メインメニューを開く

いかだばえ(いかだばゑ、筏鮠[1])は、岐阜県長良川流域(主に中流域)の郷土料理。地元で白ハエと呼ばれるオイカワを加工した佃煮である。

名称は、岐阜県の奥美濃地方の材木をに組んで長良川を搬出していたころ、中流域の係留所に置いてある組んだ材木(筏)の下に白ハエが群がり、筏のように列をなして泳いだことによるという[2]

脚注編集

  1. ^ 1901年制作の「岐阜県地理唱歌」の8番の歌詞には、この漢字が当てられている(岐阜県地理唱歌近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 全国うまいもの[岐阜県] - 関西調理師永朋舎