ある女の存在証明

ある女の存在証明』(あるおんなのそんざいしょうめい、: Identificazione di una donna)は、1982年イタリア映画である。

ある女の存在証明
Identificazione di una donna
監督 ミケランジェロ・アントニオーニ[1]
脚本 ミケランジェロ・アントニオーニ
トニーノ・グエッラ
ジェラール・ブラッシュフランス語版
製作 ジョルジョ・ノチェッラ
アントニオ・マクリ
製作総指揮 アレッサンドロ・フォン・ノルマン
出演者 トーマス・ミリアン
ダニエラ・シルヴェリオ
クリスティーヌ・ボワッソン
ララ・ウェンデル
音楽 ジョン・フォックス
撮影 カルロ・ディ・パルマ
配給 日本の旗 日本 シネセゾン
公開 日本の旗 1986年6月7日
上映時間 130分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ストーリー編集

新作のヒロインのイメージが浮かばず迷っている映画監督ニコロを主人公に、彼の経験する愛と別れの模様を描いたラブ・ロマンス。

キャスト編集

受賞歴編集

第35回カンヌ国際映画祭において、35周年記念賞(ミケランジェロ・アントニオーニの業績に対して)を受賞した。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

外部リンク編集