うたのおねえさん

日本のNHKのテレビ番組『おかあさんといっしょ』の女性出演者の役名
おかあさんといっしょ > うたのおねえさん

うたのおねえさんは、日本公共放送であるNHKの子供向け番組『うたのえほん』(1961年4月 - 1976年3月)、『おかあさんといっしょ』(1976年4月 - )の女性の役名。うたのおにいさんと共に番組の司会進行を務める。

転じて、子供向け番組で歌を担当する女性全般をこのように呼ぶことがある。本項では、『おかあさんといっしょ』(派生番組は含む)の「うたのおねえさん」について記述する。

初代から11代目までは、一時期を除いて前代や後代と同時期に出演、同一代に2人のおねえさんが存在といった出演期間の重複があるが、これは『うたのえほん』開始当初から隔週交代で出演する方式が取られていた事に起因している。13代目の奈々瀬ひとみ以降は、うたのおねえさんは1人という体制になっており、14代目のしゅうさえこを除いて共演するうたのおにいさんも1人となり、おにいさん・おねえさんのペア体制が確立している[注 1]

歴代のうたのおねえさん編集

  • 初代うたのおねえさん
  • 3代目うたのおねえさん(1962年10月1日 - 1964年4月4日):竹前文子[1]
  • 4代目うたのおねえさん(1964年4月13日 - 1967年3月25日):水谷玲子[1]
  • 5代目うたのおねえさん(1964年10月12日 - 1967年7月31日):中川順子[1]
  • 6代目うたのおねえさん(1967年4月3日 - 1970年3月11日):片桐和子[1]
  • 7代目うたのおねえさん(1967年8月1日 - 1970年4月4日):瀬端優美子[1]
  • 8代目うたのおねえさん
  • 10代目うたのおねえさん(1972年4月3日 - 1974年3月29日):小鳩くるみ [1]
  • 11代目うたのおねえさん
  • 13代目うたのおねえさん(1979年4月2日 - 1981年4月3日):奈々瀬ひとみ[1]
  • 14代目うたのおねえさん(1981年4月6日 - 1983年4月2日):しゅうさえこ[1]
  • 15代目うたのおねえさん(1983年4月4日 - 1987年4月6日):森みゆき[1]
  • 16代目うたのおねえさん(1987年4月6日 - 1993年4月5日):神崎ゆう子[1]
  • 17代目うたのおねえさん(1993年4月5日 - 1999年4月3日):茂森あゆみ[1]
  • 18代目うたのおねえさん(1999年4月5日 - 2003年4月5日):つのだりょうこ[1]
  • 19代目うたのおねえさん(2003年4月7日 - 2008年3月28日):はいだしょうこ[1]
  • 20代目うたのおねえさん(2008年3月31日 - 2016年4月2日):三谷たくみ[1]
  • 21代目うたのおねえさん(2016年4月4日 - ):小野あつこ

歴代のBSのうたのおねえさん編集

歴代のNHK関連会社制作のイベントのうたのおねえさん編集

他多数。

関連書籍編集

  • NHKテレビ「おかあさんといっしょ」放送40周年記念出版 歌のおねえさんグラフィティ(講談社

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ しゅうの出演期間は、かしわ哲林アキラの2人が5代目うたのおにいさんとして同時出演しており、2019年現在歴代唯一となるうたのおにいさん2人にうたのおねえさんが1人のトリオ形式が取られていた。しゅうから15代目の森みゆきに交代した際、おにいさんはかしわが卒業して林のみ続投し、以降再びペア体制がとられている。
  2. ^ 初代は就任時期が同じだが、当時は隔週で2人のうたのおねえさんが交代で出演していた。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「おかあさんといっしょ」の歴代「うたのお姉さん」を振り返ろう。ママ・パパも知ってる歌がいっぱい!”. すくコム. NHKエデュケーショナル (2016年2月12日). 2016年2月21日閲覧。

外部リンク編集