メインメニューを開く

うぐいす芸者歌手

鶯芸者歌手(うぐいすげいしゃかしゅ)とは、昭和戦前期から戦後にかけて活躍した流行歌を歌う芸者歌手、または芸者出身の歌手のこと。特に昭和初期が隆盛した時期で鶯芸者ブームがあったが、第二次世界大戦後も新規にレコードデビューしたヒット芸者歌手が複数いる。戦前は歌手の社会的地位が低かったこと、女性の社会進出が戦後ほど盛んでなかったこと、のど自慢大会等もなく一般人が歌手になるルートが乏しかったことなどにより、女性歌手の前歴の中で芸者出身はクラシック声楽家出身と並ぶ地位を占めていた。

また芸者経験はないが芸者風の衣装で歌う女性歌手も戦前期からいて、戦後の昭和30年代お座敷ソングブームでは芸者経験のない歌手が多く歌っている。芸者歌手やその類縁歌手が歌う日本調の流行歌は、歌謡曲の一つの分野を形成した。

うぐいす芸者の歌手名としては、出身花柳界地名をつける場合(赤坂小梅など)、つけない場合(市丸など)、両方が適用されている場合(新橋喜代三または単に喜代三)とがある。

主な活動メディアはレコード、ラジオ映画テレビ(戦後)で、通常の歌謡曲歌手と変わらない。

目次

主な歌手と代表的なヒット曲編集

類縁歌手・類縁曲編集

芸者経験のない芸者風女性歌手・曲編集

芸者風の衣装でない女性歌手および男性歌手が歌う類縁曲編集