うお座ベータ星

うお座の恒星

うお座β星英語: Beta Piscium、Beta Psc)は、うお座にある青白い色の恒星である。視等級は4.52で、肉眼でもみることができる[3]ガイア計画で測定された年周視差の最新データに基づいて計算された地球からの距離は約420光年である[3]

うお座β星
Beta Piscium
仮符号・別名 フム・アル・サマカー[1],
Fumalsamakah[2]
星座 うお座
視等級 (V) 4.52[3]
変光星型 疑わしい[4]
分類 Be星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  23h 03m 52.61311s[3]
赤緯 (Dec, δ) +03° 49′ 12.1595″[3]
視線速度 (Rv) 0.0 ± 0.6 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: 12.357 ミリ秒/[3]
赤緯: -9.380 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 7.7065 ± 0.2439ミリ秒[3]
(誤差3.2%)
距離 420 ± 10 光年[注 1]
(130 ± 4 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -1.0[注 2]
Pisces constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
うお座β星の位置(丸印)
物理的性質
半径 3.6 R[5]
質量 5.0 M[6]
表面重力 10 G[6][注 3]
自転速度 100 ± 6 km/s[7]
スペクトル分類 B6 Ve[3][8]
光度 813 L[6]
表面温度 15,500 K[6]
色指数 (B-V) -0.12[8]
色指数 (U-B) -0.49[8]
色指数 (R-I) -0.13[8]
年齢 6.17 ×107[6]
別名称
別名称
うお座4番星[3]
BD+03 4818[3]
FK5 1602[3]
Gaia DR2 2662057224398507264[3]
HD 217891[3]
HIP 113889[3]
HR 8773[3]
NSV 14410[3]
SAO 127934[3]
Template (ノート 解説) ■Project

特徴編集

うお座β星はBe星、つまりスペクトル型がB型で輝線スペクトルがみられる恒星である。うお座β星のスペクトル型はB6 Ve、質量太陽の5倍、半径太陽の3.6倍と推定される[8][6][5]。また、うお座β星は変光星である可能性もある[4]光度太陽の810倍で、有効温度は15,500K[6]と推定される。自転速度は高く、下限速度は100km/sとみられる[7]

Be星の例に漏れず、うお座β星も星周円盤を持つとされる。干渉法による観測で円盤の大きさを推定したところ、半径が中心星の9.3倍(概ね1.5au)程度となった[7]

名称編集

「魚の口」を意味するアラビア語 فم السمكة(fum al-samakah)に由来する、フム・アル・サマカー[1](Fum al Samakah)という固有名がある[9][10]。2018年6月1日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Fumalsamakah をうお座β星の固有名として正式に承認した[2]

中国では、雷を意味する霹靂拼音: Pī Lì)という星官を、うお座γ星うお座θ星うお座ι星うお座ω星と共に形成する。うお座β星自身は、霹靂一拼音: Pī Lì yī)、つまり霹靂の1番星と呼ばれる[11]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、 

出典編集

  1. ^ a b 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、195頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  2. ^ a b IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2018年6月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s bet Psc -- Be Star”. SIMBAD. CDS. 2018年6月30日閲覧。
  4. ^ a b Samus, N. N.; et al. (2009-01), “General Catalogue of Variable Stars”, VizieR On-line Data Catalog: B/gcvs, Bibcode2009yCat....102025S 
  5. ^ a b Jones, C. E. et al. (2008). “A Parameter Study of Classical Be Star Disk Models Constrained by Optical Interferometry”. The Astrophysical Journal 687 (1): 598-607. arXiv:0807.1515. Bibcode2008ApJ...687..598J. doi:10.1086/591726. ISSN 0004-637X. 
  6. ^ a b c d e f g Levenhagen, R. S.; Leister, N. V. (2006). “Spectroscopic analysis of southern B and Be stars”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 371 (1): 252-262. arXiv:astro-ph/0606149. Bibcode2006MNRAS.371..252L. doi:10.1111/j.1365-2966.2006.10655.x. ISSN 00358711. 
  7. ^ a b c Touhami, Y. et al. (2013). “A CHARA Array Survey of Circumstellar Disks around Nearby Be-type Stars”. The Astrophysical Journal 768 (2): 128. arXiv:1302.6135. Bibcode2013ApJ...768..128T. doi:10.1088/0004-637X/768/2/128. ISSN 0004-637X. 
  8. ^ a b c d e Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11), “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”, VizieR On-line Data Catalog: V/50, Bibcode1995yCat.5050....0H 
  9. ^ Kostjuk, N. D. (2004-04), “HD-DM-GC-HR-HIP-Bayer-Flamsteed Cross Index”, VizieR On-line Data Catalog: IV/27A, Bibcode2004yCat.4027....0K 
  10. ^ Richard Hinckley Allen, “Pisces, the Fishes”, Star Names - Their Lore and Meaning, http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Gazetteer/Topics/astronomy/_Texts/secondary/ALLSTA/Pisces*.html 2018年3月1日閲覧。 
  11. ^ (中国語)AEEA 天文教育資訊網 中國古代的星象系統 (69): 璧宿天區”. 國立自然科學博物館 (2006年7月8日). 2018年2月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標:   23h 03m 52.61349s, +03° 49′ 12.1662″