メインメニューを開く

あなろぐ an@log』は、2006年10月7日から2011年3月5日まで岩手めんこいテレビで毎週土曜日に放送されていた生放送生活情報番組ハイビジョン制作。

あなろぐ an@log
ジャンル 生活情報番組
出演者 大久保涼香
玉井新平
ふじポン
制作 岩手めんこいテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2006年10月7日 - 2011年3月5日
放送時間 土曜 12:00 - 13:00
放送分 60分
テンプレートを表示

概要編集

番組タイトルはアナウンサーログに由来する[1]。番組コンセプトは前身の『空飛ぶ三輪車』とほぼ同じで、岩手県内の衣食住やファッション、イベントなどの情報を中心に東京周辺の情報も伝える。店舗紹介VTRや特集コーナーなどを出演者のトークで紹介し、中継リポートを挟んだ構成となっている[2]

2008年4月5日の放送からハイビジョンでの放送を開始し、司会陣を入れ替え、同社報道スタジオから放送を行う[3]などのリニューアルを行った。

前身番組の『空飛ぶ三輪車』同様、年に数回「スペシャル」として30分間延長し、インフォマーシャルを数本放送するほか、毎年12月31日には「大晦日スペシャル」と題して、3時間程度の特別番組を放送していた。

当初は2011年3月26日に最終回を迎える予定だったが、同年3月11日に発生した東日本大震災の影響で、3月12日以降の放送は報道特別番組に差し替えられ、同年3月5日の放送が実質的な最終回となった[4]

放送時間編集

  • 毎週土曜日 12:00 - 13:00(スペシャル版の場合は13:30まで拡大)

主なコーナー編集

  • あな場 - 司会や同局アナウンサーが自ら出向いて飲食店を紹介する。
  • びゅうエクスプレス - 東京周辺の魅力を伝える。日曜に放送しているミニ番組をそのまま放送。
  • 中継 - 県内(県外もあり)のいろいろな店やイベントに出向き、お得な情報を伝える。
  • あなろぐシアター - 映画情報。
  • あなぶみ - 視聴者からのお便り(葉書、FAX、メール)紹介。
  • あな服 - 司会者の着る衣装と提供した店の紹介。
  • あなろぐ玉手箱 - 岩手県からのお知らせなど、短い情報をテンポ良く伝える。
  • THE 20 - 2010年10月から始まった、めんこいテレビ開局20周年記念企画。一般参加を受け付け、南部煎餅の早食いを競う。
  • 新平の部屋、さやかの部屋 - MCがそれぞれ単独でお得情報を伝える。
  • みんなの岩手競馬 - 岩手競馬の情報をふじポンがバラエティ仕立てで伝える。
  • 8ちゃん体操 - 番組オリジナルの体操を、番組専属の「体操のお兄さん・お姉さん」と一緒に踊る。参加者はグループ単位で公募しており、幼稚園・保育園児やサークル、店舗の従業員などが登場。
  • あなめし - 県内の料理店を紹介。
  • マイロー姫の元気発見伝 - 「マイロー国」の姫・フジポンヌ(ふじポン)が執事(大久保涼香)とともに岩手の健康なもの、元気なものを紹介するコーナー。コーナー最後に、一般人含む出演者が「マイロー国歌」をBGMにオリジナル体操を踊る。

出演者編集

司会
  • 大久保涼香(当時めんこいテレビアナウンサー)
  • 坂口奈央(当時めんこいテレビアナウンサー。2006年10月 - 2008年9月)
2008年4月~9月はスタジオを出て中継を担当したが、番組上はメイン司会扱いであった。
  • 佐々木敦夫(2007年4月 - 2008年3月、2007年3月まではレポーター)
  • 松井実那子(2008年4月 - 2009年3月)
  • 七瀬龍一(歌手・音楽プロデューサー。ナレーター兼務、2009年4月 - 9月)
  • 玉井新平(当時めんこいテレビアナウンサー。2009年10月から担当)
  • 工藤淳之介(当時めんこいテレビアナウンサー。2010年大晦日スペシャル担当)
レポーター
  • 清心(びゅうエクスプレス担当。2007年9月まで)
  • 櫻ひろ子(専属レポーター、生中継担当。2008年3月まで)[5]
  • 瓜田華菜子(「ウリータ」名義、生中継担当。2008年10月 - 2009年11月)
  • ふじポン(元気発見伝、岩手競馬コーナー担当ほか)
2009年12月からは生中継も担当。
コメンテーター

2007年3月まで週替わりで出演、それ以降は不定期に出演。

  • 山手寛嗣(獣医)
  • 李可為(食品会社社長)
  • 久慈浩介(清酒醸造会社「南部美人」蔵元)
  • 水元仁史(飲食店経営)

ほか

テーマ曲編集

  • TRIPLANE(番組のための書き下ろし曲、未発売)

その他編集

  • 2010年5月15日の放送はIBC岩手放送とのコラボレーションで、じゃじゃじゃTVと一部の出演者を交換して放送を行った。午後から放送された特別番組「じゃじゃろぐ@緑が丘ヒルズ」では2局で同時生放送を行った。

脚注編集

  1. ^ 番組公式サイト - あなろぐとは
  2. ^ 番組独自の取材や、バラエティ仕立てのコーナーもあったが、徐々に減少していった。
  3. ^ 同局には報道スタジオ以外にスタジオがないため、ニュース用のセットの脇にスタジオセットをしつらえて放送している。リニューアル以前は、番組専用のスタジオセットを作らず、「アトリウム」と呼ばれる局舎内ホールや、報道スタジオ、会議室、吹き抜けを望む廊下など、局舎内のさまざまなスペースを週替わりで使用していた。
  4. ^ 2011年3月26日に同時間帯で放送された報道特別番組内で司会を務めた大久保涼香から番組終了が告知された。また、番組ウェブサイトでも、大久保、玉井両アナウンサーから番組終了と退社の挨拶が動画でなされた。
  5. ^ のちに盛岡市議会議員。

外部リンク編集

岩手めんこいテレビ 土曜日の情報番組
前番組 番組名 次番組
あなろぐ an@log