メインメニューを開く

うるまの島(うるまのしま、うるま)は、沖縄県雅称。宇流麻とも当て字される。

概要編集

用語としての初出は、平安時代の歌人藤原公任千載集に載せられた歌、「おぼつかなうるまの島の人なれやわが言の葉を知らず顔なる(心もとないことだ。うるまの島の人だからだろうか、わたしの贈った和歌に知らぬ顔をしているのは)」とされる。

この場合「うるまの島の人のここに放たれて来てここの人の物言ふを聞きも知らでなんあるといふ頃返事せぬ女に遣はしける(うるまの島の人が日本に漂流してきて、日本人の言葉を聞いてもわからないでいるという評判の頃に、返歌をしない女に送った歌)」と前書されてあり、ここでの「うるま」が朝鮮半島鬱陵島(ウルルン島)であることは、古典文学、和歌研究者の間での定説である。『大日本史』(巻236)によれば、藤原行成の『権記』に寛弘元年(1004年高麗人の因幡漂着が記述され、食料を与え帰国させたと『本朝麗藻』にある。この漂流者は『公任集』にある新羅宇流麻島人で、『東国通鑑』の芋陵島人であるという(本朝麗藻では迂陵島)。日本語の通用しない相手としての「うるま」としては、同じく平安時代の『狭衣物語』にも「こはいかにとよ うるまの島の人とも覚え侍るかな(どうしたものか、言葉の通じないうるまの島の人のようにこちらの心が通じない)」と使われている。

これが後に、辺境の異邦人の島の代名詞となり、異郷の島の呼び名となった。

なお、「うるま」の言葉自体は藤原仲文の歌、「ゆきかよひ定めがたさは旅人の心うるまのわたりなりけり」が初めとされるが、こちらは美濃の宇留間(岐阜県各務原市鵜沼)のことである。

室町時代には、当時の琉球国室町幕府に遣使し、本土との交易を行ったころから、辺境の島としての「うるま」が沖縄を指すようになり、安土桃山時代里村紹巴が『狭衣物語』の注釈書『下紐』に「琉球をうるまの島と云と也」と書いて定着したものと考えられ、江戸時代前期に成立した和歌用語辞典『和歌呉竹集』には「うるまのしま国 又うるまの国ともいふ 琉球国の事也」と明記されている。17世紀末に琉球の識名盛命英語版(唐名は毛起龍)が和文体の紀行文『思出草』に薩摩と日本本土での琉球の別称として記したことから、琉球人の間でも知られるようになったが、一般への定着はならなかった。

もっとも、江戸時代中から「うるま」と琉球国の関係については疑問が呈されており、『古事類苑』に引用される嘉永3年(1850年)の山崎美成『琉球入貢紀略』では、『下紐』の記述からそう言われているが「うるまは新羅(今の朝鮮なり)の属島にして琉球にはあらず」「うるまは迂陵の韓音なりといへり」と断言されている。

20世紀に入り、大正時代以降に本土の文人が沖縄の美称として「うるま」と呼ぶようになったことから、沖縄県民の間にも広がるようになる。昭和10年(1935年)には明仁親王の乗馬として宮古馬が選定され、右流間(うるま)と名付けられた。

戦後は煙草の銘柄としてうるまが販売され、逆に本土でも沖縄の雅称として有名となり、県民の間にも名称が定着して、ついには地方自治体としてうるま市が誕生する次第となった。

近年は「うるま」の語源は沖縄方言で「珊瑚の島」(「ウル(珊瑚)」「マ(島)」)とされるが、民間語源に過ぎない。

ただし戦前の論考で波照間島の名の由来として、柳田国男は『海南小記』で「波照間の島はすなわちハテウルマで、うるまの島々の南の果て、の意味であろうということだ」とし、宮良当壮は『南島叢考』で「「ウル」は海石(珊瑚石)或いはその砕けた砂礫をいい「マ」は島の「マ」と同じく場所を表すのであろうと思われるから、ハテウルマは日本の端の砂礫からなる島と云う意味であろう」としていた。笹森儀助の『南嶋探験』によれば、明治26年(1893年)に西常央長崎県出身、明治中期に八重山役所長や首里役所長)が提唱したのが「ハテウルマ」説の端緒とされる[1]。 柳田らの説は、これが取り入れられたものである。現状の語源説では「ウル」は珊瑚の意味ということが独り歩きしているが、宮良が指摘するように、沖縄方言での「ウル」は珊瑚よりも粗砂を意味する場合が多い。

現在「うるま」は沖縄の歴史と文化の独自性を表す言葉として多用されているが、結果として本土の文化との強いつながりを示すこととなった。

参考文献編集

脚注編集

外部リンク編集