あなご飯
「うえの」の「穴子飯」弁当

あなご飯(あなごめし)とは瀬戸内地域の郷土料理

概要編集

  • 本来は、瀬戸内の漁師料理が発祥とされる。
  • アナゴ1月中旬と。特に1月中旬のものが最高と言われている。
  • 瀬戸内のアナゴを蒲焼き(地域によっては煮穴子で提供する店舗もある)にし、「うな丼」のように盛りつけて食べる。
  • 駅弁としても有名で、宮島口駅広島駅岡山駅高松駅新山口駅などで購入可能。特に、宮島口駅近くの「うえの」では駅弁の種類を増やさず、「穴子飯」[1]弁当一本で商売を行っている事で知られる。上野他人吉が、宮嶋駅(明治30年開通)の駅売弁当として販売したのがはじまり[2]。昔から、地元地御前で、網でなく一本釣りで釣れた穴子だけを直接漁師から買い付けている。
  • 姫路駅で明治21年創業の「まねき食品」でも駅弁「あなごめし」を昭和の頃から販売している[3]

作り方編集

  • まず、アナゴをウナギと同様に背開きにして、中骨、頭、尾、ひれを取って捌く。
  • 金串に刺して白焼きにした後、砂糖醤油みりん日本酒を煮詰めた甘辛いたれを塗り、照りが出るまで焼く(地域によっては捌いた後に、甘辛いたれで煮る煮穴子で提供する店舗もある。また、煮穴子を炙った炙りとして提供する店舗もある。)。
  • 途中、何度もたれを塗りながら焼き、3cm程度に切る。
  • は、たれを少し加えて炊きあげ、によそい、焼き上げたアナゴを載せれば出来上がり。飯にアナゴを混ぜ込む作り方もある。
  • 生姜甘酢漬けを添えるところもある。

脚注編集

  1. ^ 社名・のれん・看板・Web等は仮名で「あなごめし」だが、駅弁梱包紙の表記は漢字で「穴子飯」。
  2. ^ 「あなごめしうえの」公式web
  3. ^ 「まねき食品」公式web(まねき食品ヒストリー)

関連項目編集