メインメニューを開く

あの橋の畔で (1972年のテレビドラマ)

あの橋の畔で』(あのはしのたもとで)は、日本テレビ系の月曜スター劇場で、1972年1月31日から1972年6月5日まで放送されたテレビドラマ松竹制作、全19話[1][2]

あの橋の畔で
ジャンル テレビドラマ
原作 菊田一夫
脚本 津田幸夫(津田幸於)
長谷川公之
出演者 近藤正臣
大谷直子
御影京子
津川雅彦[1][2]
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1972年1月31日 - 1972年6月5日
放送時間 月曜21:00 - 21:56
放送枠 月曜スター劇場
放送分 56分
回数 19
テンプレートを表示

概要・内容編集

若手建築家の菅野光晴は大学の卒業を待って、建設会社に勤めるOLの新村葉子と結婚の約束をしていた。ところが、光晴は不慮の事故に巻き込まれて記憶喪失になってしまう。この先には葉子にとって厳しい試練が待ち構えていた[2]

キャスト編集

[1][2]

スタッフ編集

[1][2]

  • 脚本:津田幸夫(津田幸於)、長谷川公之
  • プロデューサー:上条孝美、早川恒夫(日本テレビ)、溝口至
  • 原作:菊田一夫
  • 制作会社:松竹
  • 音楽:池田正義
  • 撮影技術:平瀬静雄
  • 美術:出川三男

主題歌編集

放送日程編集

参照:『河北新報』1972年1月31日 - 1972年6月5日付朝刊、テレビ欄。

話数 放送日 サブタイトル
1 1972年
1月31日
春遠ざかる
2 2月7日 愛して、哀し…
3 2月14日 うず潮の流れに
4 2月21日 哀しきめぐり逢い
5 2月28日 さすらいの旅路
6 3月6日 慕情の祈り
7 3月13日 よみがえる日々
8 3月20日 運命きびしく
9 3月27日 別れに愛を
10 4月3日 妻の座むなしく
11 4月10日 離愁のかげに
12 4月17日 茨の道は遠く
13 4月24日 愛と憎しみの中で
14 5月1日 愛すればこそ
15 5月8日 真実をもとめて
16 5月15日 逢いよればなお
17 5月22日 無情の淵に
18 5月29日 限りある身を
19 6月5日 慟哭の彼方に

脚注編集

関連項目編集

日本テレビ系列 月曜スター劇場
前番組 番組名 次番組
つくし誰の子
(第1シリーズ)
あの橋の畔で
つくし誰の子
(第2シリーズ)