おうし座TX星(おうしざTXせい)は、おうし座脈動変光星。学名はTX Tauri(略称:TX Tau)である。

概要編集

1911年ロシアヴィトリド・ツェラスキーによって変光が発見された[1]。SRA型の半規則型変光星[1][2]、40.1日の周期で10.5等と12.3等の間を変光する[1][2]。おうし座TX星が分類されるSRA型は半規則型変光星の中でも周期性の良い変光をする赤色巨星が分類される型であり[2]、TX星自身もスペクトル型がM5の赤色巨星である[1]。半規則型変光星の中では変光周期が短い星として知られている[2]

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d VSX : Detail for TX Tau - アメリカ変光星観測者協会公式サイト内のページ。
  2. ^ a b c d 渡辺努「OBSERVER'S GUIDE 変光星」、『月刊天文』2002年11月号、地人書館、98頁。

外部リンク編集