いつもさよならを

コール・ポーターの楽曲

いつもさよならを」(Ev'ry Time We Say Goodbye)[1] は、コール・ポーターが作詞・作曲したポピュラーなジャズの楽曲。グレイト・アメリカン・ソングブックの一部とされる楽曲のひとつであり、チャペル& Co.が出版し、1944年ビリー・ローズ英語版のミュージカル・レビュー『Seven Lively Arts』の中で、ナン・ウィン英語版とジェア・マクマホン (Jere McMahon) が初演した[2]

いつもさよならを
ナン・ウィン英語版、ジェア・マクマホンの楽曲
リリース1944年
ジャンルジャズ
作詞者コール・ポーター
作曲者コール・ポーター

歌詞の内容は、歌い手が愛する人と一緒にいるときの幸福感と、いつもふたりが別れるときの辛さを歌っている。それを表現するため、「change from major to minor」という歌詞のところで、音楽的な比喩として「長調から短調への転調」が盛り込まれている。ポーターは、この部分を変イ長調 (A major) のコードで楽曲を始め、それを変イ短調 (A minor) のコードで閉じることで、楽曲の雰囲気を歌詞に合わせている[3]

1945年には、ベニー・グッドマン・クインテットが、ボーカルにペギー・マンを起用して、この曲をヒットさせた[4]

その他のおもな録音編集

ミュージシャン アルバム 出典
レイ・チャールズベティ・カーター英語版 Ray Charles and Betty Carter 1961 [5]
ジョン・コルトレーン マイ・フェイヴァリット・シングス (My Favorite Things) 1961 [5]
エラ・フィッツジェラルド Ella Fitzgerald Sings the Cole Porter Song Book 1956 [5]
ハイ・ローズ Now 1981 [6]
シンプリー・レッド Men and Women 1987 [5]
アニー・レノックス Red Hot + Blue 1990 [5]
ダイアナ・クラール Quiet Nights 2009 [5]
テディ・ウィルソン・ウィズ・マキシン・サリヴァン英語版 1945 [5]

脚注編集

  1. ^ 英語表記では「Everytime We Say Goodbye」とされることもある。
  2. ^ Internet Broadway Database”. Internet Broadway Database. 2020年5月3日閲覧。
  3. ^ Music and Lyrics by Cole Porter. New York: Chappell & Co.. (1972). p. 205. ISBN 0-394-70794-X 
  4. ^ Whitburn, Joel (1986). Joel Whitburn's Pop Memories 1890-1954. Menomonee Falls, Wisconsin: Record Research Inc.. p. 181. ISBN 0-89820-083-0 
  5. ^ a b c d e f g Gioia, Ted (2012). The Jazz Standards: A Guide to the Repertoire. New York City: Oxford University Press. pp. 107–109. ISBN 978-0-19-993739-4 
  6. ^ Lewis, Don. "Easy Listening: A Hi-Lo's High". The Milwaukee Journal. July 19, 1981. Retrieved 2014-03-06.