メインメニューを開く

えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン

日本の新潟県妙高市と上越市を結ぶえちごトキめき鉄道の鉄道路線

妙高はねうまライン(みょうこうはねうまライン)は、新潟県妙高市妙高高原駅と、同県上越市直江津駅を結ぶ、えちごトキめき鉄道鉄道路線である。

えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン
スイッチバック式の二本木駅でのET127系
概要
起終点 起点:妙高高原駅
終点:直江津駅
駅数 10駅
運営
開業 1886年8月15日
経営移管 2015年3月14日
所有者 鉄道局鉄道庁→逓信省→鉄道作業局→帝国鉄道庁鉄道院→鉄道省
運輸通信省運輸省
日本国有鉄道(国鉄)→
東日本旅客鉄道(JR東日本)→
えちごトキめき鉄道
運営者 えちごトキめき鉄道
(第1種鉄道事業者)
日本貨物鉄道(JR貨物)
(第2種鉄道事業者)
使用車両 使用車両を参照
路線諸元
路線総延長 37.7 km (23.4 mi)
路線数 単線
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500V 架空電車線方式
運行速度 最高95 km/h (59 mph)
路線図

Linemap of Myoko Haneuma Line with Stations.svg
テンプレートを表示

目次

概要編集

元は東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線の一部で、2015年(平成27年)3月14日北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間延伸開業の際、並行在来線として経営分離された区間のうち、新潟県内の区間にあたる。

路線名は移管前に公募の上、株主アンケートの結果を踏まえ、検討委員会から取締役会に提案されたもので[3]、春に沿線の妙高山の中腹に現れる雪形「跳ね馬(はねうま)」から、馬が前足を高く跳ね上げた躍動的なイメージを表現したものである[4]

また日本貨物鉄道(JR貨物)は、経営移管後も引き続き全線にわたって第二種鉄道事業者となっている。近年は移管前から定期貨物列車の運行はないが[5]、非常時における貨物輸送の迂回経路として維持されており、えちごトキめき鉄道は国から貨物経路確保措置に関する補助金を受給している[6]

路線データ編集

  • 管轄・路線距離(営業キロ):
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:10駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
    • 妙高高原 - 関山間の一部(白田切川橋りょうなど)で、1982年に行われた新線への移設時に複線化の準備が行われているが、工事には至っていない。
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:95km/h
  • 保安装置:
  • 運転指令所:(名称不明 上越市内)[7]
    • 開業から2017年4月6日までは新潟総合指令室(東日本旅客鉄道)から自社職員が実施。

歴史編集

国鉄・JR時代編集

  • 1886年(明治19年)8月15日:新潟県内初の鉄道として官設鉄道直江津駅 - 関山駅間が開業。直江津駅・高田駅・新井駅・関山駅が開業。
  • 1888年(明治21年)
  • 1911年(明治44年)5月1日:二本木駅が開業。
  • 1918年(大正7年)11月1日:脇野田信号所が開設。
  • 1921年(大正10年)8月15日:脇野田信号所を駅に変更し、脇野田駅が開業。
  • 1928年(昭和3年)10月26日:春日山駅が開業。
  • 1944年(昭和19年):田口駅 - 関山駅間の坂口新田トンネルが偏圧により急激な変状をきたし廃止。工事を実施していた並行する明かり区間へ移設[8]
  • 1955年(昭和30年)7月15日:北新井駅が開業。
  • 1961年(昭和36年)12月10日:南高田駅が開業。
  • 1966年(昭和41年)8月24日:長野駅 - 直江津駅間が電化。
  • 1969年(昭和44年)10月1日:田口駅を妙高高原駅に改称。
  • 1978年(昭和53年)5月18日:白田切川土石流災害により、妙高高原駅 - 関山駅間で被災[9]
    • これにより白田切川を暗渠で通していた築堤が崩壊。大船渡線北上川橋梁用として制作されていたトラス橋を新設の白田切川橋梁として架設し復旧。
  • 1982年(昭和57年)9月20日:白田切川河川改修に伴い線路付け替え、白田切川橋梁架け替え。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道に継承。
  • 2002年平成14年)12月1日:春日山駅を直江津寄り400mの位置に移転新築[10]、交換設備廃止。
  • 2014年(平成26年)10月19日:脇野田駅周辺の新線の運用を開始し、同駅を西側120mの地点(新幹線駅西側)へ移設[1][2]

えちごトキめき鉄道移管後編集

  • 2015年(平成27年)3月14日:えちごトキめき鉄道に移管し、路線名を妙高はねうまラインに改称。脇野田駅を上越妙高駅に改称。
  • 2016年(平成28年)4月23日:観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」運転開始。
  • 2017年(平成29年)4月7日:運行指令をJRから分離、日本海ひすいラインと統合[7]
  • 2018年(平成30年)3月17日:ダイヤ改正により信越本線との直通快速列車を縮小、あいの風とやま鉄道線・日本海ひすいラインからの直通列車を新設[11]

運行形態編集

えちごトキめき鉄道では、当路線と日本海ひすいラインの2路線を運営しているが、両路線とも拠点駅の直江津駅を中心にダイヤを編成しており、妙高はねうまラインでは上越妙高駅で北陸新幹線との接続を考慮したダイヤとなっている。1時間に1 - 2本程度の運行であるが、朝と夕方の通勤通学時間帯は新井駅 - 直江津駅間で運行本数が多くなる。

線内普通列車編集

妙高高原駅 - 直江津駅間の全線を運行する普通列車をメインに、新井駅(夜間の1往復のみ二本木駅) - 直江津駅間の区間列車を設定している。

自社のET127系2両編成によるワンマン運転を基本としているが[12]、通勤通学時間帯には増結し、最大6両編成(乗務員2名体制)での運行も実施される。このほか、各線との直通列車の間合い運用でJR東日本の115系や自社のET122形気動車を使用する列車もある。区間内の無人駅は北新井駅南高田駅の2駅で、ワンマン列車における両駅発着時には終日にわたり車内精算が実施される。また早朝・深夜の一部のワンマン列車では、妙高高原駅と直江津駅の2駅以外の各駅で車内精算が実施されることがある[13]

妙高高原駅はしなの鉄道北しなの線との境界駅となっているが、ワンマン運転の運用方法[14]や運用車両の相違などから、相互直通運転は実施されていない。妙高はねうまラインと北しなの線の相互間は、定期列車においてはすべて妙高高原駅で乗り換える必要があるが、一部の時間帯を除き同一ホームで10分以内に乗り換えられるダイヤが編成されている[15][16]

日本海ひすいライン・あいの風とやま鉄道線直通列車編集

2018年(平成30年)3月17日ダイヤ改正より、日中に泊発新井行きで片道1本のみ運転。車両は日本海ひすいライン向けの自社車両ET122形気動車を用いる[11]

信越本線直通列車編集

信越本線方面からの直通列車として、新井駅・上越妙高駅 - 新潟駅間の特急列車「しらゆき」5往復、新井駅 - 新潟駅間の快速列車(115系)上り1本が設定されている[17]。また柏崎柿崎始発妙高高原行きの朝の上り2本の普通列車は、えちごトキめき鉄道の車両を使用して運行している。

なお、新井駅 - 新潟駅間の快速列車については、当初3往復設定されていたが、2018年(平成30年)3月17日ダイヤ改正における輸送体系見直しにより、夜間の上り1本を除き直江津駅で系統分断された[18][11]

ほくほく線直通列車編集

北越急行所属のHK100形を用いたほくほく線からの直通列車が1日1往復(新井駅 - 直江津駅 - 越後湯沢駅間)運行されている。上下列車とも妙高はねうまライン内は普通列車として運行されるが、新井行きの1本は越後湯沢駅 - 直江津駅間を超快速列車「スノーラビット」として運行している[19]

臨時列車編集

2014年春から高田駅発着で運行を開始した週末の臨時快速列車「越乃Shu*Kura」(「ゆざわShu*Kura」・「柳都Shu*Kura」を含む)は、発着駅を上越妙高駅に延長して運行が継続されている。また、2016年4月23日からは自社の観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」が運行されている。詳細は各列車の項目を参照。

使用車両編集

運行中の車両を記述する。

電車編集

気動車編集

  • えちごトキめき鉄道ET122形基本番台
    2018年(平成30年)3月17日ダイヤ改正より、日本海ひすいラインとの直通列車および間合い運用で、直江津駅 - 新井駅間の1往復に運用[11]。なお、それ以前から、イベント車を中心に団体列車などで乗り入れ実績があった。
  • えちごトキめき鉄道ET122形1000番台
    観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」として土休日を中心に運用される。運行の詳細は当該項目を参照。
  • JR東日本キハ40形・48形(上越妙高駅 - 直江津駅間)
    快速「越乃Shu*Kura」(ゆざわShu*Kura、柳都Shu*Kuraを含む)として、基本的に毎週金曜・土曜・日曜日と祝日を中心に1日1往復運行する。

駅一覧編集

  • 駅名欄に◇を付した駅は貨物取扱駅を表す(ただし、定期貨物列車の発着なし)。
  • 停車駅
  • 線路 … ∨:これより下は単線、∧:これより下は複線、◇・◆・|:単線区間(◇は列車交換可能な駅・信号場、◆はスイッチバック駅)
  • 全駅新潟県内に所在
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
妙高高原駅 - 0.0 しなの鉄道北しなの線 妙高市
関山駅 6.4 6.4  
二本木駅 8.3 14.7   上越市
新井駅 6.3 21.0   妙高市
北新井駅 2.9 23.9  
上越妙高駅 3.4 27.3 東日本旅客鉄道  北陸新幹線東京方面)
西日本旅客鉄道  北陸新幹線(金沢方面)
上越市
南高田駅 1.7 29.0  
高田駅 2.0 31.0  
春日山駅 3.9 34.9  
直江津駅 2.8 37.7 えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン
東日本旅客鉄道:信越本線
北越急行ほくほく線[*** 1]
  1. ^ ほくほく線は信越本線の犀潟駅が終点だが、全線運行列車のうち平日15往復、土曜・休日16往復が犀潟駅 - 直江津駅間で直通運転を実施している。

線内10駅のうち、無人駅は北新井駅と南高田駅である。

北新井駅・南高田駅以外は全て直営駅であり、窓口にて乗車券を買うことができる。直江津駅・春日山駅・高田駅・新井駅・妙高高原駅の5駅には、マルス端末が設置されている[21]ほか、JR東日本との共同使用駅である直江津駅にはみどりの窓口が設置されている。なお、関山駅については移管時にマルス端末の運用が終了したほか、上越妙高駅は、JR側にみどりの窓口が存在するため、開業時よりえちごトキめき側にマルス端末等は設置されていない。

新駅設置計画編集

えちごトキめき鉄道と新潟県、沿線3市では、両路線の駅間が長い市街地区間について新駅設置の検討を進めており、妙高はねうまラインでは二本木駅 - 新井駅間、新井駅 - 北新井駅間、高田駅 - 春日山駅間、春日山駅 - 直江津駅間の計4箇所の候補地について整備方法などを検討している[22]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 旧線は当初谷を築堤で跨ぎ、暗渠の下に川を通していたが、1978年(昭和53年)の土石流災害で崩壊し架橋。曲線緩和に伴う新線建設により新線上に本設置。
  2. ^ 北陸新幹線の駅は2015年3月14日開業。

出典編集

  1. ^ a b c 脇野田駅が10月19日から新駅舎に…北陸新幹線上越妙高駅に隣接 - レスポンス、2014年6月30日
  2. ^ a b 旧脇野田駅の撤去作業が進む - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2014年11月21日
  3. ^ “並行在来線の会社名・路線名の候補が決定しました” (PDF). 新潟県並行在来線. オリジナルの2012年6月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140319192514/http://www.echigo-tokimeki.co.jp/PDF/name/name.pdf 2015年2月3日閲覧。 
  4. ^ 会社案内”. えちごトキめき鉄道. 2018年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月23日閲覧。
  5. ^ 『貨物時刻表 平成27年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2015年。
  6. ^ えちごトキめき鉄道 経営基本計画”. えちごトキめき鉄道 (2013年4月). 2015年7月5日閲覧。
  7. ^ a b “トキ鉄、運行管理する指令所が完成 ダイヤの乱れなど素早く収束可能に”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2017年4月8日). http://www.niigata-nippo.co.jp/railway/kennai/news/20170408317340.html 2017年4月8日閲覧。 
  8. ^ 小野田 滋, 竹内 定行, 丸山 孝, 萩原 幸一 (1993). “わが国における鉄道トンネルの沿革と現状 (第4報) 信越本線をめぐって”. 土木史研究 (社団法人土木学会) Vol. 13: pp.255-268. doi:10.2208/journalhs1990.13.255. https://doi.org/10.2208/journalhs1990.13.255 2017年2月15日閲覧。. 
  9. ^ 白田切川土石流災害復旧治山事業の概要 (PDF)”. 林野庁関東森林管理局. 2016年11月8日閲覧。
  10. ^ 「鉄道記録帳2002年12月」『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年3月1日、 24頁。
  11. ^ a b c d 2018年3月ダイヤ改正について (PDF)”. えちごトキめき鉄道 (2017年12月15日). 2017年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月15日閲覧。
  12. ^ えちごトキめき鉄道だより 第4号 平成25年7月。新潟県ホームページ内、2015年1月19日閲覧。
  13. ^ えちごトキめき鉄道 営業案内 (PDF)”. えちごトキめき鉄道 (2015年3月7日). 2015年3月20日閲覧。
  14. ^ 北しなの線は着駅精算方式
  15. ^ 信濃毎日新聞 2014年12月20日 朝刊 6版 2面
  16. ^ 北しなの線 ご利用の皆様へ(北しなの線住民説明会資料) (PDF)”. 長野以北並行在来線対策協議会 (2015年2月). 2015年3月18日閲覧。
  17. ^ “北陸新幹線 長野〜金沢間開業に伴う運行計画の概要について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2014年8月27日), http://www.jreast.co.jp/press/2014/20140814.pdf 2015年1月19日閲覧。 
  18. ^ 2018年3月ダイヤ改正について (PDF)”. 東日本旅客鉄道新潟支社 (2017年12月15日). 2017年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月17日閲覧。
  19. ^ a b “北越急行からえちごトキめき鉄道への乗り入れ” (PDF) (プレスリリース), 北越急行, (2015年2月19日), http://www.hokuhoku.co.jp/press/20150219pr.pdf 2015年2月20日閲覧。 
  20. ^ “2015年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2014年12月19日), https://web.archive.org/web/20150121205534/http://www.jrniigata.co.jp:80/2015.3daiyakaisei1.pdf 2015年3月12日閲覧。 
  21. ^ なお、開業当初から2017年4月までは、春日山駅・高田駅・新井駅・妙高高原駅についてはJR東日本のビジネスえきねっとのシステムが設置されていた。
  22. ^ 新駅整備可能性等調査の概要 (PDF)”. えちごトキめき鉄道 (2014年12月2日). 2015年1月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集