メインメニューを開く

株式会社えふえむ・エヌ・ワンは、石川県野々市市の全域、白山市ならびに金沢市の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。同一の愛称コミュニティ放送(コミュニティFM)を行っているが、北國新聞番組表などではFM-N1と表記される場合がある。

株式会社えふえむ・エヌ・ワン
FM N1. INC.
愛称 えふえむ・エヌ・ワン
コールサイン JOZZ5AA-FM
周波数/送信出力 76.3 MHz/20 W
本社・所在地
〒921-8512
石川県野々市市高橋町24番2号
設立日 1995年11月7日
開局日 1995年12月27日
演奏所 本社と同じ
送信所 野々市市扇が丘7番1号 金沢工業大学内ライブラリーセンター(屋上に送信アンテナ)
放送区域 野々市市全域
金沢市および白山市の一部
ネット配信 SimulRadio
ListenRadio
公式サイト https://www.fmn1.jp/
えふえむ・エヌ・ワン(現社屋)
えふえむ・エヌ・ワン(旧社屋)

目次

概要編集

金沢工業大学が中心となって設立されたコミュニティFM局で、北陸電気通信監理局(現:北陸総合通信局)管内では初のコミュニティFM局である。本社演奏所・送信所ともに、金沢工業大学の関連施設内にある。放送波は垂直偏波で送信されている。

放送形態は、5時開始起点で日曜日深夜を除き24時間放送[1]で、深夜の時間帯(月曜日〜金曜日は24:00以降、土曜・日曜日は23:00以降)は自主制作番組の再放送に割り当てしている。自主制作番組に力を入れており、自主制作率は放送エリアがほぼ重複する金沢市ラジオかなざわを上回る。

長らく北國新聞のラジオ番組表に掲載されていなかったが、2009年4月1日よりFMかほくとともに掲載されるようになった。しかしながら、現在でも金沢ケーブルテレビネットなどのケーブルテレビならびにUSENでの再送信は実施していない。コミュニティFM局でも増加傾向であるラジオショッピングは、開局以来一切放送していない。

特徴として、収録番組の比率が比較的高く、平日の朝7時の枠、ならびに週末や年末年始はほぼすべてが収録番組となる。2019年4月の番組改編で土曜・日曜のほとんどの時間帯が再放送に変更されている。また、長時間のローカルワイド番組の放送は行われていない。演奏楽曲として、いわゆる演歌と呼ばれるものは流さない[2][3]

曲は最初から最後までかけるということが局是である[4][5]

開局当初は一部時間帯でJ-WAVEの再送信を行っていたが、2009年4月1日をもって廃止となった。以後、ほぼ100%自主制作となった[6]。J-WAVEの再送信を行うコミュニティFMが多いが、同局が全国で初めて再送信を始めたのがきっかけとなり、全国に広まっていったものである[6]

J-WAVEの再送信の終了編集

開局当初から、一部の時間帯でJ-WAVEの番組を再送信していた。また、日曜深夜については2005年3月まではJ-WAVEの『J's Journal』や音楽セレクション番組を放送していた(J's Journal終了から2009年9月まではこの時間は放送休止枠だったが2009年10月からは自主制作枠となっている)。しかし、2008年6月にサイマルラジオを開始するにあたり、J-WAVEの番組はサイマル放送できないため、2009年4月1日をもってJ-WAVEの再送信を終了した[6]。これにより石川県内においてJ-WAVE再送信局がなくなった。

現在の主な番組編集

詳細は公式サイトの週間番組表などを参照。◎印は再放送が設定されている番組。

月曜 - 金曜編集

曜日記載のないものはすべて月曜日から金曜日までの放送。

生放送ニュース・情報枠
  • よろしく!スタジオスウィング(10:00 - 10:15)
  • よろしく!スタジオサミット(月曜 - 水曜、金曜 13:00 - 14:00)
  • よろしく!スタジオシラヤマ(木曜 13:00 - 14:00)
  • よろしく!スタジオサンセット(17:00 - 17:30)
    • 2019年4月の番組改編で新設された番組で、番組名は各スタジオの名称から。2019年3月までの番組名は『みずほ証券株式市況&チョットチャット763』で月曜10時台は株式市況のみの放送。この番組を含めたニュース枠では、『読売新聞ニュース』が北陸地方のコミュニティFMで唯一放送される。
その他の番組
  • KIT大家さんは見守り隊(月曜 6:00 - 6:30)◎
  • KITドリバーが行く(火曜 - 金曜 6:00 - 6:30)◎
  • ホームタウン野々市(6:30 - 7:00、11:15 - 11:55、16:00 - 17:00) - 野々市市の広報番組[7]
  • リレキカコログ(7:00 - 8:00)◎
  • 黄金の喉は歌い継ぐ〜FM-N1 ゴールデンスロート(8:00 - 8:30)◎
  • 永瀬喜子のきょうも元気で(月曜 9:00 - 10:00) - 番組内では白山市による広報コーナーがある[8]
  • 谷口悦子の暮らし上手に(火曜 9:00 - 10:00)
  • 今出しづのうらら麗らか(木曜 9:00 - 10:00)
  • 金原ゆかりの優雅な週末(金曜 9:00 - 10:00)
  • N1コミュニティ(火曜 - 金曜 10:15 - 11:15)
  • KIT CAMPUS WAVE(18:00 - 20:00)◎ - 金沢工業大学の学生による自主制作の番組。18時台と19時台の2部構成となっている。
  • N1ファイル(火曜 - 金曜 21:00 - 22:00)◎
  • エバの音楽探訪(火曜 - 木曜 23:00 - 24:00)◎

土曜・日曜編集

  • MMT(土曜・日曜 8:00 - 9:00、日曜 11:00 - 12:00)◎
  • ウィンド・プラス・コレクション(土曜 18:00 - 19:00)◎
  • ブロークン・タイムマシン(日曜 18:00 - 19:00)◎
  • 今夜はバラード気分(日曜 20:00 - 21:00) - 徳永英明の楽曲のみを放送する番組。

過去の主な番組編集

  • わんわんピース
  • PMCサウンド・ガーデン
  • 新篁(しんこう)マイ・ディア・ソング
  • ドリバーとけいすけの二人三脚
  • 小さな喫茶店でアルバム聴けば
  • ホームタウンののいち - 野々市市の広報番組。月曜日から金曜日(祝日を除く)は野々市市役所内の情報交流館カメリアからの公開放送。
  • ほくでん アリス・サウンズ・ハッピー - 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)以降は「ほくでん」の冠を外して放送されていた(北陸電力#提供番組も参照)。
  • 日本の歌そぞろ歩き
  • 丸いレコード三角関係
  • 1212幸せの数字
  • ワーナーマイカル映画通り
  • My Music Time - 金沢工業大学の学生による自主制作番組。
  • N1ミュージックファイル
  • 土曜サウンド倶楽部
  • ふぉん Phone Songs
  • 遥か昭和に耳を澄ませば〜25人の作曲家を聞く〜
  • あなたの傍に歌がある
  • 生活いち番シャトル便
  • iMA音楽アリーナ
  • iMA音楽 Show Around
  • ハイスクールDJ - 石川県立金沢泉丘高等学校石川県立野々市明倫高等学校国際高等専門学校の放送部が週替わりで番組を担当。

放送されていた主なJ-WAVEの番組編集

開局10周年特別番組 あなたが好きです編集

2005年12月27日に開局10周年を迎え、特別番組が放送された。

  • 1部 N1新たな旅立ち-歌謡曲とともに- (9:00 - 10:00)
  • 2部 N1ジャズ・フォーエバー (10:15 - 11:15)
  • 3部 N1より愛をこめて (11:15 - 13:00)
  • 4部 N1あの素晴らしいフォークソングをもういちど II (13:00 - 16:00)

現在の主なパーソナリティ編集

  • 谷口悦子
  • 宇野慶子
  • 永瀬喜子
  • 金原ゆかり
  • 今出しづ
  • 橋本伸行
  • 中島望
  • 嶋健太郎
  • 熊谷香里
  • 金沢工業大学 学生団体WAVEプロジェクト
AIパーソナリティなど

スタジオ編集

えふえむ・エヌ・ワンには、スタジオが6つあり、いずれも頭文字アルファベットの「S」となっている[9]

本社
  • 第1スタジオ:SUMMIT(サミット)
  • 第2スタジオ:SWING(スウィング)
  • 第3スタジオ:SMILE(スマイル)
  • 第4スタジオ:SUNSET(サンセット)
  • 第5スタジオ:SKY(スカイ)
金沢工業大学・国際高等専門学校白山麓キャンパス
  • 第6スタジオ:SHIRAYAMA(シラヤマ)

iMA音楽編集

えふえむ・エヌ・ワンでは、2013年[10]から2019年3月までパワープレイとして「iMA音楽」(イマミュージック)を展開していた。毎月、J-POP洋楽から10曲前後選び、ステーションブレイクなどで随時放送。また、関連番組として平日の『iMA音楽アリーナ』と週末の『iMA音楽 Show Around』でも各楽曲が放送された(番組はいずれも2019年3月で終了)。

受賞経歴編集

  • 2004年 - 同年3月15日から3月19日にかけて放送された『PMC団塊の応援歌〜想い出の音楽とともに〜』が第41回ギャラクシーラジオ選奨に選ばれた[11]
  • 2005年 - 同年1月14日放送の『ストア!オールディーズ』が第42回ギャラクシーラジオ選奨に選ばれた[12]。2回連続ギャラクシー賞受賞したのは、コミュニティFMでは初めて。
  • 2006年 - 10周年企画番組『1949年のボレロ』が放送文化基金賞優秀賞(2位優秀賞、1位本賞は該当作品なし)を受賞した。コミュニティFM局の番組が受賞するのは放送文化基金32年の歴史の中で初めてである。
  • 2006年6月1日 - 北陸電波協力会長賞を受賞。

その他編集

SimulRadioの使用プレーヤーは唯一独自のプレーヤーを用いている(かつては他局同様、Windows Media Playerを用いていた)。2010年4月からはiPhoneにおいてもサイマル放送を実施しており、スマートフォンアプリケーション(iPhone・Android端末)でも聴取可能。また、以前はUstreamでも配信を実施していたが、権利上曲が流せないため、無音のスタジオが映されることが多い。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年4月からは月曜の3時から5時までが放送休止となっている。
  2. ^ FM-N1 えふえむ エヌ ワンのツイート” (2010年4月5日). 2018年3月25日閲覧。
  3. ^ 「ミッチー・ムッチー・ハッチー 足して十七~三橋美智也、村田英雄、春日八郎特集」など例外もある。
  4. ^ 音楽のある街”. えふえむ・エヌ・ワン. 2018年3月25日閲覧。 “曲の途中で切らずにオン・エアすることで、敬意を表したい。”
  5. ^ 「ミッチー・ムッチー・ハッチー 足して十七~三橋美智也、村田英雄、春日八郎特集」や「背骨を電気が走った~グループ・サウンズ特集~」など人工音声で曲を紹介する番組では、番組の最後の曲が途中で終わることがあり、その旨を告知している。
  6. ^ a b c 新時代を体感、2度目の幸せ
  7. ^ 野々市市ラジオおよびテレビ広報番組 - 野々市市市民協働課広報広聴係
  8. ^ 白山市ラジオ広報
  9. ^ PMCで見つけた〈50〉1910フルーツガム・カンパニーの「サイモン・セッズ」”. えふえむ・エヌ・ワン スタッフブログ (2019年3月29日). 2019年4月14日閲覧。
  10. ^ iMA音楽2013年度
  11. ^ ギャラクシー賞データベース PMC団塊の応援歌〜想い出の音楽とともに〜 - 放送批評懇談会
  12. ^ ギャラクシー賞データベース ストア!オールディーズ - 放送批評懇談会

関連項目編集

外部リンク編集