うまDOKI

うまDOKI』(うまドキ)は、京都放送(KBS京都)が制作、西日本各地のテレビ局で毎週土曜日に放送している中央競馬中継番組。当番組は原則として毎週土曜日の放送だが、年初の京都金杯開催日や祝日で土曜日・日曜日以外に中央競馬の開催が組まれた場合はその日にも放送する場合がある。

うまDOKI
ジャンル スポーツ番組
放送時間 土曜 15:00-16:00(60分)
放送期間 2011年1月5日-
放送国 日本の旗 日本
制作局 京都放送
出演者 木村寿伸
曽田麻衣子ほか
オープニング 「Drive」Carly Rae Jepsen
エンディング 「I Am」Hilary Duff
テンプレートを表示

目次

概要編集

KBS京都は1969年から長年『(土曜or日曜)競馬中継』、『KEIBAワンダーランド』(以下「前番組」とする)を制作し、西日本各地のテレビ局にネットしてきた。

しかし、日本中央競馬会(JRA)がテレビ放送の完全デジタル化を控え競馬中継の在り方そのものを見直し、テレビ東京およびフジテレビジョンが放送する時間以外については原則として日本BS放送(BS11)に移行させる方針を示したことから、従来長時間放送を続けてきたKBS京都においても土曜15時台を残して撤退することとなり、2011年1月に1時間の新番組として始められた。

初代司会には、地元京都府出身で『うまなで〜UMA to NADESHIKO〜』(フジテレビ)で競馬番組の担当経験があるタレント女優安田美沙子を起用、またそのサポート役としてアナウンサーの木村寿伸が充てられた。ただし前番組と同様、ANN系列局については55分前での飛び降りが継続され、それ以外の局では完全放送される。

なお当番組を放送する局のうち、全国独立放送協議会加盟のKBS京都・サンテレビ・奈良テレビ・三重テレビでは2012年9月30日まで『BSイレブン競馬中継』を、『JRA競馬中継』として14時台に放送[1]するため、この番組が放送される時は実質2時間連続[2]で競馬中継が続くことから、14時台「JRA競馬中継」のエンドカードにKBS京都ではエンドカードの後MC陣による15秒程度の事前収録の予告映像が、サンテレビ・奈良テレビではエンドカードに「この後、引き続き『うまDOKI』をお送りします」という字幕を出していた[要出典]

前番組のスタイルをほぼ踏襲し関西主場準メインレース・メインレースを中心としたパドック・本馬場の模様、また当日行われる全競馬場のメインレースのレース実況を送るほか翌日・日曜の重賞競走の展望、競馬初心者にも楽しめるようなガイダンス的な要素も交え幅広い競馬ファンのニーズにこたえる内容である。

前番組との比較編集

変更点編集

  • レース結果については、放送が行われる全競走とも払い戻し表示はKBS自社出しとなった。
    • 前番組のブルーバックの表示を若干アレンジし、鶯色をベースとした表示にした。
    • 前番組では関西主場(メイン中継場)の直近レースについてはターフビジョンで使われているフォーマットをそのまま使用。レースハイライトや他場の払い戻しは上位3頭の結果を含めKBS自社出しで表示していた。
  • 放送時間の大幅縮小・深夜のダイジェスト廃止のため、番組内の「今日のレース結果」(関西主場9Rまで)では、関西主場の生放送前の全レースのゴール前の攻防(主にラスト200mから・障害競走は飛越シーンも放映)の実況録画を使用。
    • 前番組では競馬場の映像バックに字幕テロップのみ。
  • 関西主場準メイン競走の実況席解説の廃止。
    • 前番組では生中継する全レースにおいて解説を行っていた。
  • 重賞競走でゲート前リポートの新設。
  • 関東主場準メイン(10R)の生中継の廃止。(番組内の「今日のレース結果」内でゴール前の攻防と結果のみ放映)
  • 第3場メイン(11R)の生中継の不定期化(原則として特別競走の場合は番組内で直線の攻防と払戻金のみ放映する。重賞レースは前番組同様生中継で放送。[3]
    • これらは前番組では冬季開催ではVTR放映になることはあったが、原則として生中継で放映した。第3場で行われる時間帯には「うまDOKI特集」と題したルポルタージュが放送されることが多いが、関西で土曜に重賞がある場合はその本馬場入場・返し馬を実況する場合がある。なお関西の裏開催が中京・小倉で行われる場合も原則としてテレビ愛知TVQ九州放送では自主制作の差し替えは行わず、いずれもJRA公式映像・実況(担当はラジオNIKKEI)を使用する。(小倉は前番組時代の2005年以後から引き続き、中京は2012年のリニューアル完成以後)
    • ただし、2013年9月以降は関東準メイン・第3場メインも可能な限り生中継で放送するケースも増えてきている。
  • パドック解説は長岡の推奨馬のみの解説となった。
    • 前番組では出走する全馬を解説していた。なお2013年1月5日の放送からパドックにおける全馬の解説を再び行っている。
  • 提供テロップと『主催 JRA』のテロップは従来通り各局別だが、エンディングにおいて『制作著作 KBS京都』と『うまDOKI END』の表示は全局同じものとなった[4]
  • オープニングの統一。
    • これらは前番組では飛び乗り・飛び降り時間がばらばらだったことからすべて各局別であった。
  • 司会者席のセットにモニター画面が設置1さ1れた。
    • 前番組ではセットは背景画のみだった。モニターでは番組ロゴのほか、各競馬場の中継映像が映し出されている。

共通点編集

  • レースの出走表及びオッズの表示形式(単勝・複勝、馬連上位人気10通りとその馬単裏表、3連複・3連単上位人気10通り)においてはバックカラーの変更はあったが、前番組と同じ表示形式である。
  • レース中継のテロップ(レース名と出走馬)は前番組と同じものを使用。

2012年からの変更点編集

番組開始からMCを務めてきた安田がNHK朝の連続ドラマカーネーション』の収録などの影響で番組を降板し、2代目MCとして『うまなで〜UMA to NADESHIKO〜』(フジテレビ)で安田と一緒に出演し、また『ドラマチック競馬』(北海道文化放送)で競馬中継の司会経験がある今井りかが出演することになった。

2013年からの変更点編集

レース発走前にレースタイトルが表示されたあとの出走馬の枠順と騎手名のテロップ表示を2013年からはしなくなり、レース名表示のあとは実況アナウンサーの氏名テロップ表示となった。

2015年からの変更点編集

3代目MCとして俳優の細川茂樹と、フリーアナウンサー山本愛子[5]が担当することになった。KBS京都の競馬中継に男性俳優がMCに起用されるのは、2004年-2005年に「日曜競馬」を担当した高岡建治以来10年ぶりとなる。これに伴い、番組開始からMCを務めてきた木村は実況及び番組サポート役に専念することとなった。またテーマ曲がMAROON5の「Lucky Strike」に、エンディングテーマ曲が同じくMAROON5の「Back At Your Door」に変更された。

2017年からの変更点編集

2015・16年度のMCを務めた細川が諸事情により降板(ただし2016年12月24日放送分で降板の告知はなかった)となり、番組開始当初のアシスタントを務めた木村が4代目MCとして2年ぶりにメインに復帰。それ以外のアナウンサーは実況に専念となった。また競馬ファンの女優・女性タレントを毎回ゲストに迎える体裁となった。2017年4月1日放送分から山本愛子に代わりフリーアナウンサーの曽田麻衣子が女性MCを担当する。また、同時にテーマ曲がCarly Rae Jepsenの「Drive」に、エンディング曲がHilary Duffの「I Am」にそれぞれ変更された。

出演者編集

総合司会・進行編集

2017年4月1日放送分より担当

実況アナウンサー編集

全員前番組から引き続き出演。寺西以外は全員京都放送(KBS京都)アナウンサーで、寺西自身もかつて京都放送で働いていた。レース実況に関しては原則準メインレースとメインレースで、それぞれ別のアナウンサーが実況を担当する。

2015年6月までは原則として木村のみがサポート役だったが、7月中京競馬場開催以後は寺西以外の実況アナウンサーから毎週持ち回りで1名がアシスタントを担当するようになった。アシスタントの担当日でも主に番組中盤に放送される「今日のレース結果」のハイライトに使う資料用の実況のうち、午前中の競走(まれに午後数レースも)の実況も担当する。

解説編集

前番組同様ケイバブックの協賛を得ており、トラックマンが出演する。前番組ではパドック専門の解説者[9]もいたが、今番組ではパドック専門だけの解説はなく、レース実況のトラックマンがパドック解説を兼業して行う。

  • 長岡利幸(パドック・実況席解説)(前番組「KEIBAワンダーランド」土曜パドック解説)
  • 山田理子
  • 牟田雅直(スタジオ解説)(前番組では不定期の出演であった。2012年10月より同じくKBS京都制作の『競馬展望プラス』の準レギュラー解説者も務める。)

ゲスト編集

  • 角田晃一調教師(2011年2月19日放送分)
  • 赤見千尋(元高崎競馬ジョッキー 2011年7月9日放送分)安田の代役として出演
  • 池江泰郎元調教師(2011年9月3日放送分)安田の代役として出演
  • 熊田曜子(タレント・女優 2011年11月5日放送分)
  • 里田まい(タレント・歌手 2011年12月17日放送分)安田の代役として出演
  • 菊地亜美(タレント・アイドリング!!!メンバー 2012年3月3日放送分)中京競馬場からの中継参加
  • 安田美沙子(2012年4月28日、2014年5月24日放送分・初代「うまDOKI」MC)
  • 安藤勝己元騎手(2013年3月30日放送分)
  • 中村静香(2015年12月26日放送分)
  • 祥子(2016年6月25日放送分)
  • 松井咲子(タレント 2016年12月24日、2017年1月5日放送分)
  • 以下は、いずれも、タレント・SKE48メンバー
    • 大場美奈(2017年3月18日、2017年7月8日放送分)
    • 青木詩織(2017年7月1日放送分)
    • 鎌田菜月(2017年7月15日放送分)
    • 松村香織(2017年7月22日放送分)

過去の出演者編集

  • 安田美沙子(総合司会・進行、2011年12月24日放送分まで)[10][11]
  • 今井りか(総合司会・進行、2012年1月5日放送分から2014年12月27日放送分まで)
  • 細川茂樹(総合司会・進行、2015年1月10日放送分から2016年12月24日放送分まで)
  • 山本愛子(総合司会・進行、2015年1月10日放送分から2017年3月25日放送分まで)

放送時間とネットワーク編集

  • 前番組と同様、関東・北海道第3場開催時の中継をテレビ東京系列各局、福島第3場開催時は福島テレビ新潟第3場開催時は新潟放送もしくは新潟総合テレビの中継の提供を受け、それぞれの中継とKBS京都の中継を素材交換する。
  • 以下の場合JRAの公式映像(音源:ラジオNIKKEI)を使用する。
  • 放送開始当初は前番組の土曜日15時台をネットしていた西日本地区の10局で放送されていた。関西地区では全国独立放送協議会加盟の3局(KBS京都・サンテレビ・奈良テレビ)で放送され、関西以外の西日本地区ではTXN系列、TXN系列がない地域ではウインズが所在する県を中心にANN系列・JNN系列の一部で放送されていた。
  • その後、関西地区以外でネット局の変更やネットからの離脱が相次いだ。
    • 東海地区では前番組の末期から土曜日15時台のネットがテレビ愛知のみとなっていた関係で、当番組はテレビ愛知で放送されていたが、2012年3月31日をもってテレビ愛知の放送が終了したため、4月7日からこれを引き継ぐ形で三重テレビで放送している。
    • 2013年に入り、ANN系列の愛媛朝日テレビ長崎文化放送、JNN系列の山陰放送が放送を取りやめた。この両系列からは広島ホームテレビ(ANN系列)のみネットを継続していたが、2015年12月限りで広島ホームテレビにおいても放送が終了した。

前番組の後継扱い、『ウイニング競馬』相当番組扱いであることを考慮し系列ごとに整理した。

系列 地域 放送局 放送時間 備考
全国独立放送協議会 京都府 京都放送 15:00 - 16:00 制作局☆★
奈良県 奈良テレビ放送 競輪中継が放送される場合放送休止となる[13]
兵庫県 サンテレビジョン ☆★
プロ野球中継が実施される場合、基本放送時間の関係からその週は放送休止となる。
三重県 三重テレビ放送 ☆★2012年4月7日放送開始。中京競馬場第3場開催時でもそのまま同時放送。
テレビ東京系列 岡山香川県 テレビせとうち 2011年1月8日放送開始
福岡県 TVQ九州放送 2011年1月8日放送開始
小倉競馬場第3場開催時でもそのまま同時放送。
  • ☆は、『JRA競馬中継』ネット局(2012年9月30日まで)。
  • ★は、『競馬展望プラス』放送局(2012年10月5日から)
  • KBS京都・サンテレビ・奈良テレビでは、通常放送される土曜日以外にも京都金杯当日及び成人の日敬老の日体育の日などの変則日程で土曜日・日曜日以外の月曜日の祝日やその他平日に競馬が開催される際にも原則として中継する。[14]これらの開催日の場合、他のネット局では、ネットワークの縛りがある他のネット局における放送の可否はその時々の状況によるが、大半の場合は行われないケースが多い。

過去のネット局編集

  • テレビ愛知TXN系列、2011年1月8日 - 2012年3月31日) - 前番組では中京競馬場第3場開催時に自社制作を行っていたが、2012年3月に中京競馬場改装工事明けの最初の開催では自社制作を行わなかった。現在当該枠はテレビ大阪同様、過去に放送された単発特番やサスペンスドラマの再放送に充てている。
  • 愛媛朝日テレビANN系列、2011年1月5日 - 2013年3月30日)
  • 山陰放送JNN系列、2011年1月15日 - 2013年6月29日)- 2013年4月以降は不定期放送となっていた。まれに中継できない日に日本海テレビジョン放送への振替放送となるケースもあった。
  • 長崎文化放送(ANN系列、2011年1月15日 - 2013年6月22日)- 山陰放送同様、2013年4月以降は不定期放送となっていた。放送していた頃も『大改造!!劇的ビフォーアフター』の再放送などに差し替える場合もあった。
  • 広島ホームテレビ(ANN系列、2011年1月15日 - 2015年12月19日)[15]

特別番組編集

  • 2011年11月12日・19日に、通常のうまDOKIが15時から1時間放送された後、KBS京都では16:30-17:25に「うまDOKIスペシャル」と題した翌日のGIレース(いずれもジャパン・オータムインターナショナル国際競走)で、京都競馬場の公式行事として、それらのレース展望を中心とした番組が京都競馬場シグネットホールから公開生放送された。
  • 2013年11月22日(金曜日)には、23:30 - 24:00 にKBS京都とサンテレビ、23日深夜(土曜=24日未明)0:05-0:35 に三重テレビにて「うまDOKIスペシャル ジャパンカップ直前! 勝ち馬を探せ!」を、また同12月20日(金曜日)と21日深夜(土曜=22日未明)の同じ時刻には「うまDOKIスペシャル 有馬記念直前!勝ち馬を探せ!」と題した特別番組が放送された。(KBSとSUNが当日生放送、MTVのみ遅れネットによる録画放送)
    • これは通常版のメンバー3人(牟田、今井、木村)に加え、関西(在大阪)スポーツ紙5社(サンケイスポーツ・スポーツニッポン・スポーツ報知・デイリースポーツ・日刊スポーツ)の記者が出演し、当該競走の展望座談会を行うというものであった。
  • 2014年11月28日(金曜日)には、23:30 - 24:00 にKBS京都とサンテレビ、29日深夜(土曜=30日未明)0:20 - 0:50 に三重テレビにて「うまDOKIスペシャル~ジャパンカップ特番ここだけのウマい話」と題した特別番組が放送された。
    • 通常メンバーに加えスポーツ紙5社5人の記者が出演した。この回は競馬ブックチーム(牟田、長岡)の出演はなかった
    • ゲスト:正木茂(サンケイスポーツ)、岡崎淳(スポーツニッポン)、 内尾篤嗣(スポーツ報知)、大西修平(デイリースポーツ)、太田尚樹(日刊スポーツ)
  • 2014年12月26日(金曜日)には、23:30 - 24:00 にKBS京都とサンテレビ、26日深夜(土曜=27日未明)0:20-0:50 に三重テレビにて「うまDOKI有馬記念スペシャル~今年最後?のウマい話」と題した特別番組が放送された。

関連番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東名阪ネット6+群馬テレビとちぎテレビ奈良テレビにもネットされるが、現時点ではネット6参加局を含めネット局は製作に直接かかわっていないため「制作著作」にはクレジットされていない。
  2. ^ 前半・BSイレブン主管制作→後半・KBS京都主管制作。なお、当番組ネット局での「JRA中央競馬中継」終了後の中央競馬中継放送は当番組のみが残ることになる。
  3. ^ 但し重賞レース以外でも2012年3月3日中京競馬場グランドオープン当日と4月7日福島競馬場東日本大震災からの競馬開催再開日、および6月9日の北海道シリーズの函館競馬場開幕日については、メインレースは重賞レースでない特別競走ではあったがいずれも特例として生中継で放送した)
  4. ^ 但し15:52頃に飛び降りする局は除く。
  5. ^ 山本愛子ブログ・「嬉しいおしらせ*\(^o^)/*」(2014年12月27日 2015年1月5日閲覧)
  6. ^ 前身の『KEIBAワンダーランド』では出光ケイとともに土曜日の進行役だったため、生中継内の実況は日曜日のみであった。
  7. ^ 2012年10月より、毎週金曜22:30に放送される競馬展望番組『競馬展望プラス』の司会を務める。
  8. ^ 前番組では2008年頃から実況アナウンサーとして出演し、2010年の小倉開催時に澤武が夏休みをとった際に代役として土曜日のアシスタントを務めたこともある。2014年12月までは番組MCのために基本的には番組外の時間のレース(土曜日午前中(番組内の「今日のレース結果」で使用))において実況を担当していたが、稀に、他の実況アナのスケジュールとの関係から番組内に発走するレース(特に関西主場の準メインレース)の実況も担当することがあった(2011年10月1日の放送分ではその日のメインレースの重賞競走・シリウスステークスの実況を担当した。)
  9. ^ ケイバブックトラックマンのほか、スポーツ新聞記者も出演していた時期があった。
  10. ^ 2011年1月22日の放送は翌日に湘南マラソン出場を控えていたため休んだ。なおマラソンは結局“サブ4”(4時間切り)で完走。また2011年7月9日の放送は東京・パルコ劇場で上演中の舞台「郵便配達夫の恋」に出演中のため、および2011年9月3日の放送は翌日に佐渡島での佐渡国際トライアスロン大会に参加する為休んだ。
  11. ^ 番組開始当初は安田を前面に押し出した形だったが、木村のサポートを度々受ける状況にあったため、マラソン休み明け後は2人が並び立つ形に落ち着いた。
  12. ^ 2012年3月3日の放送ではレースの映像のみJRA公式の映像を使用し、実況はKBS京都アナウンサーが担当した
  13. ^ 「KEIBAワンダーランド」時代は競輪中継が行われる場合、競輪中継の放送時間に関わらず、競馬中継を完全休止していた。現在は競輪中継が放送される場合、この番組の前に放送される「JRA競馬中継」は放送される。なおKBS京都やサンテレビでは競馬中継が優先される。
  14. ^ 『JRA競馬中継』(2012年9月まで)は通常通り14時から1時間放送する(ただし、2012年9月17日の敬老の日はJRA競馬中継の放送はなかった)
  15. ^ 15時55分までの放送。本編では「一部の地域の皆様とはここでお別れです」を合図に15時52分に飛び降り。

外部リンク編集