは、クラスメートのサリーと交際しつつ、ケイティの父親代わりとして交流を続ける。5年が経ったころ、ロージーはホテルの清掃婦として働き始め、実家を出て自立する。一方、ベサニーもグラビアモデルとして、雑誌の表紙を飾っていた。ケイティは小学校に入学、ロージーに新しい恋人もでき、またアレックスもサリーと破局寸前の頃、アレックスはロージーに夢の話をし、会いたいとメールする。

ロージーは淡い期待をしつつ、アメリカに向かう。二人は一晩をパーティーで楽しみ、親密になりそうだが、アレックスは躊躇い、距離を縮められない。アレックスはロージーを自宅に連れていく。そこにはアレックスのパートナーであるサリーが待ち構え、完璧なディナーを出して、ロージーに嫌みな態度を取る。サリーは妊娠12週で、それを隠そうとしたアレックスにもヒステリックに苛立ち、ディナーを滅茶苦茶にする。皆で、展覧会を見に行くが、サリーは知り合いを見つけると、人脈を築くチャンスとばかりにアレックスを連れ回る。ロージーは呆れて会場を飛び出し、アレックスはそれを追う。

ロージーはアレックスは現実逃避をしたかっただけ、と叱りつけ、今の彼が惨めな状況に置かれていることを自覚させようとする。アレックスは反発し、二人の仲は決裂する。イギリスに帰ったロージーの元を、グレッグが訪ねてくる。相変わらず軽薄だが、ロージーとの約束通り、グレッグはケイティに優しくし、ケイティも実父に懐いていく。ロージーはセクシーなグレッグと関係を修復し、待つのは疲れた、と彼との結婚を決意する。だが、アレックスは式に参列しなかった。新生活の中、アレックスが破局したことを知り、またケイティにも幼馴染の男友達トビーができていた。サリーは出産するが、傍らには新たな恋人がいた。

さらに数年後、両親は地中海へ旅立ち、勤務先のホテルにはスターになったベサニーが滞在することになった。ロージーはベサニーに、アレックスと連絡をするよう勧める。ほどなく父親が急死し、埋葬にはアレックスも駆けつける。父親の死を悲しむロージーに対し、グレッグは軽薄で思いやりのない態度を取り、アレックスは強く心配する。渡米前に「もっと深く愛されるべき」だと、手紙を送ったが、その手紙を見つけたグレッグは隠蔽し、生前の父親からの手紙だけを手渡す。ロージーは父からの手紙を読み、自分のホテルを持ちたい、という夢を大切にする気持ちが甦る。一方、アレックスに対しても、今が幸せだと告げる。

数か月後、ロージーはグレッグの不貞の疑惑を押さえ、現場のホテルに向かいグレッグを殴りつけて離別を決意する。家の中からグレッグに関するものをすべて処分する中で、隠された手紙を見つける。手紙の末尾には「今なら君を幸せにできる」だった。ロージーは慌ててアレックスに電話すると、ベサニーが出てしまう。すでに二人は婚約し、ロージーは花婿付添人を依頼される。悪天候で遅延する中、ロージー一行が到着すると、ちょうど二人は結婚式を挙げたところだった。

…かくして、物語冒頭のスピーチは一段落し、ロージーは「友情がお互いの人生を輝かせた」と、友人・兄弟としての愛情を伝えてスピーチを結ぶ。パーティーの終盤、ケイティが失踪し、アレックスとロージーは彼女を探す。ケイティはトビーにキスされたことに困惑して、悩んでいた。しかし、アレックスは、彼を拒むと、彼は他の女の子と一緒になってケイティを忘れる、乗り越えるためだけに必死になってしまうとアドバイスする。ケイティは、謝るトビーにキスで応え、二人はより強い絆で結ばれる。アレックスはロージーが酔いつぶれた18歳の夜、初めてキスしていたのだった。それは失敗に終わり、ロージーを乗り越える為に完璧な女性と幸せにならねば、と苦しんできたことを明かす。

しばらくして、ロージーは海辺の邸宅をホテルとして開業する。開業パーティーの最中、ホテルに宿泊客が訪れる。2番目の客はアレックスだった。アレックスが来るときに見た夢の通り、二人は長い旅の最後に、長年言えずに心の奥底にしまい込んでいた気持ちを告白した。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

参考文献編集

  1. ^ Love, Rosie (2015) - Box Office Mojo” (英語). Box Office Mojo. 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 45頁

外部リンク編集