メインメニューを開く

あま市七宝焼アートヴィレッジ

愛知県あま市にある七宝焼をテーマにした施設

あま市七宝焼アートヴィレッジ(あまししっぽうやきアートヴィレッジ)は、愛知県あま市にある七宝焼をテーマにした総合施設である[4]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg あま市七宝焼アートヴィレッジ
SHIPPO ART VILLAGE
Shippo Art Village-20150201.jpg
広場側からの全景(2015年2月)
あま市七宝焼アートヴィレッジの位置(愛知県内)
あま市七宝焼アートヴィレッジ
愛知県内の位置
施設情報
前身 七宝町七宝焼アートヴィレッジ[1]
専門分野 七宝焼
管理運営 あま市[2]
延床面積 3,219.41m2[3]
開館 2004年4月
所在地 497-0002
日本の旗 日本 愛知県あま市七宝町遠島十三割2000
位置 北緯35度11分1.21秒 東経136度47分57.31秒 / 北緯35.1836694度 東経136.7992528度 / 35.1836694; 136.7992528座標: 北緯35度11分1.21秒 東経136度47分57.31秒 / 北緯35.1836694度 東経136.7992528度 / 35.1836694; 136.7992528
外部リンク http://www.shippoyaki.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
尾張七宝

概要編集

約180年の歴史を持つ七宝焼きについて「見て」・「触れて」・「学んで」・「体験」できる施設として[4][5]2004年平成16年)4月に開館[6]2010年(平成22年)3月22日、七宝町美和町甚目寺町と合併してあま市が発足するのに伴い「七宝町七宝焼アートヴィレッジ」から現在の名称に改めた[1]

当施設は、導入ゾーン・作品展示ゾーン・七宝焼体験ゾーン・動態展示ゾーンの4つのゾーンからなる「七宝焼ふれあい伝承館」と「ふれあい広場」で構成されており[4]、ふれあい伝承館では七宝焼の作品や道具の展示のほか、七宝焼生産者協同組合の職人が交代で実演や体験教室などを行っている[7]。また、ふれあい広場には散策路が整備され利用者の交流の場となっている[4]

2019年令和元年)6月1日には第70回全国植樹祭に伴う愛知県訪問の一環として、今上天皇皇后が訪れた[8]。同年5月1日即位後、地方への行幸啓で初めて訪れた場所である[9]

交通アクセス編集

出典編集

  1. ^ a b 公共施設等の名称が変わります」『七宝・美和・甚目寺町 合併協議会だより』平成22年1月号、七宝・美和・甚目寺町合併協議会事務局、2011年3月22日、 5頁。
  2. ^ 七宝焼アートヴィレッジ”. あま市. 2015年6月26日閲覧。
  3. ^ 検討対象施設に関する基本情報(施設名等) (PDF)”. あま市. 2015年6月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 施設案内”. あま市七宝焼アートヴィレッジ. 2015年6月26日閲覧。
  5. ^ あま市七宝焼アートヴィレッジ”. 愛知 産業観光ナビ. 2015年6月26日閲覧。
  6. ^ あま市(七宝町)”. あいちフレンドシップ交流アルバム. 2015年6月26日閲覧。
  7. ^ 七宝町七宝焼生産者協同組合”. あま市. 2015年6月26日閲覧。
  8. ^ 両陛下が七宝焼に感心 あま訪問”. 中日新聞社. 2019年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  9. ^ 天皇皇后両陛下のご日程 令和元年(5月 - )”. 宮内庁. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  10. ^ a b c 施設案内「七宝焼アートヴィレッジ」”. あま市. 2015年6月26日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集