メインメニューを開く

うさぎ座α星 (うさぎざアルファせい、α Lep / α Leporis) は、うさぎ座で最も明るい恒星で3等星。

うさぎ座α星[1]A
Alpha Leporis A
仮符号・別名 アルネブ[2], Arneb[3][4]
星座 うさぎ座
視等級 (V) 2.57[1]
2.56 - 2.62(変光)[5]
変光星型 疑わしい[5]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 05h 32m 43.81612s[1]
赤緯 (Dec, δ) -17° 49′ 20.2414″[1]
赤方偏移 0.000084[1]
視線速度 (Rv) 25.10km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 3.56 ミリ秒/年[1]
赤緯: 1.18 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 1.47 ± 0.14ミリ秒[1]
(誤差9.5%)
距離 2200 ± 200 光年[注 1]
(680 ± 60 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -6.6[注 2]
Lepus IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
α星の位置
物理的性質
半径 70.4 R
質量 8 - 10 M
自転速度 13km/s
スペクトル分類 F0Ib [1]
光度 13,000 L[6]
表面温度 7,350 K
色指数 (B-V) +0.21[7]
色指数 (U-B) +0.23[7]
色指数 (R-I) +0.21[7]
別名称
別名称
うさぎ座11番星[1],
BD -17 1166[1], FK5 207[1],
HD 36673[1], 36673A[1]
HIP 25985[1], HR 1865[1],
SAO 150547[1]、NSV 2128[1]
Template (ノート 解説) ■Project

概要編集

うさぎ座α星は光度階級超巨星に分類される[1][6]。11.2等のB星、11.9等のC星と三重星を成しているが、連星ではなく見かけの重星であるとされる[6]

太陽の5倍という高い窒素の含有率は、CNOサイクルによる水素核融合の副産物として窒素が生じるためとされる[6]。誕生したときの質量は太陽の8〜10倍以下と推測されており、将来はネオン酸素からなる白色矮星になると予想されている[6]

名称編集

固有名のアルネブ[2]Arneb[3][4])はアラビア語で「ウサギ」を意味する al-arnab に由来する[3]。2016年7月20日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Arneb をうさぎ座α星Aの固有名として正式に承認した[4]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u SIMBAD Astronomical Database”. Results for alf Lep. 2016年11月4日閲覧。
  2. ^ a b 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、228頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations (2 ed.). Sky Publishing. p. 43. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月4日閲覧。
  5. ^ a b NSV”. Results for NSV 02128. 2016年11月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e Jim Kaler. “Arneb”. STARS. 2016年11月4日閲覧。
  7. ^ a b c 輝星星表第5版