メインメニューを開く

いしいしんじ1966年[1]2月15日 - )は作家。本名、石井慎二[2]大阪府大阪市出身[1]万代池のそばで生まれる。男4人兄弟の次男。幼児生活団を経て、大阪府立住吉高等学校[要出典]京都大学文学部仏文学科卒業[1]京都市在住。既婚、1男あり。身長181cm、体重65kg。

人物編集

父は塾講師で、5歳の時に話を書き始めて歌をつくる。高校生の頃に画家を志すが知人から止めたほうがいいと言われ、東京芸術大学を受験するも不合格となり京都大学へ進学し、卒業後にリクルートで雑誌編集に従事[1]した。

いわゆる奇人で、「シーラカンスの刺身を食べてみたい」と思い立ち勤務先を休み、シーラカンスの刺身を求めてコモロを訪れる。旅行で書き溜めた日記が注目を集め、著述活動を始めて退職する。自身の小説に挿絵を書くことも多いが、イラストレーターではないと述べる。

炊き出しを目当てに公園で寝泊りしながら隅田川のそばで13年過ごした後に、三浦市松本市、三浦市を経て2010年2月から京都市に在住する。カメラマンの石井孝典は双子の弟にあたる。

ペンネームが「いしいしんじ」とひらがな表記である理由は、特にない、としながらも、5歳で書いた処女作が「いしいしんじ」表記だったことに因るとしている。

自己所有の蓄音機を、「コロちゃん」(ポータブル型)、「ワンちゃん」「ムーンブーツ君」(家具サイズの大型)などと名づけて、とても可愛がっている。

レコード収集、歌舞伎観劇、茶道表千家(1999年から)、落語鑑賞(但し笑点メンバーは除く)を趣味とし、赤塚不二夫天才バカボン』などを愛読し、バカボンのパパを理想の人間として目標にしている。

略歴編集

  • 1994年 『アムステルダムの犬』で表現活動を始める。
  • 2003年 『麦ふみクーツェ』で第18回坪田譲治文学賞を受賞する。
  • 2004年 『プラネタリウムのふたご』が第17回三島由紀夫賞候補となる。
  • 2004年8月8日 婚姻する。
  • 2006年 『ポーの話』が第19回三島由紀夫賞候補となる。
  • 2007年 『みずうみ』が、第20回三島由紀夫賞、第29回野間文芸新人賞それぞれの候補となる。
  • 2009年 『四とそれ以上の国』が第22回三島由紀夫賞候補となる。
  • 2010年10月 長男が誕生する。
  • 2012年 『ある一日』が、第25回三島由紀夫賞候補となり、第29回織田作之助賞大賞を受賞する。
  • 2016年 『悪声』が、第29回三島由紀夫賞候補となり、第4回河合隼雄物語賞を受賞する。

作品リスト編集

小説編集

  • 『アムステルダムの犬』講談社、1994 
  • 『なきむしヒロコちゃんはかもしれない病かもしれない』講談社、1995 
  • 『とーきょーいしいあるき』東京書籍、1996 「東京夜話」新潮文庫 
  • 『シーラカンス』(しみずたかひこ版画)金の星社、1997 
  • ぶらんこ乗り理論社、2000 のち新潮文庫 
  • トリツカレ男ビリケン出版、2001 のち新潮文庫  
  • 『麦ふみクーツェ』理論社、2002 のち新潮文庫  
  • 『プラネタリウムのふたご』講談社、2003 のち文庫  
  • 『絵描きの植田さん』植田真絵 ポプラ社、2003 のち新潮文庫  
  • 『ポーの話』新潮社、2005 のち文庫 
  • 『白の鳥と黒の鳥』(短編集)角川書店、2005 のち文庫  
  • 『雪屋のロッスさん』メディアファクトリー、2006 のち新潮文庫  
  • 『みずうみ』河出書房新社、2007 のち文庫 
  • 『四とそれ以上の国』文藝春秋 2008 のち文庫  
  • 『ある一日』新潮社 2012 のち文庫
  • 『悪声』文藝春秋 『港、モンテビデオ』河出書房新社 2015
  • 『よはひ』集英社 『海と山のピアノ』新潮社 『赤ん坊が指指してる門』子ども未来研究センター 2016

エッセイ編集

  • 『うなぎのダンス』(対談集)アスキー・アスペクト、1998 のち河出文庫  
  • 『グレートピープル。ストレンジ。』日之出出版、2000 
  • 『いしいしんじのキューバ日記』マガジンハウス、2006 
  • 『いしいしんじのごはん日記』新潮文庫、2006 
  • 『三崎日和-いしいしんじのごはん日記2』新潮文庫、2008 
  • 『熊にみえて熊じゃない』マガジンハウス 2010
  • 『アルプスと猫 いしいしんじのごはん日記 3』新潮文庫、2010 
  • 『遠い足の話』新潮社 2010
  • 『いしいしんじの音ぐらし』シンコーミュージック 2015
  • 『毎日が一日だ』毎日新聞社 『且坐喫茶』淡交社 2016

共著編集

翻訳編集

  • いぬなんてだいきらい ジョアン・L.ノドセット 講談社 1994.10

出演編集

ラジオ番組編集

KBS京都ラジオ編集

  • いしいしんじのころがるいしのおと(火曜 21:30 - 22:00、2010年10月9日 - )バッハから恋のぼんちシートまで様々な楽曲を蓄音機「コロちゃん」などで無節操にかける珍奇な番組。テーマ曲:マディ・ウォーターズ "Rollin' Stone"
    • 2010年10月9日~2011年4月2日 土曜 16:00 - 16:30
    • 2011年4月4日~2015年1月26日 月曜 20:00 - 20:30
    • 2015年2月3日~2016年9月20日 火曜 21:30 - 22:00
    • 2016年9月30日~       金曜 24:00 - 24:30
  • ラジオ特別番組「ああ素晴らしき大衆音楽」(2010年5月28日 24:00 - 25:00)大友良英
  • 大友良英のJAMJAMラジオ 新春スペシャル公開生放送(2010年12月31日 24:00 - 27:00)USTREAMでも配信
  • 森谷威夫のお世話になります!!(2011年12月28日)
  • ボクはコロちゃん 蓄音機(2012年5月26日 17:00~18:00)蓄音機のコロちゃんがナビゲートし、小説家のいしいしんじと鈴木大拙元秘書の岡村美穂子が対談

NHKラジオ第2放送編集

インターFM編集

  • ドントパスミーバイ(2010年12月11日 15:00 - 16:00 生放送)出演:根本敬×湯浅学×いしいしんじ

テレビ番組編集

  • 週刊ブックレビュー
  • newsフェイス(2017年5月3日)京都脱出計画で高松に行こうとしてJR京都駅新幹線下りホームにいたところ、一般の旅行客として家族と共に取材を受ける

脚注編集

外部リンク編集