メインメニューを開く

ある公爵夫人の生涯』(あるこうしゃくふじんのしょうがい、The Duchess)は、2008年のイギリス映画アマンダ・フォアマンによるデヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュの伝記小説を映画化した作品。

ある公爵夫人の生涯
The Duchess
監督 ソウル・ディブ
脚本 ソウル・ディブ
ジェフリー・ハッチャー
アナス・トーマス・イェンセン
原作 アマンダ・フォアマン
製作 ガブリエル・ターナ
マイケル・クーン
製作総指揮 フランソワ・イヴェルネル
キャメロン・マクラッケン
クリスティーン・ランガン
デヴィッド・M・トンプソン
キャロリン・マークス=ブラックウッド
アマンダ・フォアマン
出演者 キーラ・ナイトレイ
レイフ・ファインズ
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 ギュラ・パドス
編集 マサヒロ・ヒラクボ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ヴァンテージ
日本の旗 パラマウント映画
公開 イギリスの旗 2008年9月5日
アメリカ合衆国の旗 2008年9月19日
日本の旗 2009年4月11日
上映時間 110分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $43,306,325[1]
テンプレートを表示

第81回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞、美術賞ノミネート。

目次

ストーリー編集

18世紀後半の英国。貴族出身のジョージアナ・スペンサーは17歳という若さで名門貴族のデヴォンシャー公爵のもとに嫁いだ。結婚後、社交界の華として注目を集めるが、デヴォンシャー公爵とは愛のない生活を送っていた。

キャスト編集

主な受賞編集

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ The Duchess”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月12日閲覧。

外部リンク編集