メインメニューを開く

うぐいすだにミュージックホール

うぐいすだにミュージックホール」は、笑福亭鶴光が1975年5月25日に発売した楽曲である。2000年にリミックス・バージョンとして発売された「うぐいすだにミュージックホール2000」についても本項で述べる。

うぐいすだにミュージックホール
笑福亭鶴光シングル
B面 ももえちゃん
リリース
ジャンル コミックソング
レーベル ワーナーパイオニア
作詞・作曲 山本正之
チャート最高順位
オリコンチャート 最高14位
テンプレートを表示

解説編集

作詞、作曲は山本正之であり、山本自身もセルフカバーしている。シングルレコードの発売元はワーナーパイオニア。B面は「ももえちゃん」(作詞作曲:山本正之)である。

東京都台東区鶯谷の「うぐいすだにミュージックホール」という架空のストリップ劇場をテーマにし、ストリップ劇場の呼び込み兼司会の典型的な台詞、劇場内の客や踊り子の描写を歌い上げる。山本が最初に候補として提出した3曲の中に愛知県刈谷市のストリップ劇場を舞台にした「刈谷ミュージックホール」があり、これが採用されたが、刈谷ではマイナーすぎることと実在の劇場を避けるため、実際にはストリップ劇場のなかった鶯谷にある設定に変更された[1]

オリコンチャートでは最高14位ながら、関西の有線放送を中心にヒットし、レコードの売り上げは20万枚を記録している。鶴光は家族・弟子による連日の有線リクエストに加え、全国のストリップ劇場(150軒あったという)に挨拶状を添えてレコードを送る営業をおこなったと記している[2]

しかし、この曲のヒットによって鶴光は師匠である笑福亭松鶴から「ろくに落語もできんくせに流行歌手かい!」「ストリップの歌うたいやがって」と激怒され、これを契機に鶴光は落語にも本腰を入れることになる[3]

1975年7月にワーナーパイオニアから発売されたLPレコード『レコード版 鶴光のかやくごはん』に「うぐいすだにミュージックホール」「ももえちゃん」共に収録されている。

また2013年には、山村圭二がカバーしている。

うぐいすだにミュージックホール2000編集

うぐいすだにミュージックホール2000
笑福亭鶴光シングル
B面 三十路坂〜明日があるじゃない
リリース
ジャンル コミックソング
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲 山本正之
テンプレートを表示

ニッポン放送のラジオ番組『鶴光の噂のゴールデンアワー』の企画により、2000年2月23日には、リミックス・バージョンである「うぐいすだにミュージックホール2000」のシングルCD日本クラウンより発売されている。

カップリング曲は、田中美和子の歌う「三十路坂(みそじざか)〜明日があるじゃない」(作詞:高畠じゅん子、作曲:桜田誠一、編曲:南郷達也)である。

曲目リスト
  1. うぐいすだにミュージックホール2000
  2. 三十路坂〜明日があるじゃない
  3. うぐいすだにミュージックホール2000 (カラオケ)
  4. 三十路坂〜明日があるじゃない (カラオケ)


出典編集

  1. ^ 笑福亭鶴光、2008年、p.111
  2. ^ 笑福亭鶴光、2008年、p.115
  3. ^ 笑福亭鶴光、2008年、p116、208

参考文献編集