メインメニューを開く
堂島大橋より中之島を望む
(左手前に大阪国際会議場、奧に住友病院が見える)

あみだ池筋(あみだいけすじ)は、大阪市内を南北に走る幹線道路の愛称。

概要編集

区間は北区大淀中2交差点(十三筋交点)から浪速区芦原橋駅北交差点(新なにわ筋交点)までの約5.4km。幅員12(約21.8m)。西区北堀江3丁目において道路愛称の由来となった和光寺(通称:あみだ池)の西を通る。

歴史編集

西側を並走する新なにわ筋および東側を並走するなにわ筋と比べると狭い道路だが、戦前はあみだ池筋と四つ橋筋下船場堀江における二大南北幹線で、大阪市電の敷設に伴い拡幅・新設された経緯を持つ。

あみだ池筋を走る大阪市電の各路線は1968年(昭和43年)10月1日をもって廃止されている。

沿線情報編集

交差する道路編集

関連項目編集