メインメニューを開く

いけちゃんとぼく』は西原理恵子による絵本作品と同名実写映画である。

文芸雑誌『野性時代』誌上にて「ぼくの わたしの まえのこと。」の題名で連載された。連載期間中の扱いは漫画だった[1]

2009年6月20日には実写映画が公開された。

目次

概要編集

連載中は漫画として扱われていたが[1]2006年9月1日角川書店より絵本として出版された。絵本としての装丁以外には絵柄や内容は他の西原作品(漫画)との明確な違いはないが、連載時に母親の不倫を描いた回は絵本では未掲載となっている。漫画家である西原理恵子にとって、本作品は初めての絵本作品となる。

不思議な生き物「いけちゃん」誕生のいきさつは、作者の息子の落書きが元である。「いけちゃん」は、作者の息子のIC (imaginary companion, 想像上の友人)を元に作られたキャラクターであるとの見解もある[2]フジテレビ系列ザ・ベストハウス123」で雑誌『ダ・ヴィンチ』の編集長に紹介され、絶対泣ける本第1位に選ばれた[3][4]

初出
「ぼくの わたしの まえのこと。」『野性時代』No.5-8,12-20,27-30、角川書店

あらすじ編集

ふしぎな生き物「いけちゃん」とぼくは、ぼくが物心ついたときから一緒にいる。ぼくにはいけちゃんの正体は分からないが、いつもなんとなく傍にいてぼくのことを見守ってくれる。いけちゃんはうれしいことがあると数が増え、困ると小さくなり、ぼくが女の子と仲良くすると真っ赤になって怒り出す。ぼくはそんないけちゃんが大好きだった。18歳になり初めての恋をしてから、ついにいけちゃんの姿が見えなくなってしまった。

実写映画編集

いけちゃんとぼく
監督 大岡俊彦
脚本 大岡俊彦
製作 「いけちゃんとぼく」製作委員会
製作総指揮 井上文雄
出演者 深澤嵐
ともさかりえ
萩原聖人
蒼井優(声の出演)
音楽 川嶋可能
主題歌 渡辺美里「あしたの空」
撮影 藤石修
編集 上野聡一
配給 角川映画
公開   2009年6月20日
上映時間 107分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2009年6月20日に大岡俊彦監督による実写映画が全国公開。配給は角川映画。オールロケで、西原理恵子の故郷でもある高知県で撮影が行われた。

実写作品であるが、いけちゃんだけはフルCGで描かれており声を蒼井優が担当した。

キャスト編集

ヨシオ(ぼく):深澤嵐
哲学的な思考で精神的には誰よりも大人だが、暗い場所や幽霊を怖がるなど子供らしさもある。感受性が高く、他人が見えないものが見える。地元の生まれだがポリシーで標準語を話す。9歳。
美津子:ともさかりえ
ヨシオの母。パートで働きながら家計を支える。しっかり者だがか弱い一面もある。35歳。
茂幸:萩原聖人
ヨシオの父。気は弱いが威勢だけはいいヘタレ。愛人がいる。35歳。
清じい:モト冬樹
牛乳屋で実は空手の達人。ヨシオに空手を教える。65歳。
みさこ:蓮佛美沙子
隣に住むヨシオの初恋のお姉さん。絵に描いたような清純な少女だったが、彼氏の影響により金髪のギャルへと変貌する。17歳。
ミサエ:蓮佛美沙子(二役)
大学生になったヨシオが出会った同級生。みさこに瓜二つ。18歳。
哲:柄本時生
みさこの彼氏で金髪のヤンキー。ある夜、みさこと駆け落ちする。23歳。
友人:江口のりこ
母のパートの同僚。
たけし:上村響
いじめっ子その1。図体がでかく、を武器にヨシオを殴る。
ヤス:村中龍人
いじめっ子その2。抜群のコントロールで石をヨシオにぶつけてくる。
トモ:中村凛太郎
友人その1。逃げ足が速い。
マツ:白川裕大
友人その2。やはり逃げ足が速い。
きょうちゃん:窪田傑之
ヨシオの同級生で、まずいうどん屋の息子。ヨシオと友達になりたくて何でも言うことを聞く。
みき:宮本愛子
ヨシオの同級生で、みさこの妹。いじめられているヨシオを気にかけているが、恋愛感情はない。
親戚のおばさん1:山田スミ子
親戚のおばさん2:西原理恵子
親戚のおばさん3:たくませいこ
学校の先生:ちすん
老人のヨシオ:峯のぼる
晩年のヨシオ。人々から愛され、最期の数年は池子と幸せな日々を過ごす。
大学生のヨシオ:池松壮亮
親元を離れ一人暮らしを始める。いけちゃんはもう目に見えないが、存在はなんとなく感じる。18歳。
あずき洗い岡村隆史
ヨシオが山で出会った妖怪。岡村は妖怪大戦争でも小豆洗いを演じたが、本作とは肌や服の色、指の本数などが異なる。
池子:吉行和子
ヨシオが晩年に出会った最後の恋人。60歳。
いけちゃん:蒼井優(声の出演)
ヨシオにしか見えない謎の生物。神出鬼没で大きさも形も体色も変幻自在。ヨシオの事を優しく見守るが、ヨシオが内心気にしている事をはっきりと言うことも多い。困ると体が豆粒サイズになり、怒ると岩のように硬く真っ赤になる。女性である。

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b 角川書店「『野性時代』5号 バックナンバー情報」、2009年3月31日閲覧
  2. ^ Dr 林のこころと脳の相談室 「【2044】5歳の娘の幻聴
  3. ^ 2007年5月9日放送分。フジテレビ「『ザ・ベストハウス123』番組公式ホームページ 過去のBEST3」、2009年3月31日閲覧
  4. ^ 角川書店「いけちゃんとぼく/西原理恵子 特集ページ」、2009年3月31日閲覧

外部リンク編集