メインメニューを開く

うそつきパラドクス』は、きづきあきら+サトウナンキによる日本漫画。『ヤングアニマル』(白泉社)にて2009年8号から2012年8号まで連載された。『ヤングアニマルあいらんど』の読み切り「時間外手当」の続編に相当する。

うそつきパラドクス
ジャンル 青年漫画恋愛漫画
漫画:うそつきパラドクス
作者 きづきあきら+サトウナンキ
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
レーベル ジェッツコミックス
発表号 2009年8号 - 2012年8号
巻数 全10巻
漫画:バター猫のパラドクス
作者 きづきあきら+サトウナンキ
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
レーベル ジェッツコミックス
発表号 2012年19号 - 2014年5号
巻数 全4巻
漫画:うそつきパラドクス -社内風紀のみだしかた-
作者 きづきあきら+サトウナンキ
出版社 白泉社
掲載誌 ハレム
発表号 vol.01 - 連載中
発表期間 2018年11月29日 - 連載中
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

実写映画化され、2013年9月7日に公開された。

本作の主人公たちの後輩社員を主人公とした続編『バター猫のパラドクス』が、同じく『ヤングアニマル』で引き続いて2012年19号から2014年5号まで連載された。また、本作の主人公たちによる続編『うそつきパラドクス -社内風紀のみだしかた-』が、白泉社の電子雑誌『ハレム』にて2018年から連載されている。

目次

ストーリー編集

八日堂は、同僚の栖佑に片思いする会社員。ある夜、栖佑にパソコンのトラブル解決を頼まれた八日堂は、一緒に残業をしていた。その最中に妙な雰囲気になった2人は、浮気の寸前まで進んでしまう。遠距離恋愛中の彼氏を気にかける栖佑に、八日堂は「最後まではしない」ことを条件として、お互いの寂しさを埋める「代用品」としての交際を始める。関係を続ける内にふとしかきっかけで栖佑の友人である大栄に二人の関係がバレてしまうが、大栄は二人の関係に口を出すことはせず、八日堂に栖佑が彼氏とケンカしている事を告げて応援する。大栄の言葉に混乱していく八日堂は、思わず大栄から聞いた事を栖佑に聞いてしまうが、栖佑は「彼とは上手く言っている、プロポーズされた」と告げる。八日堂の異変を嗅ぎ取った丸悦は八日堂を問い詰め、自暴自棄になって全てを暴露した八日堂に想いを告げつつ後押しをする。栖佑は八日堂に関係を終わらせる事を告げ、八日堂は最後に週末を一緒に過ごして全てを忘れる事を提案する。だが、八日堂の想いはさらに膨れ上がり、最後の日に告白するも栖佑は冷徹に拒絶する。

八日堂の元を去った栖佑は、その足で恋人である大桑の元へ向かった。大桑は栖佑を許すと言い、自分達の関係を回想する。大学時代、大桑の幼馴染である猪狩の紹介で出会った二人はふとしたきっかけから付き合うようになったが、付き合い始めて一年後、なかなか内定を取れないでいた大桑はようやく名古屋の会社の内定を取り、猪狩に栖佑の事を任せるが、猪狩から昔から大桑の事が好きだった事を告げられ同情して浮気してしまう。猪狩との関係は一回きりと思っていた大桑だったが、栖佑に内緒のまま空白期間はありつつも関係を続けていく。三年後、猪狩との関係を清算した大桑は会社の先輩から諭された事で栖佑と結婚する事を決めるが、今度は栖佑が八日堂と関係を持つようになり、すれ違いが始まる。ようやく栖佑にプロポーズする席を持った大桑であったが、栖佑は大桑と猪狩の関係に気付いており、別れ話を切り出した。栖佑が八日堂との最後の週末を過ごしている間、大桑は自分が栖佑に味わわせてきた事を痛感し、栖佑への想いを新たにし、栖佑と会う。

大桑は栖佑の事を諦めず、何度もアタックを続ける一方、八日堂は栖佑に振られた事で意気消沈し、丸悦と付き合い始める。栖佑が大学の友人の結婚式に来ない事で浮気がバレた事を知った猪狩は、栖佑とくっつけるために大桑にアドバイスを行い、かたくなな栖佑に取り入らせていく。丸悦は偶然栖佑が彼氏と別れている事を知り、八日堂もいまだに栖佑を忘れられないでいた事から八日堂の背中を押して別れる。八日堂は栖佑の元へ向かうが、栖佑が大桑のプロポーズを受け入れる場面に遭遇してしまう。それでも諦めない八日堂は栖佑が企画担当する仕事に発生したトラブルを解決した事で栖佑との仲を修復、そのまま駆け落ちと言って温泉へ向かう。しかし、栖佑が逃げる事を望んでいない事に気付いた八日堂は大桑との対決を決意する。

対立する八日堂と大桑であったが、栖佑は二人と別れて全てを終わらせると言い出す。しかし、それに納得しない大桑は八日堂と栖佑を共有し、三人で生活する事を提案する。困惑しながらも三人での生活が始まり、八日堂は二人の今まで知らなかった面を知っていく。この関係のままで良いと思い始める八日堂だったが、大桑が栖佑との結婚話を進めている事を知り、自分と大桑は平等ではない事に気付く。八日堂の前に猪狩が現れ、栖佑と別れるよう説得する。八日堂は拒否するが、栖佑が本当に望む事を考えるようになり、大栄達に話を聞いて一つの結論に達する。栖佑は自分の罪を償うため、共有関係を受け入れていた事に気付いた八日堂は、二人を冬の海に誘い、わざと辛辣な態度を取って身を引いた。帰りの電車内で大桑も八日堂が身を引いた時点で負けた事を悟り、自分ではもう栖佑を笑顔にさせる事は出来ない事を悟って栖佑からの別れ話を受け入れた。

大桑は八日堂の背中を押そうとするが、八日堂は一度も栖佑と話をする事なく二年が経過する。八日堂が新入社員の大和田に誘われてデートをした翌日、栖佑が八日堂の元を訪れ、二人は互いの想いを告白し、付き合い始める。

登場人物編集

全ての登場人物の苗字または愛称は、スーパーマーケット百貨店から取られている[要出典]

八日堂 俊介(ようかどう しゅんすけ)
主人公。栖佑の同僚。彼氏の“代用品”として栖佑と関係を始める。当初はあくまでも代用品として振舞っていたが、元々栖佑に思いを寄せていたことから、徐々にスイッチが入っていく。
苗字の元ネタはイトーヨーカドー[要出典]。続編『バター猫のパラドクス』にも登場し、主人公の一人 兼末に自らの経験からアドバイスを送っている。
栖佑 日菜子(せいゆう ひなこ)
八日堂の同僚。小柄だが胸は大きい。名古屋に彼氏がいるが、遠距離恋愛に不安を感じている。最近欲求不満気味で、罪悪感を持ちながらも八日堂との関係を続ける。本人は自覚がないが、その言動が徐々に八日堂との関係を抜き差しならぬものにしていく。
苗字の元ネタは西友[要出典]。『バター猫のパラドクス』にも登場し、交際は順調な模様。
丸悦 実生(まるえつ みお)
八日堂・栖佑の同僚。クールで仕事が出来る女で、恋愛にはさほど興味がない。栖佑の情報を探るために八日堂が接触したことから、彼に惹かれ始める。
苗字の元ネタはマルエツ[要出典]
大栄 知代(だいえい ともよ)
八日堂・栖佑の同僚。栖佑の携帯を見たことから彼女と八日堂の関係を知る。八日堂には協力的。
苗字の元ネタはダイエー[要出典]
井瀬 愛美(いせ まなみ)
八日堂・栖佑の同僚。愛称は「井瀬タン」。恋人とは長続きがしないという。
愛称の元ネタは伊勢丹[要出典]
松矢(まつや)
八日堂・栖佑の同僚。栖佑を狙っているが、八日堂が密かに妨害しているためうまくいかない。
苗字の元ネタは松屋[要出典]
大桑 和樹(おおくわ かずき)
栖佑の交際相手。名古屋に住んでいるので八日堂には“名古屋”と呼ばれていた。浮気をしているとの噂がある。
苗字の元ネタはオークワ[要出典]
猪狩 舞(いかり まい)
栖佑の高校時代からの友人で大桑の幼馴染。栖佑と大桑を出会わせ、大桑と浮気をした張本人。
苗字の元ネタはいかりスーパーマーケット[要出典]
大和田 若芽(おおわだ わかめ)
八日堂の後輩の新入社員。続編『バター猫のパラドクス』にて主人公に抜擢された。

単行本編集

映画編集

うそつきパラドクス
監督 吉田浩太
脚本 吉田浩太
原作 きづきあきら
サトウナンキ
『うそつきパラドクス』
製作 岡本東郎
出演者 本山なみ
真山明大
音楽 松本彰
主題歌 ピアノゾンビ「ゾンビの光」
撮影 関将史
編集 鳴海誠之
製作会社 バップ
配給 バップ
公開   2013年9月7日
上映時間 約83分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト編集


外部リンク編集