おうふうは、東京都千代田区にかつて存在した出版社国語学国文学などに関する著作を刊行している学術出版社であった。旧社名の桜楓社でも知られていた。桜楓社という社名は、日本大学国文学者鈴木知太郎がつけた。

おうふう
正式名称 株式会社おうふう
現況 廃業
種類 株式会社
市場情報 非上場
出版者記号 273 
取次コード 0723
法人番号 9010001013066 ウィキデータを編集
設立日 1956年9月18日
代表者 破産管財人 村上義弘[1]
本社郵便番号 〒101-0051
本社所在地 東京都千代田区神田神保町1-54
英光ビル201
資本金 4900万円
外部リンク www.ohfu.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

創業者は及川篤二(2010年没)。國學院大學出身で、学生時代に南雲堂桜楓社として創業し、のちに桜楓社として独立する。南雲堂が発祥母胎となる出版社。創業期に、中西進著『万葉集比較文学的研究』を刊行し、昭和45年学士院賞を受賞した。資料集的のような書籍を出すことよりも、学者の研究成果を研究書として世に出すことを大きな柱としていた。及川に勧められて単著を書き上げ、それが評価された学者は多い。双文社ひつじ書房翰林書房白帝社などは桜楓社から独立した出版社である。南雲堂から独立した出版社としては英潮社がある。

2020年3月初めに何の予告なく廃業したことが3月5日確認され[2]、さらに同月18日には東京地方裁判所から破産開始決定を受けた。負債総額は4億7000万円に上る[1]

会社情報編集

所在地
東京都千代田区神田神保町1-54 英光ビル201
資本金
4,900万円

沿革編集

  • 1956年 - 創設。
  • 1993年 - 桜楓社からおうふうに改称。
  • 歴代社長は、及川久子、古賀真利子、廃業時は坂倉良一[3]

主な出版物編集

著作集編集

  • 松前健著作集(全12巻・別巻1)
  • 青木生子著作集(全12巻)
  • 吉田精一著作集(全25巻・別巻2)
  • 櫻井満著作集(全10巻・別巻1)
  • 菅野雅雄著作集(全6巻・別冊1)

辞典・事典編集

  • 『日本民俗語大辞典』
  • 『和歌文学辞典』
  • 『古事記事典』
  • 『上代文学研究事典』
  • 『近代作家研究事典』
  • 『都道府県別 祭礼行事』全47巻
  • 『都道府県別 祭礼事典』全47巻

その他編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “(株)おうふう~国文学の専門出版社~”. TSR速報. 株式会社東京商工リサーチ. (2020年3月25日). https://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20200325_02.html 2020年3月25日閲覧。 
  2. ^ おうふう、廃業。” (日本語). 文学通信|多様な情報をつなげ、多くの「問い」を世に生み出す出版社. 2020年3月19日閲覧。
  3. ^ 『文藝年鑑』1986、2002、2016による。

外部リンク編集