メインメニューを開く

いなくなれ、群青

いなくなれ、群青』 (いなくなれ、ぐんじょう)は、河野裕による日本小説「階段島」シリーズの第1作である。2014年平成26年)9月、新潮文庫nex新潮社)より刊行された。

いなくなれ、群青
著者 河野裕
イラスト 越島はぐ
発行日 2014年9月1日(文庫本)
発行元 新潮社
ジャンル 青春ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫判
ページ数 318(文庫本)
次作 その白さえ嘘だとしても
公式サイト http://shinchobunko-nex.jp/books/180004.html
コード ISBN 978-4-10-180004-2(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

概要編集

本作は、「捨てられた」人間が行き着く謎の孤島「階段島」を舞台に展開される青春ミステリ小説「階段島」シリーズの第1作にあたり、主人公の男子高校生・七草と幼馴染の真辺由宇との有り得ない再会を契機に繰り広げられる物語の発端を描く。タイトルの『いなくなれ、群青』は、小説内の一節から採られている[1]書評家大森望は、学園ミステリに分類できなくもないが、むしろ「いまどき珍しいほどまっすぐな、胸に迫るラブストーリー」であると述べ、「ありえないほど純粋で一途な恋愛」を描く本作は、若い読者にとって忘れられない存在になるだろうと評している[2]

2015年(平成27年)5月、第8回大学読書人大賞を受賞した[3][4]2016年(平成28年)6月、宮崎翔太中山絵梨奈らの出演で演劇版『いなくなれ、群青』が上演された[5]2018年(平成30年)4月より、スクウェア・エニックスの漫画雑誌『月刊Gファンタジー』にて、『いなくなれ、群青 Fragile Light of Pistol Star』のタイトルで「階段島」シリーズ全体の漫画版(兎月あい作画)の連載が開始された[6][7]

あらすじ編集

書誌編集

本作は、新潮社より新潮文庫のサブレーベル「新潮文庫nex」として刊行された。書籍自体にはシリーズ名や巻数の表記は無い。表紙カバーには、英語タイトル「go away, ultramarine」が表記されている。文庫のための書下ろし作品である[8]

演劇編集

演劇版『いなくなれ、群青』は、劇団た組。の第9回公演として、東京都板橋区高島平にあるLIVESTAGE hodgepodgeにて上演された[10][11]。上演は2016年(平成28年)6月22日から同月26日までの5日間だった[10][11]。脚本・演出は、若手ながら既に数作の演出経験があった加藤拓也が担当した[12]。主役の七草役にはミュージカル忍たま乱太郎』や演劇『博士の愛した数式』で好演した宮崎翔太、ヒロインの真辺由宇役には今回が初舞台となる中山絵梨奈、女子高校生の堀役には森川彩香(元AKB48所属)、小学生の少年・相原大地役には八木ひなたぷちぱすぽ☆所属)らが起用された[12][13]

スタッフ編集

  • 企画・製作:劇団た組。、わをん企画
  • 脚本・演出:加藤拓也
  • 舞台監督:福井健介
  • 音響:臼井倶里
  • 照明:高橋文章
  • 制作:坂入翔威、差異等たかひ子(みけねこ企画)、山口敦子

演奏編集

  • 演奏:浅井麻衣

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 河野裕 『いなくなれ、群青』 新潮社新潮文庫nex〉、2014年、p.301.
  2. ^ 大森望ありえないほど純粋なラブストーリー(大森望) -河野裕『いなくなれ、群青』-新潮文庫nex公式サイト新潮社)、2015年2月12日付、2018年4月17日閲覧.
  3. ^ 「2015大学読書人大賞」が決定!大学読書人大賞公式サイト出版文化産業振興財団)、2015年5月10日付、2018年4月17日閲覧.
  4. ^ 「2015大学読書人大賞」に河野裕氏『いなくなれ、群青』新文化 2015年5月11日付、2018年4月17日閲覧.
  5. ^ -劇団た組。第9回目公演- 『いなくなれ、群青』舞台化新潮文庫nex公式サイト新潮社)、2016年6月9日付、2018年4月17日閲覧.
  6. ^ 『いなくなれ、群青』コミカライズ決定新潮文庫nex公式サイト新潮社)、2018年2月28日付、2018年4月17日閲覧.
  7. ^ 河野裕原作・シナリオ、越島はぐキャラクター原案、兎月あい作画 「いなくなれ、群青 Fragile Light of Pistol Star」 『月刊Gファンタジー』2018年5月号 スクウェア・エニックス、2018年4月18日発売、巻頭カラー.
  8. ^ 河野裕 『いなくなれ、群青』 新潮社新潮文庫nex〉、2014年、p.319.
  9. ^ 作品詳細 -いなくなれ、群青-」 新潮文庫nex公式サイト、2018年4月17日閲覧.
  10. ^ a b 第9回目公演『いなくなれ、群青』(新潮文庫刊)劇団た組。公式サイト、2016年3月6日付、2018年4月17日閲覧.
  11. ^ a b 森川彩香(元AKB48)・八木ひなた(ぷちぱすぽ☆)ら出演、舞台『いなくなれ、群青』のキービジュアル解禁music.jpニュース 2016年4月21日付、2018年4月17日閲覧.
  12. ^ a b ぷちぱすぽ・八木ひなた、元AKB48・森川彩香、中山絵梨奈、宮崎翔太ら出演で『いなくなれ、群青』舞台化music.jpニュース 2016年3月6日付、2018年4月17日閲覧.
  13. ^ 坂入翔威 「森川彩香・八木ひなたらで舞台『いなくなれ、群青』座談会「甘噛みはセーフ」「馬鹿で漢字が読めなくて」music.jpニュース 2016年5月27日付、2018年4月17日閲覧.

外部リンク編集