いれずみ判官 (鶴田浩二)

いれずみ判官』(いれずみはんがん)は、1965年に製作・公開された日本時代劇映画。主演・鶴田浩二、監督・沢島忠。配給・東映。カラー、シネマスコープ、95分[2]

いれずみ判官
監督 沢島忠
脚本 沢島忠
中島貞夫
出演者 鶴田浩二
南田洋子
藤純子
河原崎長一郎
大木実
藤山寛美
音楽 伊部晴美[1]
撮影 古谷伸
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1965年2月25日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

同じ東映の片岡千恵蔵の代表作であった、「遠山の金さん」を主人公とした『いれずみ判官』シリーズのリメイク[2]。シリーズ化を予定していた[3][4]が続編は作られず、鶴田にとって遠山景元を演じた唯一の作品となった。また、これ以降東映では「金さん」ものの劇場用映画は製作されていない。

北町奉行・遠山が江戸幕府の汚職を追求する中で、冤罪事件や不審死事件を解決していく筋。多くの「金さん」ものの通例と異なり、お白洲での裁きのシーンが存在しない。

封切り時の同時上映作品は『忍法忠臣蔵』(監督:長谷川安人 主演:丹波哲郎)。

ストーリー編集

(※冒頭に「体制保持のために幕府では武士の入れ墨は固く禁じられ、禁に背いた者はお家取りつぶしの断罪となった」という旨の字幕が表示される。)

日光東照宮改修工事に用いる資材納入のための入札を争う材木問屋のひとつ・難波屋の材木置場で南町奉行所与力・梶川の転落死体が発見される。現場は北町奉行所の管轄であったため、北町奉行・遠山が検死を担当する。多忙であった遠山は自殺として処理するものの、現場となった難波屋には入札にからむ普請奉行・榊原らへの贈賄疑惑があったため、梶川の死がいつまでも気がかりとなった。

贈収賄疑惑を捜査するため、遠山は、別の材木問屋・近江屋に木場人足(=運搬作業員)の「金さん」として雇われる。ある夜、近江屋が殺害され、そこへ出前にやって来た上方出身のそば屋・幸吉が、駆けつけた南町奉行所与力・兼田に逮捕される。貧しい幸吉は近江屋から金を借りて商売をしていたものの、恨む理由がなかった。冤罪を訴える幸吉だったが、南町奉行・鳥居の迅速な裁きにより、死刑判決が下る。ほかに真犯人がいると見た金さんは、近江屋と喧嘩別れして難波屋に転職した木場人足頭の通称「ぐず安」を尋問するが、ぐず安は「殺してやろうと思って現場に行ったら、すでに死んでいた」と否認する。そこに兼田が割って入り、ぐず安を近江屋殺害犯として連行する。遠山の顔を知っていた兼田はこの際に、金さんが遠山であることを見抜く。

難波屋が資材納入の権利を落札する。榊原と鳥居は賄賂を払った難波屋に落札の便宜を図る見返りに、その商売敵である近江屋を兼田に殺させていた。そして近江屋が夜ごとに幸吉の出前を頼む習慣があることを調べていた兼田は、罪を着せる格好の相手として幸吉を選んだのだった。難波屋の賄賂は南町奉行所の与力たちや、老中・水野忠邦にも及んでいた。兼田から鳥居を経由し、「遠山が町人姿で捜査をしている」との報告を受けた水野は、公儀隠密・坂崎に遠山暗殺を命じる。

幸吉の長屋をたずねた金さんは住人たちから、近くに住む梶川の妻・お藤の生活ぶりが梶川の死を境に華美になっているという話を聞く。お藤には重い障害を持った弟・文之進がおり、他家から入婿となった梶川が家督を継いでいた。お藤は文之進をともに支える夫がいなくなったことによる鬱憤を散財で紛らわせていた。その原資はかつて梶川が難波屋から受け取った賄賂で、謹直な梶川は生前金を受け取ったことを恥じ、使うことをお藤に固く禁じていた。梶川の墓所をたずねた金さんは、お藤と芸者・小春の喧嘩を立ち聞きする。2人は互いにそれぞれが梶川を殺した張本人と思い合っていた。お藤はその場を立ち去って寺院の住職と会い、風呂敷に包まれた巻物を手渡す。それは梶川の遺書で、彼が調査した汚職の内容が詳細に書き込まれていた。お藤は難波屋をたずね、この遺書の存在をちらつかせて大金をゆすろうとする。その様子をひそかに、金さんと夜鷹の おしの が別々に目撃していた。

金さんはお藤の住む梶川邸をたずねるが、金さんを難波屋の刺客と思い込んだお藤は土蔵に誘い込み、閉じ込めてしまう。そこにはどこからか遺書の情報を聞きつけた小春も閉じ込められていた。「金さん」となった遠山が土蔵にいることを坂崎配下の隠密から聞きつけた鳥居は、難波屋や坂崎に命じて梶川邸に火を放たせ、お藤に放火の罪を着せて奉行所に連行させる。金さんと小春はすんでのところで脱出する。焼け跡から逃げ遅れた文之進の焼死体が見つかるが、鳥居たちは遠山が死んだと思い込む。やがて、釈放されたばかりのぐず安が水死体となって発見される。殺人容疑者に通常あるはずの拷問の跡がぐず安の体に一切なかったことや、ぐず安が「奉行所で饗応を受けた」と吹聴していたという証言から、金さんは南町奉行所に不審を抱く。

近江屋の傷から武士が犯人だと見当をつけていた金さんは、南町奉行所の兼田を近江屋殺害現場に呼び出す。金さんの正体を知る兼田は、死んだはずの遠山が生きていることに驚くものの、梶川やぐず安も自身が手をかけたとあっさり明かし、ひそかに潜伏させていた暗殺者集団を呼び出す。一味はそば屋幸吉の妹・お加代を人質にとり、お加代の命と引き換えに捜査から手を引くよう迫る。金さんは駆けつけた旧友の浪人・村上とともに一味を一網打尽にする。一方、厳しい尋問を受けたお藤は墓場に鳥居と坂崎を連れていき、言われるがまま梶川の墓のそばの地面から梶川の遺書を掘り出し、斬殺される。立ち去ろうとした鳥居たちのもとに金さんが立ちはだかり、坂崎を倒すが、鳥居を取り逃がす。そこへ夜鷹のおしのが現れ、遺書を奪おうとする。おしのの正体は変装した小春であり、小春は梶川の姉で、敵討の対象を探すために梶川の遺書を求めていたのだった。金さんも自身が北町奉行であることをほのめかし、事件関係者の処罰を誓って遺書を受け取る。

江戸城。登城した遠山は鳥居と榊原の胸ぐらをつかんで水野の前に連れていき、3人に幸吉の死刑執行を取りやめるよう訴え、幸吉が無罪である証拠として梶川の遺書の存在を明かす。事件解明を恐れる水野は、遠山が入れ墨をしているという鳥居の報告を利用し、「ここで片肌を脱げば一読に応じる。ただし、入れ墨があればお家断絶、お役御免のうえ切腹だ」と脅す。怒りが爆発した遠山は「そんなことで引き下がると思っているのか」と叫んで入れ墨をあらわにし、遺書を見せつけて3人の罪を追及する。幸吉は釈放され、町の人々と再会する。(※「鳥居・榊原・水野は失脚し、遠山は特命により処罰されなかった」という旨の字幕が表示される。)

出演者編集

スタッフ編集

  • 監督:沢島忠
  • 企画:俊藤浩滋、松平乗道
  • 脚本:沢島忠、中島貞夫
  • 撮影:古谷伸
  • 照明:中村清
  • 録音:東城絹児郎
  • 美術:大門恒夫
  • 音楽:伊部晴美[1]
  • 編集:宮本信太郎
  • 助監督:富田義治
  • 記録:墨はつ子
  • 装置:大喜田義三郎
  • 装飾:柴田澄臣
  • 美粧:佐々木義一
  • 結髪:西野艶子
  • 衣裳:三上剛
  • 擬斗:上野隆三
  • 進行主任:渡部礼之介

製作編集

企画編集

リメイク時代劇路線の発案編集

本作は鶴田浩二ありきで考えられた企画ではなく、もとは大川橋蔵「再生」のために、当時の東映京都撮影所の実権を握っていた[3]同撮影所所長・岡田茂[注釈 1]が思いついた時代劇シリーズリメイク企画のうちのサブ的なひとつであった[3]

岡田は1964年1月の東映京都撮影所長復帰早々、映画での時代劇製作打ち切りを宣言して[7][9][10]、東映京都は任侠映画を中心とした製作に切り替えていき[11][12][13][14]、時代劇作品をテレビに移行させることを決めるが[12][15][16]、プログラムの完全転換や、時代劇企画をテレビに売る、といったことをすぐにはできないため、まだまだ時代劇のヒット作を作らなければならなかった[7][注釈 2]

岡田復帰直前の1963年に東映京都は時代劇映画を計54本製作していた[28]。その時代劇路線では、片岡千恵蔵市川右太衛門が体力的に後退し、次の世代の大川橋蔵、東千代之介松方弘樹里見浩太朗といったスターがいずれも、演技面や私生活で伸び悩み[29]、脱落を余儀なくされていた[29]。それだけに興行不振の続く時代劇路線の看板スター・大川橋蔵の再生は岡田にとっても重大な任務であった[29][30]

岡田復帰前から敷かれていた路線内路線の「集団抗争時代劇」は継続させる[31][32][33]一方で、岡田自身も多くの時代劇企画を提案した[7][30][34][35][36]。しかし興行的に成功したのは成人指定の『くノ一忍法』ぐらいで[37]、アイデアも尽きていた。そこで岡田が思いついたのが、かつての東映時代劇の人気シリーズを役者を交代させてリメイクする案だった[3][38]市川右太衛門の代表作『旗本退屈男』シリーズと片岡千恵蔵の代表作『いれずみ判官』シリーズを取り上げ、それぞれ『旗本退屈男』を大川橋蔵に、『いれずみ判官』を鶴田浩二に演じさせ、すでに浸透しているこれらシリーズをリメイクすれば、製作・宣伝コストが安く済むと計算した[3][注釈 3]

リメイク許可編集

担当者が両「御大」にリメイクの許可を取りに行ったところ、市川右太衛門は「退屈男は舞台、テレビでも大いにやっていきたいし映画もまだ諦めたわけではない」と難色を見せた[3]。右太衛門が執着するのは、次男の北大路欣也に退屈男を譲りたいという希望を持っていたからと見られた[3]。結局、右太衛門の許可は取れず、旗本退屈男の本名である「早乙女主水之介」の下の名前だけを拝借し、「夢殿主水之介」という別人物を造形した『主水之介三番勝負』が大川橋蔵主演で製作された[40]

一方、片岡千恵蔵は年齢的にひけ時とみてか「鶴田クンならいいでしょう」と潔く『いれずみ判官』のバトンタッチを了承した[3]。制作決定後、千恵蔵立ち会いのもとで、役引き継ぎの「儀式」が行われた[41]。千恵蔵は鶴田に当時自身が用いた長裃印籠、参考資料などを全部渡し、「2代目をやってくれ」と励ました[41]

監督・脚本編集

片岡千恵蔵の「いれずみ判官シリーズ」第15作『江戸っ子判官とふり袖小僧』を監督している沢島忠が本作に起用された[41]。沢島は岡田に呼ばれて東映東京撮影所で撮った『人生劇場 飛車角』三部作を演出する間、京都撮影所での企画が流れており[41]、場所を変えての岡田との再タッグとなった。

沢島は脚本修行中の中島貞夫にシナリオの手伝いを頼み、共同で脚本を執筆した[42]。沢島の脚本を中島が直す、という形をとった[41]

鶴田と沢島は『人生劇場 飛車角』で組んだ仲だったが、鶴田は当初本作の脚本に乗り気でなく、関係が気まずくなったという[41]

宣伝・興行編集

時代劇王国の夢再びとばかりに、宣伝では「時代劇ルネッサンス」と吹聴された[38]

作品の評価編集

監督・共同脚本の沢島忠は脚本の出来について不満が残っていた旨を回想している。沢島は「中島君に苦労をかけた」「私の作品では『冒険大活劇 黄金の盗賊』の一つ上の最低作[注釈 4]」と述べている[41]ほか、「侍が入れ墨をするのは御法度で、特に旗本が入れ墨をするのは許されないため、なぜ遠山金四郎だけが入れ墨を許されたのかをやりたかった。それでラストの城中で悪の一群に金さんの入れ墨をバラされる賭けに出るという痛快篇を構想したが上手くいかなかった」とも述べている[41]。また、大川博東映社長に「君、あのシャシンはわけがわからんじゃないか」と初めて怒られたという[41]。共同脚本の中島貞夫は、金さんがお白州で入れ墨を出さなかったため、岡田茂に呼び出されて「お前がシナリオを手伝い始めてから沢島の映画がつまらなくなった!」と怒られた、と話している[42]

興行は振るわなかった[41]

深沢哲也は以下のように評している[44]

  • 「鶴田浩二は運動神経が発達しているから、動きがキビキビしており、それだけで画面展開もスピーディになっており、なかなか颯爽としている。だがドラマの組み立て方は旧態依然として古めかしい。これまでの金さん映画のパターンを壊すまいとしてこんなぐあいにドラマを構成したのだろうが、この際、主演者の変更を機に、思い切って今までのパターンを打ち破って作品の体質改造をした方がよかったのではないかと思う。ただ入れ墨の扱い方は興味深かった。白洲で片肌脱ぎになって“御存知遠山桜”と大見得を切る従来の金さんとは、多少異なった印象を与える。沢島正監督(脚本)の良識を感じた」

影響編集

岡田茂は1965年夏頃までは、まだ東映の時代劇が復活できるのではという望みを持っていた[45]。完全に時代劇製作の中止を決断したのは1965年後半のことで[45]、1966年以降は東映で時代劇はほとんど作られなくなった。岡田は1995年のインタビューで「東映京都合理化の荒治療が一応の目途がついたのは1965年暮れだった」と話している[46]

脚注編集

注釈
  1. ^ 京都撮影所長代理・渡邊達人は「1964年後半から東映京都の映画は、全部岡田の企画に切り換えられた」と述べている[7]。当時の京都撮影所の企画会議は岡田の「独演会」で、他の出席者は「結構でございます」で会議が終了したといわれる[8]
  2. ^ 「任侠路線」の2大目玉企画が、1964年夏からの「博徒シリーズ」と「日本侠客伝シリーズ」で[17][18][19]、岡田はそれぞれ鶴田浩二と中村錦之助(のちの萬屋錦之介)を主演に構想したが[20]、錦之介が『日本侠客伝』の主演を拒否し[18][21][22]、代わりに主演に抜擢された高倉健の人気が爆発した[18][21][22]。両シリーズは回を追うごとに人気が拡大し[23][24][25][26]、任侠映画転換の大きな原動力になった[23][25][27]
  3. ^ 時代劇以外にも、岡田は後年、『多羅尾伴内』を小林旭でリメイクしている[39]
  4. ^ 『冒険大活劇 黄金の盗賊』は再評価する向きもある[43]
出典
  1. ^ a b 作中クレジットママ。キネマ旬報映画データベースでは担当を佐藤勝としている。
  2. ^ a b いれずみ判官 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ a b c d e f g h 「お楽しみ案内 映画・舞台 『その'退屈男'罷りならぬ 映画・歌舞伎先輩スターからヒジ鉄を食った大川橋蔵の立ち場』」『週刊サンケイ』1965年2月22日号、産業経済新聞社、 54–55頁。
  4. ^ 「今月の日本映画ご案内 『いれずみ判官』」『月刊明星』1965年4月号、集英社、 235頁。「3月の映画 話題映画ご案内 『いれずみ判官』」『月刊平凡』1965年4月号、平凡出版、 200頁。
  5. ^ キネマ旬報映画データベースでは演者を曽我廼家五郎八としているが誤り。
  6. ^ プレスシートを記録しているキネマ旬報映画データベースでは神木の役柄をお藤の情夫・清次としており、公開までに設定が変更されたものとみられる。
  7. ^ a b c d 私の東映30年 1991, pp. 139–147.
  8. ^ 池上金男笠原和夫・下菊坂菊馬・佐治乾野上竜雄宮川一郎国弘威雄「《座談会》若い世代の発言その1・東映へ直言する」『シナリオ』1966年5月号、日本シナリオ作家協会、 30頁。
  9. ^ 「家」の履歴書 岡田茂(東映株式会社代表取締役会長)」『週刊文春』2002年1月17日号、文藝春秋、 75頁。
  10. ^ 「戦後50年東映・岡田茂会長インタビュー『おもしろおかしく生きて勲二瑞宝』」『AVジャーナル』1995年12月号、文化通信社、 27 - 28頁。
  11. ^ FB編集同人編「小特集 追悼/笠原和夫・深作欣二 『東映のゴールデン・トライアングル』 文・重政隆文」『FB 映画研究誌』2003年 第18号、行路社、 153-154頁。東映ポスター集製作委員会「東映任侠路線興亡史」 『ポスターでつづる東映映画史』青心社、1980年、189頁。ISBN 4-948735-08-6 中原早苗 『女優魂 中原早苗』ワイズ出版、2009年、176頁。ISBN 9784898302354 『私と東映』 x 中島貞夫監督 (第5回 / 全5回)
  12. ^ a b 日本の映画人 2007, p. 122.
  13. ^ 日本映画は生きている 2010, p. 269.
  14. ^ あかんやつら 2013, pp. 205–209.
  15. ^ 東映の軌跡 2016, p. 564.
  16. ^ 金田信一郎「岡田茂・東映相談役インタビュー」 『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』日経BP社、2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9 : 【岡田茂・東映相談役】テレビとXヤクザ、2つの映画で復活した(Internet Archive)岡田茂(映画界の巨人)インタビュー 映画界へ 聞き手・福田和也 (PDF)”. メッセージ.jp. BSフジ (2005年5月15日). 2019年9月2日閲覧。(archive)『私と東映』× 神先頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)織井優佳 (1999年9月25日). “スター(航海新世紀へ朝日新聞創刊120周年)【大阪】”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 15 “【読書】波瀾万丈の映画人生』岡田茂著”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社): p. 読書2頁. (2004年7月19日) “【産経抄】”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社): p. 1. (2011年5月14日) 
  17. ^ あかんやつら 2013, pp. 223–229.
  18. ^ a b c 風雲映画城 1992, pp. 118–125.
  19. ^ 「欲望する映画 カツドウ屋、岡田茂の時代 これが映画だ、カツドウだ! 岡田茂が放った七本のシャシン 『日本侠客伝』 京都撮影所のポスト時代劇路線として 文・野村正昭」『キネマ旬報』2011年7月上旬号、キネマ旬報社、 43-43頁。
  20. ^ あかんやつら & 20131, pp. 223–229.
  21. ^ a b クロニクル東映2 1991, pp. 212–213.
  22. ^ a b 萬屋錦之介 『わが人生(みち) 悔いなくおごりなく』東京新聞出版局、1995年、162-163頁。ISBN 4808305429 
  23. ^ a b テレビ成長期の日本映画 2018, pp. 142–146.
  24. ^ 「映画界不況の中の英雄 人物クローズアップ 『鶴田浩二という男』」『週刊平凡』1965年8月12日号、平凡出版、 58頁。
  25. ^ a b 楊紅雲「任侠映画路線における東映の成功 : テレビに対抗した映画製作 (1963-1972年) を中心に」『多元文化』第4号、名古屋大学国際言語文化研究科国際多元文化専攻、2004年3月、 193-197頁、 doi:10.18999/muls.4.191ISSN 13463462NAID 1200009748642021年12月1日閲覧。
  26. ^ 東映不良性感度路線の父 岡田茂逝去」『映画秘宝』2011年7月号、洋泉社、 52頁。
  27. ^ 私の東映30年 1991, pp. 143–147.
  28. ^ 悔いなきわが映画人生 2001, pp. 399–412.
  29. ^ a b c 「がいど・映画 『裏街道に脱出した大川橋蔵黒の二枚目、スリ、盗賊で再出発』」『週刊サンケイ』、産業経済新聞社、1964年9月7日号、 51頁。
  30. ^ a b 加藤泰、鈴村たけし 『加藤泰映画華 ―抒情と情動―ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫4〉、2013年、402-403頁。ISBN 978-489830-271-2 
  31. ^ 私の東映30年 1991, pp. 139–143.
  32. ^ あかんやつら 2013, pp. 186–204.
  33. ^ 嶋地孝麿「中村錦之助その静かな闘志『鮫』の撮影を京都にたずねる…」『キネマ旬報』1965年9月上旬号、キネマ旬報社、 21頁。
  34. ^ 石井輝男福間健二 『石井輝男映画魂』ワイズ出版、1992年、134-137,315頁。ISBN 4-948735-08-6 「邦画五社の七~八月 お盆映画出揃う各社、得意の企画で荒稼ぎ狙う」『映画時報』1964年5月号、映画時報社、 26頁。「各社、秘策を練るお盆興行娯楽性を強調した独自の企画」『映画時報』1964年6月号、映画時報社、 25頁。「大川指導路線の全貌 東映独立体制の整備成る 東映事業団の成長促進の歩み 東急傘下を離れ独立独歩の姿勢」『映画時報』1964年11月号、映画時報社、 28-34頁。「日本映画製作者名鑑」『キネマ旬報』1966年3月上旬号、キネマ旬報社、 34頁。
  35. ^ 沢島忠全仕事 2001, pp. 259–260.
  36. ^ 戦後映画の産業空間 2016, pp. 306–307.
  37. ^ 「まじめにやるくノ一 味しめた東映'65年の忍法商法」『週刊サンケイ』1965年1月18日号、産業経済新聞社、 55頁。
  38. ^ a b 「東映自慢の"時代劇ルネッサンス"」『週刊現代』1965年2月11日号、講談社、 27頁。
  39. ^ 「記者会見 『多羅尾伴内』」『キネマ旬報』1978年3月上旬号、キネマ旬報社、 182-183頁。“東映が継ぐ大作の製作発表 小林旭主演『多羅尾伴内』”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1978年1月28日) 
  40. ^ 「"来年こそはお二人で…" 4/9 大川橋蔵の船上パースデーパーティ」『週刊明星』1965年4月25日号、集英社、 86-87頁。「東映の多角経営の計画成る大川社長の陣頭指揮・各職域への浸透、更に人造りの気合い充つ」『映画時報』1965年4月号、映画時報社、 32-33頁。
  41. ^ a b c d e f g h i j 沢島忠全仕事 2001, pp. 251–252.
  42. ^ a b 岡田茂追悼上映『あゝ同期の桜』中島貞夫トークショー(第3回 / 全3回)
  43. ^ 山田宏一 『映画的な、あまりに映画的な 日本映画について私が学んだ二、三の事柄』ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫(12)〉、2015年、148-156頁。ISBN 9784898302958 
  44. ^ 深沢哲也「日本映画批評 『いれずみ判官』」『キネマ旬報』1965年4月下旬号、キネマ旬報社、 79頁。
  45. ^ a b 岡田茂(東映京都撮影所長)・今田智憲(東映東京撮影所長)、聞く人・北浦馨「東映路線の今后の課題 『企画は流行性、スターは不良性感度 岡田・今田東西両所長がさぐる要素』」『映画時報』1965年11月号、映画時報社、 29-33頁。
  46. ^ 「戦後50年東映・岡田茂会長インタビュー『おもしろおかしく生きて勲二瑞宝』」『AVジャーナル』1995年12月号、文化通信社、 27 - 28頁。

参考文献編集

外部リンク編集