メインメニューを開く

いしだあゆみ

日本のアイドル、歌手、女優

いしだ あゆみ1948年3月26日 - )は、日本のアイドル、歌手、女優。本名は石田 良子(いしだ よしこ)。イザワオフィス所属。

いしだ あゆみ
出生名 石田 良子(いしだ よしこ)
生誕 (1948-03-26) 1948年3月26日(71歳)
出身地 大阪府池田市
学歴 上野学園高等学校卒業
ジャンル 歌謡曲
活動期間 1960年 -
レーベル ビクターレコード
(1964年-1968年)
日本コロムビア
(1968年-1980年)
アルファレコード
(1981年-1984年)
CBS・ソニー
(1985年)
トーラスレコード
(1986年)
事務所 イザワオフィス
公式サイト プロフィール
いしだ あゆみ
出生地 長崎県佐世保市
職業 アイドル歌手女優
ジャンル 歌番組映画テレビドラマ
配偶者 萩原健一1980年 - 1984年
著名な家族 石田治子(実姉)
石田ゆり(実妹)
なかにし礼(義弟)
主な作品
テレビドラマ
阿修羅のごとく
北の国から
金曜日の妻たちへ
青春家族
涙をふいて
芋たこなんきん
映画
駅 STATION
男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
夜叉
火宅の人
時計 Adieu l'Hiver
エクレール・お菓子放浪記
テンプレートを表示

長崎県佐世保市生まれ、大阪府池田市育ち。母親は福岡県大牟田市出身。上野学園高等学校卒業[1]

実姉はフィギュアスケートグルノーブルオリンピック代表の石田治子、実妹は歌手の石田ゆり、石田ゆりの夫にあたる義弟は小説家・作詞家のなかにし礼。 2003年のNHK朝ドラマ『てるてる家族』(原作なかにし礼)の岩田夏子は、彼女がモデルである。

来歴編集

4人姉妹の次女。生後2か月で肺炎にかかり、瀕死のところ佐世保の米軍基地の病院でペニシリンによって助けられた。フィギュアスケート選手を経て芸能界にスカウトされ、1960年梅田コマ劇場で初舞台を踏む。児童劇団ともだち劇場で泉田行夫の指導を受けた。

1962年に上京し、いずみたくに師事。1962年4月20日ソノブックス社よりソノシートで『夢みる恋(原題:Walkin' Back To Happiness)』を本名の「石田良子」名義で発表。1964年『ネェ、聞いてよママ』で「いしだ・あゆみ」[2]名義でレコードデビューを果たし、テレビドラマ七人の孫』にも出演する。1968年6月、イメージチェンジと歌手活動に専念のためレコード会社を日本コロムビアへ移籍。同年12月に発売された『ブルー・ライト・ヨコハマ』が1969年初頭から大ヒットし、150万枚の売り上げを記録[3]NHK紅白歌合戦に1969年から1977年まで9年連続出場、1993年には16年ぶりに復帰し通算10回出場した。

1979年、所属していた渡辺プロダクションから分社化したイザワオフィスザ・ドリフターズなどと共に移籍し、その後は次第に女優業へ主軸を移す。

1977年、『青春の門 自立編』での演技で報知映画賞助演女優賞を受賞。

1982年の『野獣刑事』ではヌードにもなり、細身の身体と裏腹に豊満な乳房を披露し、当時の芸能マスコミはこぞって取り上げた(『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』との両作品で第6回日本アカデミー賞主演女優賞を獲得)。

1986年の『火宅の人』では、報知映画賞、ブルーリボン賞第10回日本アカデミー賞主演女優賞など受賞(→ #受賞)。 同年の映画『時計 Adieu l'Hiver』ではフィギュアスケートのコーチを演じている。

テレビドラマでは『北の国から』や『金曜日の妻たちへ』に出演して当たり役となる。

1989年上半期の『青春家族』のヒロイン清水美砂とともに務め、放送時点41歳で当時としてはヒロイン史上最年長だった。2003年下半期に放送された連続テレビ小説『てるてる家族』で上原多香子が演じた岩田夏子はいしだがモデルで、自らもクラブの歌手で出演した。

渡哲也とのデュエット「わかれ道」では1986年12月11日放送の「ザ・ベストテン」のスポットライトのコーナーに出演した。

長く新曲の発表がなかったが、2008年1月に『ラジオ深夜便』のコーナー「深夜便のうた」の1曲として久々の新曲「オアシス」を作詞・阿木燿子、作曲・宇崎竜童で発表。同番組で同年3月まで流された。「オアシス」はNHKサービスセンターが刊行している『ラジオ深夜便年鑑2008』の付属CDと「深夜便のうた」のオムニバスCDで聞くことができるのみである。

人物編集

千葉真一の熱狂的ファンで、仕事の合間を縫いながら必ずテレビドラマ『キイハンター』を観ており、千葉と会ったときには「大ファンです」と伝えている[4]1979年の映画『闇の狩人』や主演したテレビドラマ『雪の朝に』(1987年5月1日)では恋人役で念願の共演を果たした。

テレビドラマ『祭ばやしが聞こえる』で共演した萩原健一1980年に結婚したが、1984年に離婚した。萩原は後に自叙伝「ショーケン」で、実際に2人は1度も籍を入れておらず、事実婚(内縁状態)であったと告白した。しかし『週刊新潮』2008年4月3日号の記事(『「ショーケン自伝」いしだあゆみと「未入籍」はウソだった』)によると、「未入籍は事実ではなく、萩原健一も実際には入籍していたことを認めた」とのことである。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 規格品番 オリコン

最高位

タイトル 備考

ビクターレコード編集

1964年4月 SV-13 A ネェ、聞いてよママ
B 初恋
1964年6月 SV-31 A サチオ君
B 17才になりたいの
1964年8月 SV-37 A 素敵なパパ 森繁久彌とのデュエット。
B 小さな幸福
1964年8月 SV-57 誰だって一人じゃない 片面は、田辺エイコの「三人三羽」。
1964年8月 SV-75 A 東京の夜は更けて
B 東京の夜は更けて(Inst.)
1964年9月 SV-89 A 先生を好きでした
B あゆみの子守唄
1964年9月 SPV-23 サミーのマーチ 片面は、伊藤アイコの「ハートでキッス」。
1964年11月 SPV-25 ブーベの恋人 片面は、ロイヤルナイツの「夢みるバラの乙女」。
1964年12月 SV-161 みんなでサイクリング 松島アキラとのデュエット。

片面は、ロマンス・サイクリングの「赤い花びら飛んでゆく」。

1965年2月 SV-166 A みどりの乙女
B 渚の想い出
1965年3月 SV-180 A アッちゃん
B 真珠(パール)の指輪
1965年8月 SV-256 A 愛さなければよかった
B 歌え太陽
1965年9月 SV-273 ガムとチョコ 片面は、伊藤アイコの「メリー・ゴーランド」。
1965年11月 SV-308 A わたしのことだけ
B 湖に雨が降るとき
1965年12月 SV-328 A 若い野ばら
B さびしさに涙して
1966年4月 SPV-64 A 夢みる17才
B ソー・ロング・ベイブ
1966年5月 SV-391 A 愛のマーチ
B 忘れたいのよ
1966年7月 SV-424 さいはての湖 片面は、松尾和子の「くちづけ」。
1966年8月 SV-441 A パイナップル・ラブ
B 赤いバラ
1967年4月 SV-534 A 黄色いハンカチ
B 緑のおめめ
1967年5月 SV-552 A 恋のシャドー
B あふれる幸せ
1967年9月 SV-606 A こまらせたいの
B 夜を忘れたい
1968年2月 SV-658 A 小雨の思い出
B 星のタンバリン

コロムビアレコード編集

1968年6月10日 LL-10058-J 18位 A 太陽は泣いている
B 夢でいいから
1968年9月25日 LL-10070-J A ふたりだけの城
B あふれる愛に
1968年12月25日 LL-10081-J 1位 A ブルー・ライト・ヨコハマ
B 明日より永遠に
1969年4月15日 LL-10092-J 10位 A 涙の中を歩いてる
B 恋はそよ風
1969年8月1日 LL-10102-J 7位 A 今日からあなたと
B ある日街角で
1969年11月25日 LL-10116-J 7位 A 喧嘩のあとでくちづけを
B 天使の足音
1970年3月25日 LL-10127-J 2位 A あなたならどうする
B 今夜は帰って
1970年7月15日 LL-10146-J 8位 A 昨日のおんな
B 理想的な午後
1970年10月1日 LL-10151-J 12位 A 何があなたをそうさせた
B 恋人と呼んで
1971年2月10日 LL-10155-J 20位 A 止めないで
B 待っている女
1971年5月10日 LL-10164-J 3位 A 砂漠のような東京で
B 24時間の恋
1971年8月25日 LL-10172-J 10位 A おもいでの長崎
B ひとり歩きもできないくせに
1971年11月 A 夢でいいから 再発盤。
B 太陽は泣いている
1972年1月25日 LL-10186-J 18位 A さすらいの天使
B 白いしあわせ
1972年7月25日 LL-10195-J 45位 A まるで飛べない小鳥のように
B いつもなら私は
1972年11月10日 LL-10204-J 43位 A 生まれかわれるものならば
B 愛よ行かないで
1973年2月25日 LL-10212-J 51位 A 愛愁
B あなたからどうぞ
1973年6月10日 LL-10217-J 52位 A 渚にて
B 破局
1973年9月10日 P-301 42位 A 愛の氷河
B 私のラスト・ショー
1974年1月25日 P-329 42位 A 幸せだったわありがとう
B 何も言いっこなし
1974年4月25日 P-342 54位 A 恋は初恋
B 不思議なの
1974年8月1日 P-362 74位 A 美しい別れ
B ラスト・シーン
1974年12月1日 P-388 A 家路
B 幸せのあとで
1975年4月1日 P-401 A 待ちわびても
B 別れの鏡
1975年11月10日 P-441 83位 A 時には一人で
B 冬の微笑
1976年5月1日 P-457 A とまどい
B どうすればいいの
1977年4月1日 PK-50 A ちょっと淋しい春ですね
B 夢のかけら
1977年11月1日 PK-84 A 港・坂道・異人館
B 誘惑者
1978年7月1日 PK-117 A 今夜は星空
B カシミヤの手ざわり
1978年10月1日 PK-123 A 大阪の女(ひと)
B うわの空
1979年6月10日 PK-157 86位 A マイルド・ナイト
B 漂流記
1980年6月25日 AK-675 A マイルド・ロマン・ロック
B あの人は風の中

アルファレコード編集

1981年11月21日 ALR-745 A 赤いギヤマン
B 波になって

CBSソニー編集

1985年9月21日 07SH-1688 78位 A 羽衣天女
B 囁きのリフレイン

TAURUS編集

1986年11月21日 07TR-1141 A わかれ道 渡哲也とのデュエット。
B 海鳴り

コロムビアレコード編集

1991年7月21日 CODA-8885 1 ブルー・ライト・ヨコハマ 再発盤。
2 あなたならどうする
2015年 HMJA-103 1 私自身 with ティン・パン・アレイ・ファミリー。
2 ひとり旅

オリジナルアルバム編集

  • ブルー・ライト・ヨコハマ(1969年4月25日)
  • 砂漠のような東京で(1971年6月10日)
  • スクリーン・ラヴ・テーマ(1972年3月10日)
  • ファンタジー(1972年12月10日)
  • 美しい別れ(1974年8月25日)
  • アワー・コネクション(1977年4月25日)
  • いしだあゆみ(1981年)

ライブアルバム編集

  • マイ・ファースト・リサイタル(1970年1月10日)- 1969年10月27日のサンケイホール
  • あゆみ オン・ステージ(1973年3月25日)- 1972年12月20日の新宿ムーランドール
  • あゆみ オン・ステージ(1973年7月25日)- 1973年4月26日の帝国劇場
  • リサイタル 1974(1974年7月25日)- 1974年5月

紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1969年(昭和44年)/第20回 ブルー・ライト・ヨコハマ 02/23 千昌夫
1970年(昭和45年)/第21回 2 あなたならどうする 19/24 舟木一夫
1971年(昭和46年)/第22回 3 砂漠のような東京で 16/25 村田英雄
1972年(昭和47年)/第23回 4 生まれかわるものならば 09/23 青い三角定規
1973年(昭和48年)/第24回 5 ブルー・ライト・ヨコハマ(2回目) 02/22 西郷輝彦
1974年(昭和49年)/第25回 6 美しい別れ 21/25 春日八郎
1975年(昭和50年)/第26回 7 渚にて 21/24 春日八郎(2)
1976年(昭和51年)/第27回 8 時には一人で 12/24 橋幸夫
1977年(昭和52年)/第28回 9 港・坂道・異人館 16/24 フランク永井
1993年(平成5年)/第44回 10 ブルー・ライト・ヨコハマ(3回目) 08/26 渡哲也 第1部トリ

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

出演編集

テレビドラマ編集

NHK
日本テレビ系
TBS系
フジテレビ系
テレビ朝日系
テレビ東京系

映画編集

舞台編集

バラエティ編集

CM編集

受賞編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.531
  2. ^ 永六輔『芸人その世界』第九刷、文藝春秋、1972年、279頁。以下引用 “(前略)名づけ親ということになっているのは「いしだあゆみ」(後略)” 引用終了。 ……と、永六輔は自身が芸名の名付け親か否かをぼかしている。いしだあゆみ自身は土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界のゲストコーナー「乙女探検隊が行く〜関東新地図」に出演した際に「お世話になった方の娘さんの名前からいただいた」と、永六輔が名付け親という説を否定している。
  3. ^ AERA』1990年3月27日号。
  4. ^ 「表紙のおしゃべり」『月刊平凡』12月号、マガジンハウス、1969年。

外部リンク編集